家具屋Pの屋根裏

竜宮小町LOSTについて~律子Pへの謝罪と釈明~

2015/09/20 04:12 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • あとがき
今回はMSCⅤに出してたものの単品の話
見てない人は見てから読んでね














今回の動画ですが、自分の表現力不足により意図したテーマとは
異なる印象を与える動画になってしまいました。
具体的に言うと

・竜宮小町解散
・律子引退

この2点ですね。自分でもそう見えちゃいますからね。
その辺りは直接的には表していないので想像の余地でいいんですが
「じゃあどういうつもりだったんだよ」というのを今から解説
以下言い訳です(



まずテーマですがおおまかに言うと「感謝、餞」です。

皆さんご存知の通り「LOST」は
アイマスのテーマの1つだった「別れ」を書いた曲です。
確かに好意をはっきりと伝えられずに離れ離れになった
無印春香エンドを書いたような曲ですが、
あのエンディングを含め、アイマスの別れって
ステップアップのための前向きな別れだと思うんですよね。
そういうプラスの解釈が今回の動画の原点です。

その解釈から伊織ソロを聞いているうちに
   伊織からPである律子への曲
        ↓
   竜宮小町の3人から律子への曲
という発想が生まれ、それらしい背景設定を考えた、ってとこですね。

その問題の背景ですが、
「ドームライブで、結婚した律子に向けて3人で歌を贈る」
ぐらいしか考えてないです(
これが竜宮小町解散ライブだとか、律子がやめちゃうとか
そういうつもりでは作っていません。
まぁ作った本人でもそう見えちゃうから仕方ないですが(

あと律子の相手が誰かというのも決まってはいません。自分でもないです。
少なくとも竜宮小町の4人以外が見えないようにコミュは慎重に選んでます。
「Pがいなくても成立する」または「相手が律子でもおかしくない」
このどちらかになっています。
1番間奏のあずささんやドームで語る伊織が後者、それ以外が前者ですね。
あれはあくまでも竜宮小町の思い出ですので。
竜宮小町の4人以外が見えちゃダメなんです。


ここまで解説という名の言い訳をしてきましたが、見えてしまうのは事実。
そこは純粋に自分の実力不足だなぁと。
やめてしまったように見えるのは律子Pに、なにより律子に悪い事してしまいました。
そこは本当に申し訳ありません。
律子に関しては1本別で考えているものがあるので
そこで”アイドル秋月律子”を見せられたらと思ってます。









改めて動画の話に。

冒頭のMCは感想でも書いた通り大会用の付け焼き刃です。
ウェディング律子をもってくるという手も考えましたが、
動画の一番大事なところを見せちゃダメだろw
ってことでそれらしい導入を作ることに。改めて見ると釣り針でけーなwww

音声は色んな所から持ってきてます。
亜美は5thライブのMCそのまま
あずささんはMA1とアイマス2のコミュ
伊織は一番くじカバーCDのドラマ
一番切り貼りしてるのがあずささんで
「次の曲は/私達の/大切な人/のために/選んだ曲です」
に分かれてます。(”私達の”が2コミュ)
BGM抜きで音質悪くなるのが痛いですね。
伊織も探すのに苦労しました。
ほとんど「聞いてちょーだい!」って言うんですよ。
「聞いてください」で見つかったのは
上のドラマとMS6最後のトークだけでした。


肝心の歌パート。

基本的に
AメロBメロはダンス+コミュ
サビはダンスのみ
間奏にセリフ入りコミュ
という感じで構成してます。

ダンスは1番のAメロBメロが「またね」
それ以外はごく一部を除いて「my song」と「隣に…」だけです。
これには一応理由がありまして
後者2曲はスモークステージなんですよね。
他にスモーク出るのが一部で使った「目が逢う瞬間」
あとは「静かな夜に願いを…」ぐらいだったかな?
これ出ないのかよ!って思うくらいには少なかったんです。
どちらも曲には合わなかったので上の2曲縛りでなんとかしました。

そんなこともあってダンス組みはかなり苦労しました。
正直に言うと
ダンス組めねぇ…→コミュで埋めるか
という順で構成決めました(
思い出ボムになったから結果オーライ(


ただサビの部分はダンスで埋めると初めから決めてました。
普段ダンスPV作ってますからね。意地ですね。
サビだけでもかなり苦労してますけどね…

この部分なんてかなり速度いじって合わせにいってます。
それでも合わせきれてないのが残念。
顔を隠すのが「言えなかった」に合うと思ったんですけどね。

唯一綺麗に繋げてるのがここですね。
ここ「隣に…」から「my song」に切り替わってます。
毎回こういうのが見つかるといいんですけどね…

2番サビ後の間奏のコミュは見た瞬間「これだ!」って言っちゃいましたね。
ドームですよドーム。使わないわけにはいかんでしょ。
導入がドーム→ライブMCという流れになったのもこれのおかげです。


ここまでさんざん引っ張ってきてのネタばらし
竜宮の3人が「LOST」を贈る状況を考えた結果です。
解散引退の形は考えてなかったので、
人生の節目、新たな門出ということでこのような形に。

だからその後の「泣いていいよね」は笑顔のカット。祝福の笑顔。

アウトロは思い出ボムですね。畳み掛けてくる感じで。
一応時系列順になってます。前半2本編、後半EXエピソード。
「SMOKY THRILL」は初出PVと同じセットの別撮りです。
大事な思い出ですから。

フェスでは地味に逆転勝ちしてます。よく撮れてんなwww

その後の5人ライブも入れたかったやつですね。
ステージで踊ってるりっちゃんは外せません。

今回初めてG4Uを真面目にやったんですけど、あれ難しいですね。
真ん中の枠が入らないようにこんな感じでキャプってたんですけど、
向きが90°変わるせいで操作がやり辛いのなんのw
慣れて覚えるしかないですね…。

最後の1枚絵は素材が見つかったので急遽追加しました。
G4U撮り直しのついでに見たアイマスチャンネルの
ログインボーナスで右の2枚があったので。
こういうのもっと欲しいですね。








動画説明文にも載せてますが、
しゅんしゅんPが5年前に竜宮小町LOSTを作られています。

動画からもコメントからも当時の空気が感じられます。
これとは違う、明るい動画にしたい、と見た時思いました。
曲に対して前向きな考え方ができていたというのもありますが、
自分の中で9.18のイメージを清算したいという気持ちが前からあったんです。

僕はアニマスから入った人間なので、あの頃に関しては
あまり触れないほうがいい過去の事
くらいの認識でした。
しかし、動画を作るようになってから
「15歳の伊織がどんな子なのか?」
を考えてみるとリーダーシップだとか薄っぺらいことしか浮かばなかったんです。
もしくは14歳の伊織との共通点ぐらいですね。
単純に伊織のことを理解してないというのもあるんでしょうが、
やっぱりプロデュース不可だったのも大きいんじゃないかと。
9.18の影響をまさか自分が受けるとは思いませんでしたよ。

だからといってこれまでの5年間が間違っていたかというとそんなことはなくて。
4人ともそれぞれの立場での成長がちゃんとあって、それを否定するわけにはいきません。
そんな自分のわだかまりを解消したかったんです。
ジュピター動画作ったのもそういうところがあったのかも。


今回の動画だけで清算できたかは別ですが、
少なくともしゅんしゅんPのものとは違う動画になったと思います。
本人にも見て頂けたようなので個人的には満足です。

また、5年経った9月18日に公開することができたのは
無事EDを完成させた江頭Pのおかげです。
本当にありがとうございました。




長くなりましたが、この辺で


終わりだよ~(o・∇・o)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事