プロ観戦者への道

NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.19

2017/02/19 09:00 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • プロ観
  • 自転車
  • サイクルロードレース
  • 栗村修
  • TOJの歴史
  • 1987年

1987年 国際サイクルロードレース

 写真の自転車はおそらく「Peugeot PY-10FC」。

 PEUGEOTは1882年に「Cycles Peugeot」という子会社を作り、自転車製造を手がけています。
 1905年に行われた第3回のツール・ド・フランスを優勝したルイ・トゥルスリエをサポートしていたのもPEUGEOTです。
 このPY-10FCは当時の最新技術としてチューブにカーボンファイバーを導入し劇的な軽量化を達成しています。

■栗村コメント
 懐かしい!プジョーのカーボンバイク!
 現在でこそレース用のフレームはほぼ100%カーボンとなっていますが、この時代のカーボンフレームはかなり最先端をいっていました

 逆に言うと完成度はまだまだであり、接着箇所がスポッと抜けてしまうトラブルなどもチラホラ。また、フレーム強度もあまり高くなく、人によってはフニャフニャという表現でインプレッションしていました。
■「NEXT TOJ 〜TOJ歴史を振るかえる〜」とは……
今年でツアー・オブ・ジャパンは第20回大会を迎えます。
国内でも有数の歴史を誇る、TOJをみなさんに楽しんでいただければと思い、写真と共に振り返ります。

コメント

ナンシー鈴木
No.1 (2017/02/19 15:30)
プジョーの自転車!
懐かしいです!!
その昔ママチャリを卒業して最初に買ったクロスバイクがプジョーでした。スポーティー過ぎないルックスがお気に入りだったんですが、今は亡きメーカーのひとつですね。。
「プロ観戦者への道」編集部 (著者)
No.2 (2017/02/20 13:41)
>>1
かつてとはちがう形ですが今も残っています。
http://cycles.peugeot.fr/
http://www.cycleurope.fr/

日本でもサイクルヨーロッパジャパン株式会社様がPeugeot Cyclesのブランドを扱っているようですね。
https://www.cycleurope.co.jp/peugeot/
ナンシー鈴木
No.3 (2017/02/20 19:50)
まだ生産してたんですね!
わざわざありがとうございます!!
自分の行くショップやサイクルモードで見かけなかったので、もう自転車から撤退してしまったと思い込んでました!
あいかわらず可愛いデザインで嬉しいです♪
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

プロ観戦者への道

プロ観戦者への道

このチャンネルの詳細