ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

コートサイドの椅子

ラブライブ!と過去の深夜アニメの劇場版あれこれ比較

2015/08/03 20:38 投稿

  • タグ:
  • ラブライブ!
  • The_School_Idol_Movie
  • 劇場版
  • 映画
  • アニメ
現在絶賛公開中の「劇場版ラブライブ! The School Idol Movie」大変好調なようですね。
先日の発表では興行収入20億を越え、挿入歌シングルもそれぞれオリコンチャートで上位に食い込み、第3弾に至ってはラブライブ!自己の初動記録を塗り替えるという素晴らしい結果を残しています。

さてさて、こうなってくると気になるのは「興行収入20億ってどんぐらいスゴいの?」という話です。
イマイチ額が大きすぎてぱっとしません。

ということで、過去の深夜アニメの劇場版と比較してみましょう


1位 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語     20.8億
2位 映画 けいおん!                 19.0億
3位 劇場版 あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない 10.4億

はい、そうです。

もうちょいで興行収入歴代1位です


というか、これをまとめて投稿する頃にはもう超えてる可能性が高いです。
まとめ終わって投稿するかなーなんて思ってたら22億突破との情報が流れました。

歴代1位の座に輝いたようです!おめでとうラブライブ!!


自分もラブライブ!を好きな人に結構な頻度で出会うので人気あるんだなーとは思っていましたが、ここまでとは思ってませんでした。
そりゃライブチケットも取れないわけですよ。

まだしばらくは上映が続く見込みですし(理由後述)まどマギを超えるのも時間の問題かというところです。




しかしながら・・・

こういう話をすると決まって話題に上がるのが
「特典商法でリピーター集めてるだけでしょ?」
「所詮前売り券の特典欲しさに買っただけなんじゃない?」
という意見。

そういった意見が出るのも至極当然のことと思います。
かく言う自分も、特典欲しさに前売り券5枚くらい買いましたし、結局現段階で7回見に行っています。

(初回みた際の感想についてはこちら参照)

私自身、前売り券使わずに終わるかもなーと思っていましたが、そんなことはなく結局使い切る勢いでリピーターになり見る度に泣いては目を腫らしながら帰宅の路つくということを繰り返しています。
ついでに言えば、前売り券では飽きたらず追加で普通に見に行ったりしました。

何回見てもあれはいいものだ!

さて
そんな大変個人的な意見はどうでもよいとして。
ふと気になるこんなこと

ランキング上位の他の映画は特典とかどうだったの?

別に昨今の特典商法を正当化しようとか、他の映画もそうだったんだからいいじゃないか!なんて言うつもりはさらさらありません。
並べた時にどんな違いがあるのか、特徴は見えるかということが気になり調べてみた次第です。
以下、ラブライブ!、まどマギ、けいおん!それぞれの入場特典や前売り券について調べて見た結果になります。
(事実と異なる点がありましたら申し訳ありません。特に金額はあてにならないかも。)



○ 映画 けいおん!(2011/11~)


・前売り券
クリアファイル(5種ランダム)    1500円
5枚組特別鑑賞券           6500円
アイマスク(5種ランダム)      1300円
キーホルダー(5種ランダム)     1300円

店舗限定前売り
トースター              6550円
抱きつき人形             1850円
お面(5種セット)          5000円
パノラマポスター           3000円
ラバーストラップ(5種セット)    1800円
カードゲーム限定カード(5種セット) 1800円
ボイス付きマスコット         2000円
カラビナ


・入場特典
週替り
1~4 ポストカード(4種、週ごと固定)
5 ポストカード

ヒット記念
各記念毎にポストカード(計5回)

リピーター特典(半券3枚と交換)
映画フィルム


・舞台挨拶
関東3回
大阪
京都



○魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(2013/10~)

・前売り券 
クリアファイル付                 1500円
スペシャルポスター付 (1種確定+5種ランダム) 1500円
キービジュアルポスター付             1500円

店舗限定前売り
タペストリー付                  3500円、6500円
ブックカバー付 (5種)             2000円
ラバーストラップ付                2350円
ルームライト付                  7000円

イベント会場限定前売り              3500円、5000円

・入場特典
週替り
1  ミニ色紙(5種、ランダム)
2  原画ポストカード(7種ランダム)
3~ 映画フィルム

その他特典
劇場動員数100万人突破記念 ポストカード
130万人突破記念 イラスト集
クリスマス特典 クリスマスカード
新年記念 ニューイヤーカード
公開劇場拡大記念 ミニクリアファイル

・舞台挨拶
東京(2回)
大阪(3回)
京都
名古屋



○ラブライブ! The School Idol Movie(2015/6~)

・前売り券
クリアファイル(10種)  1500円
クリアポスター(9種)   1800円
限定CD(3種)       2500円

店舗限定前売り
タペストリー        3120円
トートバッグ        3120円
アクリルスタンド      3120円
ポーチ           3000円
アプリシリアル付き     1500円


・入場特典
週替り
1 メッセージカード
2 ミニ色紙、2年組(3種ランダム)
3 ミニ色紙、3年組(3種ランダム)
4 ミニ色紙、1年組(3種ランダム)
5 ポスター
6 映画フィルム
7 イラストカード(3種ランダム) +ミニ色紙(2~4と同じ)(9種ランダム)
8 しおり風小冊子 +ミニ色紙(2~4と同じ)(9種ランダム)
9 イラストカード
(それぞれにアプリ用シリアル9種からランダムで1種)


・舞台挨拶
北海道(2箇所)
栃木
福島
東京(2箇所)
埼玉
神奈川(3箇所)
群馬
新潟
岐阜
三重
愛知
静岡
大阪(2箇所)
京都
香川
愛媛
熊本
鹿児島
(おそらくもう少し増えます)



と、ズラーっと3つの作品について調べて並べてみました。
眺めてみるとなんとなく特徴があるようなないような・・・。

まずけいおん!について
この3作品の中で最初に公開された作品になります。
前売り券の種類の多さ、そしてなにより「前売り特典がランダム」という部分が話題を呼びました。

加えて公開後に発表された

半券3枚で映画のワンシーンのフィルムと交換できる

というなんとも恐ろしいシステムがとりわけ目を引きます
この映画フィルムですが、映画全編の中からランダムでワンシーン(時間にして1秒ない程の間)がチョイスされるため、運が悪ければキャラなし背景のみ、更に悪ければ真っ暗なんてこともあったようです。
キャラがアップで映ったものや重用なシーンのものはヤフオクなどで高値で取引されていたことも話題になりました。

このフィルム特典は最近の他の作品でもしばしば行われており、その度話に上がりますが半券3枚で交換という形だったのはおそらくこのけいおん!のみではないかと。

週替りの特典としては固定されたものがおおく、劇場へ足を運べば手に入るものが決まっていたようなのでそこは後述の他2作品と違い良心的と言えるかもしれません。
結局前売りでランダム要素があるので大差無いといえば無いですが・・・。

特典としては大半がよくある類のキーホルダー等ですが「トースター」って。
調べていて思わず二度見しました。
いろんな特典あるとは思いますが、何故トースターが選ばれたのか。
そしてどれだけ売れたのか・・・。


お次はまどマギについてです。

現状、深夜アニメ劇場版において興行収入トップの作品。
もっと特典などが種類豊富だったのかと思いきや案外数はありませんでした。
入場特典がランダム封入のものが多く、その点ではけいおん!とは反対のスタイルだったようです。
その他、季節性をもったポストカードなどが期間限定で配られたことが確認できました。

こちらの作品でもフィルム特典はありましたが、普通の入場特典として配布されています。
やっぱりリピーター限定の特典というのは色々と問題があったのでしょうか・・・。

他2作品に比べると、かなり落ち着いた特典の印象があります(それでもランダムだったりというのは普通の映画からするとなかなかエグいのかもしれませんが)
それでも素晴らしい結果を残したのはやはり内容が良かったからなのでしょうか。
作品の形式として意味深な描写や不思議な展開が多く、かなり考察が盛んだったという背景も影響していそうです。


最後にラブライブ!について

何よりもまず「圧倒的な物量
単純にメインとなるキャラ数が他の作品に比べて多い(9人)
そのキャラごとに特典用意しただけでそりゃ数は増えますよね。
前売り券の特典が10種て。
もしもこれがランダムだったらと思うと恐ろしいです。
また、前売り特典としてCDが付くというのはこの作品ならではだったのではないかと思います。

入場特典もまたもの凄い量です。
他作品が5週程度で終了しているのに対してこの作品は現在発表されているだけでも9週に渡って入場特典が配布されています。
そして、色紙やポストカードにはランダム性あり。
更にはすべての特典にアプリゲームのシリアルがランダムで封入。
もちろんキャラ数が多いのでそれぞれが当たる確率はその分低くなります。
この仕様のため、劇場ではトレードを狙って特典を掲げて相手を探す人も多く見受けられました。
※あくまで各々勝手にやってることなので、やるとしても周囲、劇場の迷惑にならないように!

これだけの特典を用意するのも大変のようで、各劇場では特典が配布開始当日に品切れするという状態が頻発していました。
一部特典に関しては公式から再配布のお知らせがあったりと幾分救済処置が取られています。
しかし、再配布になるとランダム性が増したりとそれはそれで大変なようにも見えます。
再配布日程が発表されていないものもあるため、今後も特典が増える可能性が・・・。
一体いつまで特典配布は続くのでしょうか。

そしてもう一つ目を引くのが「舞台挨拶の回数」
同時期にキャストが全国を巡るイベントを行っていることもあり、日本各地で舞台挨拶が行われているのも特徴です。
現段階でもイベントは続いており、もう少し舞台挨拶も続きそうな雰囲気です。




と、各作品調べてみましたが。
ぶっちゃけ作品を知らない人から見たらどれも狂気です。
それでもやはり

けいおん!の「リピーター特典」
ラブライブ!の「長期間に渡る入場特典と種類の多さ」

この2つに関しては群を抜いているのではないかと思います。


けいおん!とまどマギに関しては既に公開が終了していますがラブライブ!はまだ上映が続いています。
今後更に特典が追加されるのか、そして興行収入はどこまで伸びるのか。
まだまだ色んな意味で目が離せない状態が続きそうです。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事