制作後記やらなんやかんや

手抜きの手抜き覚書(OFA編)

2018/05/06 13:50 投稿

  • タグ:
  • 覚書

伊織誕動画で手抜き素材を用意する際に用いた手順の自分用覚書です。
AEや抜きマス3が使えない環境なので参考になるようなものではないと思います。
あ、SS編は参考になりますたぶん。そっちも書きます。
あとあくまでも今回はこうした、という書き方になるので実際にやる時は臨機応変に。





では以下OFA編。

こっちで利用するのは差分抜き。原理自体は抜きマスもこれです。
そういえばちょうど3月にミリシタでコミュを抜く解説動画が上がってましたね。

簡単に言うと2枚の画像の同じ色の部分が黒くなります。
上の動画では背景、OFAではアイドルが黒くなります。
これを活用してaviutlで差分画像を作ってGIMPで抜く、が手順です。簡単ですね()


・用意するもの
 ・aviutl(拡張編集とBMP連番出力)
 ・GIMP
 ・ダンス素材2本(別ステージ)

ダンス素材のステージはけるまPのブロマガを参考にしました。先達の知恵、大事。
都市空間スクエアとフジヤマエンジェルの2本です。


・差分素材を作る
まず素材をどう使うか決めておきましょう。
どういう背景に、という意味ではなく再生速度や拡大縮小などによるカメラワークです。
融通は効かなくなりますが画面外に出る不要な部分まで抜く手間は無くなります。
拡大縮小や座標移動はグループ制御やフレームバッファを使えば楽です。

使い方を決めたら2本のダンス素材のフレームを合わせて
手前の素材の合成モードを”差分”にすれば真っ黒に。おでこが眩しくないなんて…
差分が出来たらBMP連番出力します。
ファイル名は分かればいいです。1枚あたり2~3MBになるので注意。
また通常の画像も連番出力します。GIMPで使います。


・GIMPのファジー選択で抜く
出力したらGIMP上で開きます。レイヤーにαチャンネルを追加するのを忘れずに。
作業の前に2点設定を変更します。
一つは”境界をぼかす”の設定。
メニューバーの”選択”→”境界をぼかす”を選んで変更します。自分は0.5ピクセル。
もう一つは”塗りつぶす”です。バケツですね。
塗りつぶす範囲の初期設定が”類似色領域”になってるので”選択範囲”にします。
類似色領域だと思ったように塗りつぶせません。

設定したらまずは差分画像で作業。








最初に自由選択とバケツで切り抜く部分をざっくり塗りつぶします。ざっくり。
拡大するとわかりますが顔や腕などの線が白っぽく浮き出しています。
中央部分だからと放置するとファジー選択で半透明になったり
ドット単位で欠けたりするので油断大敵。
塗りつぶす前に通常画像でどこが背景か確認すると間違えずにすみます。


次に背景に近い部分をファジー選択します。
ファジー選択はクリックした色と近い色域を範囲選択する機能です。










それっぽい部分をクリックしていい感じに選択します。今回はしきい値は25で。
選択したらブラシで塗りつぶしていきます。
選択範囲の内側しか塗れないので大きいサイズで雑にガシガシ塗りましょう。
このファジー選択→ブラシを繰り返します。
正直塗りつぶさなくても割と抜けますが、これと後の消しゴム作業は品質との天秤です。
何枚か試して妥協点を見つけましょう。


塗りつぶし終わったら
”真っ黒な部分をファジー選択”→”選択範囲を反転”→”通常画像を選択範囲削除”します。
削除するときにちゃんと対象レイヤーを通常画像にするのを忘れずに。すぐ気付くけど。
ショートカットキーは
”選択範囲を反転”→”ctrl+I” ”削除”→”delete”
です。数秒の短縮ですが塵積もです。


・ゴミ消し作業

だいぶ抜けましたが見ての通り余計なゴミが残っているのでこれを消します。



まずは自由選択でアイドルを囲んでざっくり消します。
ざっくり、とは言ったものの”境界をぼかす”の影響でゴミ端が薄っすらと残ってしまうので
後で消しゴムで消せるようある程度近い部分を選択しましょう。
先程と同じく反転削除で消します。



あとは消しゴムで消すだけです。サイズは15くらいがやりやすい?
この時選択範囲を解除するのを忘れないように。
ブラシの時と同様範囲内しか消せないので境界のゴミが残ってしまいます。
”ctrl+A”で全選択するのが一番早いと思います。
また”ゴミだと思ったら衣装の一部や毛先だった”事案が起きるのでそこは要注意。
まぁ数Fくらいなら気付かないとは思いますが()




消したら完成です。保存しましょう。
透過ではなくBB背景など置いたほうがサイズは小さくなりますが
他の部分が抜けたりしないか気にするのが面倒なので私はそのままです。




これをひたすら繰り返せば抜き素材はできます。
動画で使った素材は1枚7~10分、184枚でした。はぁ………
これでもパス打って抜くよりは断然早かったと思います。


では次はSS編で。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事