プロ観戦者への道

NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.17

2017/02/17 09:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • プロ観
  • 自転車
  • サイクルロードレース
  • 栗村修
  • TOJの歴史
  • 1986年

1986年 国際サイクルロードレース

 男子は最後の1kmで飛び出したフランスのメルカディエ選手が優勝。2位もフランスのショウモンテ選手、3位は日本の大門選手。


1986年 国際サイクルロードレース

 女子は激しいトップ争いを制したフランスのゴロステギー選手が優勝。東京大会は男女ともにフランス勢が優勝を飾っています。

■栗村コメント
 国際サイクルロードレース東京大会男子3位の大門選手は、そう、現NIPPO・ヴィーニファンティーニの大門宏監督です!スリムな身体ながらポイントレースなどを得意としていてそのスピードを生かしつつ表彰台ゲットはさすがですね!
■「NEXT TOJ 〜TOJ歴史を振るかえる〜」とは……
今年でツアー・オブ・ジャパンは第20回大会を迎えます。
国内でも有数の歴史を誇る、TOJをみなさんに楽しんでいただければと思い、写真と共に振り返ります。

コメント

オーちゃん
No.1 (2017/02/17 10:02)
表彰台の隣の方は日本チャンピオンですか?
ナショナルチームジャージでしょうか?
ナンシー鈴木
No.2 (2017/02/19 15:32)
大門監督の現役時代、拝見するの初めてです!
当たり前といえば当たり前ですが、今とはずいぶん印象が違いますね(^_^;)。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

プロ観戦者への道

プロ観戦者への道

このチャンネルの詳細