つぶやき

舞浜歩はミリオンライブ一のバカかもしれない【ミリオンライブ考察】

2015/04/22 16:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターミリオンライブ!
  • 舞浜歩
ミリオンライブ! には「バカ」とされている子が何人かいますね。
「バカ」にもいろんな種類がいます。

「問題児ほどかわいい」がアイドルマスターですから、
「バカ」はネガティブな意味で用いられるばかりとも限りません。
今回の記事では「バカ」を連呼しますので、担当Pの方、気分を害されたら申し訳ありません。

ミリオンライブのバカ筆頭とされるのが春日未来です。
創作の世界では「学校の勉強はできないけど、頭はいい」というキャラは多いですが、
彼女は「勉強もできないし頭もそんなによくない子」、本物のバカです。
(そんなところも可愛いですし、そこから一歩踏み込んで未来について語ることもできるかと思いますが、今回は歩の記事です。未来、無駄にバカよわばりしてゴメン)

さて今回は、
舞浜歩は、そんな春日未来の影に隠れてはいるものの相当のバカであり、
ミリオンライブ屈指のバカかもしれない、というお話です。

そして「バカであることが歩の最大の武器である」という話です。

----------------------------------------------------

歩の代名詞といえばダンスのほかに、
「ヘタレキャラ」と「アメリカ留学経験者」があります。(あとワサビ)

彼女、アメリカ留学中のことについて時折話を濁しますよね。
アメリカ留学は思うようにいかなかったのでしょうか?

しかも彼女の使う英語、「グッジョブ!」「オーマイガー!」
……英語、話せるんでしょうか?
しまいには「本当はアメリカに行ってなかったんじゃないか」と疑われる始末です。

アメリカ留学が成功を収めたかどうかはともかく、
彼女は猛烈なへっぽこキャラで、その上、おそらく英語も話せない。
それなのにアメリカ留学を決行した。
非常にバカです。無謀です。
でもそれって、もの凄く勇気のいる行為だと思いませんか?

冒頭で「バカにもいろんな種類がいる」と言いました。
歩はどんなバカなのでしょう?

歩のバカは「向こう見ず」「思慮が足りない」と言い換えてもいいでしょう。
それを簡潔に表したのがこちらの営業セリフ、
「アタシって、考えるより先に体が動いちゃうタイプだろ?
プロデューサーがいてくれて、本当に助かるよ!」
歩はヘタレキャラでありながら、
自らがこれから行うことについての配慮の足りなさについて自覚せず、
とにかく実行しようとするのです。

舞浜歩は、ヘタレでありながら、チャレンジャーなのです。

自分の能力に見合わない困難な仕事にもチャレンジするからこそ、
土壇場になって、よく見られる歩のヘタレシーンが生まれるのですね。

----------------------------------------------------

歩の「バカ」はプロデューサーとして矯正すべきなのでしょうか?

確かに彼女の浅慮さは弱点であり、多くの失敗をするでしょう。
ただし、その失敗は彼女の経験となり、糧ともなるはずです。
歩はその失敗にめげないだけの努力家でもあります。
「毎日続けるトレーニングこそが、スーパーアイドルへの一番の近道だからな。
努力は自分を裏切らない!!」
初期SR「歩の道も一歩から 舞浜歩」のカードテキストです。

彼女は非常に成長が楽しみな子です。
努力も惜しみませんし、バカゆえに、さまざまなチャレンジをすることができます。
プロデューサーとしてそんな彼女と一緒に一歩ずつ歩んでいきたいですね。


もうひとつ、重要なことがあります。



ヘタレキャラな歩も最高に可愛いな!!!!!!!!!!!

コメント

サクペカ
No.1 (2015/04/22 20:45)
楽しく読ませていただきました。
今回の記事はなんというか、”とっても熱い”ですね!
kani (著者)
No.2 (2015/04/22 21:49)
>>1
ありがとうございます!
ミリオンライブについて長文で語りたいことがだいぶ溜まっていたものでして…。
今回の記事でだいぶ自己満足した感があるのでしばらくはブロマガではなりをひそめるかと思います。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事