kai_fのブロマガ

VoxeroidDefense、制作のあとがき

2018/07/10 19:00 投稿

  • タグ:
  • Voiceroid
  • ゲーム制作
  • Unity

VoxeroidDefense、制作のあとがき



以下、VoxeroidDefense = VD

VoxeroidDefenseの制作、ほぼ終わり。
まだの部分は、アニメーションとエンディング。
エンディング自体はできているがアニメーションが中で使われる予定なので、未実装。
今後、バグ修正等の対応はあるが、ここで一区切り。

次作等優先。


今回の内容
1.コミュニティについて
2.VDの課題
3.今後


1.コミュニティについて
コミュニティに助けられ、感謝。

プレイヤーからのバグ報告が多数。
バグがあるのは褒められたものではないが。

不完全でも細かくリリースする開発スタイルをとりたい。
個人制作で取りやすい戦略。
確定した仕様がなくても進められる。
細かくデバッグしても、後々捨てる可能性があるため、雑につくる段階。
面白さの確認とデバッグを同時にできるため、かなり効率がいい。

もう一点。
多作でありたい。
同じ時間を費やした時、プロジェクト数が多い方が学習量が多いと思うから。
反対に、1つのプロジェクトをずっと続けていると、学習量は減っていく。
まだ始めて半年なので、とにかく数をこなすべき。
特に力を入れたい技術系統が見つかったら、その点は、突き詰めてもいいかもしれない。
ただ、おそらく、オールラウンダーを目指すことになる。
ということで、デバッグがおろそかになりがち。
そのため、プレイヤーの報告に助けられる。

コミュニティ形成には、動画が役に立っている。
ボイロの良さ。
動画制作がゲーム制作の進捗を阻害してはいけないと思うので、動画を1本3時間で作る。
3時間で作れればメリットの方が大きく、むしろ進捗を促進する。
また、チーム制作なので、がんばってくれる相方(@yas0008)にとって、ゲームが露出する場があることは大事に思う。
おそらく、ゲームと動画の細かいリリースがなければ、モチベーションがもたない。
ボイロ動画駆動開発というと大げさだけど、間違いではない。
ボイロが、製作者、ゲーム、プレイヤーの3者の橋渡しをしてくれている。

2.VDの課題
まず、VDは、自分の力からするとよくできたゲームなのだが、理想ではない。
特に、ウェーブの結果に再現性がないところは、TDとしては残念。
しかし、ある程度、自分の好みでつくれたので良しとする。
では、自分が好むゲームはどんなものか?
また、その時プレイヤーに何がもたらされているか?
という疑問。

好みのゲームは、自由度の高いゲーム。
プレイヤーに考える余地があるゲーム。
対照的に、いわゆる脳死でプレイでき、時間経過でだれでも強くなっていくゲームは好みではない。
(あくまで一個人の好み。)

そして、ゲーム中の自分の考えを表現することができるゲームが良い。
表現方法はいろいろある。

まず、対戦ゲーム。
お互いに戦略をぶつけ合うことで、表現し合える。

次に、コンテンツをつくることができるゲーム。
例えば、マップエディットできるゲーム。
マインクラフトなど。
(自分の最も好きなゲームはマインクラフト。サーバー運営やプラグイン開発などしていた。)

VDでは「こんな構築でクリアできた!」というエモーションはある程度創出できた。
でも、そのエモーションを表現するためのインターフェースが弱い
表現のために、SNS活用、オンラインランキング、対戦モード、マップエディットを検討した。

オンラインランキングは実装した。
開発の記録を大きく超すプレイヤーもいて驚き。
そして、そこまでやりこんでいないにしろ、プレイヤーはもっと称賛されるべき。
自分の記録を更新したという実感がランキングで得られるのか。
過去の自分より、ゲームをより理解して攻略できたらそれだけで称賛されるべきだが、そこまでデザインできていない。

VDは、プレイして強化されるのは、プレイヤースキルのみ。
経験値やゲーム内マネーを得てユニットが強くなったり、リソースが増えたりしない。
ストイックすぎるデザインかも。
長くプレイすればユニットが強くなるというのは、初心者救済として楽な設計。
そのような救済はしないで、段階的なレベルデザインをして、プレイヤーに強いストラテジーを教えられるのか?という挑戦。

ただ、結局、それができたのか評価できない(プレイヤーのデータが取れない)ため、意味があったのか、疑問。
できたところとできなかったところがあった、みたいな感想。
まぁ、それも知見ではあるか。



3.今後

VDでやり残したことはあるが、新しいゲームの制作を優先。
ゲーム制作の学習を考えると、新作、別ジャンルに取り組むべき。
次はオンライン対戦ゲームかもしれない。

別の案件で、今度、ヨーロッパの某国に約1ヵ月行ってきてゲームをつくる。
なんとか、日本から10人ぐらいのセレクションに残ることができた。
こちらはうってかわってVRゲームを予定している。
一緒に行く人たちがプロなので、もっと力をつけないと、というプレッシャー。
チャンスなのでがんばる。
ついでに英語力もあがるといい。

ボイロについては、利用規約等でゲーム制作においても、追い風の兆しがあるので、キャッチアップしていきたい。
面白い情報あったら教えてください。


ここまで読んでいただき、また、いつも応援ありがとうございます。

かいふ


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事