鎌首という男は、ホラゲーやるとよく叫ぶから、やかましいんです。

超会議2015お疲れ様枠の補足内容及び、お化け屋敷に行ったときの感想

2015/04/27 01:28 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 超会議2015
  • 鎌首
久々にブロマガです。
どもどもお疲れ様でした、鎌首です。

今年の超会議では両日出演させていただき、本当に光栄なことでした。

1日目:超アナログゲームゾーン出演
2日目:超ホラーゲームお化け屋敷出演

どちらも遊んでくれたり声をかけてくれたり差し入れを頂けたりと、
本当にありがとうございます。
差し入れは後にスタッフがおいしくいただきました(え・・・)。

そして超会議2015が終りまして、生放送にてお疲れ様枠を行いました。
TSにて1週間は見れるものですけど、
まー色々と思う所があったり自分が反省すべきところがあったり(´・ω・`)


特に2日目は集客が本当にすごく、一部エリアが縮小、入場規制などが行われ、
本来そこを目的としていたお客さんも行き場失くして
何のために超会議に来たの?ということもあったことでしょう。
その中でもお化け屋敷は開場して30分後には整理券が配布終了となり、
中に入れない人が圧倒的に多いという結果となった次第でした。

事前告知をたんまりしててこういう結果になったのは自分としても悲しい限りでしたが、
何より2日目トリを今回努めましたが、最後のお客さんを脅かし終えた後、
運営さんより「最後、一周しますか?」というお誘いを受けて、
「あ、はい」と答えて中に入ってどんなギミックがあったのかを見て回ったこと。


このときに「そういや今回お化け屋敷に行きたかった、
けど行けなくなって楽しみ無くなった人たちがいた」ことを考えずに答えたのは、
とても自分でも反省というか、軽率だったと思いました。。。
誰が悪い、悪くないの話ではありません。
せっかく楽しみにしてたのに、という人たちのことを思えば、
提案という形でもいろいろ出来たんじゃないかなーと思います。
例えば私がお化け屋敷今から行くことをツイキャ○で流すとか(おもくそ他社ですけどw)
それならば中に入れなかった人達にも、どれだけ怖いギミック、
ホラーゲームをモチーフとした世界観が出ていたのかがわかってもらえたのかなーと思いました。

今回のことを踏まえて、次回はもっと良いものとして、自分も演者の立場であったならば、
そこにもっと他のいけなかった人たちにも楽しんでもらえるようなことを考えていきたいと思いました。
※そう考えると某夢の国って、どんだけ待ちになっても
それ以上の価値があることを提供してる、サービス精神が本当凄いんだなと思いました。
単なる掃除のおじさんが急にマジックショーを始める等などw



そして、お疲れ様枠ではお化け屋敷のギミックとかどんな感じだったのか言えませんでしたが、
ここにてその時の様子とか、文字にて感想含めてご紹介します。


------------------------------注意----------------------------個々から先はお化け屋敷の中のことを書いてます。
読みたくない方はページの戻るボタンを押してください。
--------------------------------------------------------------







スタート地点


中に入るとそこには『魔女の家』の世界観をモチーフとした暗闇の森林。
ゲームもスタートは森の中からでしたね。
あの恐怖を呼び起こすBGMが流れ、ただただ森の中を進むしかない。

まずスタートした時点で恐怖を煽りました。
魔女の家って本当怖すぎるんだもん(´;ω;`)


洋館入り口

森林の中に入ると黒猫が待つ屋敷。明らかに『魔女の家』です。
猫の声もしっかり聞こえてきました。

猫が足元辺りにいるので、
最初全然気付かず「ニャー」という鳴き声に軽く叫びました。

洋館内①

部屋に入ると床にクマの人形が置いてあり、テーブルにかごと紙。
紙にはこう書かれている。
「クマの人形をかごに入れろ」

クマ人形をかごに入れた途端、目の前に巨大な血塗れクマ人形が登場!

はい、『魔女の家』で誰もが予想しなかった巨大クマ登場の再現です。
もうクマの人形をかごに入れろとある時点で想像してました。
けど実際に体験すると本気で怖くて、大絶叫です。


洋館内②

沢山並ぶ鏡らしき通路。そこには沢山の人形が飾っており、
最後に通ると突如、エレンが飛び出してくる。

※ここはもう怖すぎてただまっすぐ歩いてて、そして最後にドーン!と来て怖くて走りましたw
エレンだったのか、それとも『クロエのレクイエム』のギミックだったか忘れてしまいました・・・(;´Д`)


通り道

ここからは『月光妖怪』の世界。
街灯が並ぶ道筋に木箱とか樽が並ぶ。
歩き続けると突如、樽が壊れる音が鳴り響く!

これ文字だけだと地味に感じますが、かなり怖かったw

ベンチ

生放送にて私やいろんなキャストさん達がお化け役を徹してたベンチですね。
ベンチに座って手紙を読むようにと指示書があり、
その手紙を読んでいると後ろから・・・・!

ちなみに手紙の内容は
「会いたかった ずっと待ってた 今からいくよ」(だったかな?w)

ま、ここは割愛でw
後ほど自分のTS見てどういうことになってたのかを振り返りますww


洋館③

ここからは『クロエのレクイエム』の世界へ。
二つの扉があり、そこにはそれぞれの部屋に入れとその指示書。
部屋に入ると人形があり、「人形の目を取れ」と書かれている。
目をとり、隣の部屋に通じる小窓のかごに目を置く。
すると額縁から恐ろしき形相の人形が飛び出すギミック。

『クロエのレクイエム』も実際実況してたので、これかーと知ってたのですけど、
目を置いた途端にドーン!と出てきたので、もう叫ぶ他なかったし、
出たくても実は出れない仕掛けが施されており、
もう一個の部屋で取った目玉をその部屋にいる人形にはめこまないといけない。
ただただ出たくて必死でしたwww

洋館④

通路の先には青い、いやブルーベリー色の怪物がたっている。
これはどう見たって青鬼。
その先にはクローゼットらしき扉。どう見たって隠れるしかない。
中に入ると覗き穴があるが、そこから青鬼が必死にドアを叩き出す。
その先に行こうとおもってもいけない。
ただただやめてー!としか言えなかったですw
しばらくしたら開きましたww


洋館⑤

鉄格子が見えてくる。もうここはあれですよ。
先ほど見えた青鬼が今度は鉄格子越しにどんどんと襲ってこようとしてくる。
ただただギャー!と叫びながら逃げました。


洋館⑥

再び『魔女の家』に戻り、上半身だけのエレンがこちらをにらみつけており、
逃げようとすれば腕で引きずりながら追いかけてくる。
ここ結構怖かった、というか配役の人のなりきりっぷりが凄くてwww



森林

エレンや青鬼や霊がとりついた人形から逃げ出し、またまた森に出てきました。
が、後ろには白いでっかい顔をしたあいつがいた。
そう、ヨシエ。
そいつが最後はズンズンと迫ってくる中で、必死に逃げて見事にゴール!



一部もしかしたら足りない箇所もあるかもしれませんが、
ホラーゲームをモチーフとしたお化け屋敷はこんな感じでした。
全身からの汗がやばくて、もうこんな思いをするのはきついと感じました(;´Д`)
でも終った後のエレン、人形役の方々はメイクを落とせば
とても綺麗な人たちだったのが心の救いでしたw



でも、驚かす側にいれたことには本当に楽しかったし、
握手に応対する幽霊も楽しんでおりました。
また今年の夏とかにでも是非この企画をやってみたらウケると思うし、
その時はもう少し入場制限とかがかからないような仕組みを導入していくのがいいのかなーと思う次第です。
※仮に整理券を配るとなるならば、事前にアナウンスするとかね。





ともあれ、本当に精一杯の感謝の気持ちと、
次はよりもっと良くなるように頑張っていきます!




コメント

美桜
No.1 (2015/04/27 02:32)
超会議お疲れ様でした~!お化け屋敷面白そうですね!行きたかったです・・・タイムシフト見て楽しみます♪
@ありす
No.2 (2015/04/27 15:22)
お疲れさまでした!鎌首さんにあえてよかったですが、自分もお化け屋敷を目当てで超会議に行ったので残念でした><;
でも、広くなった分ブースが増えて楽しかったのは確かなので来年に期待したいと思います!!鎌首さんのお化け姿もかなり怖かったです!笑!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事