ポケモン設定考察 インドぞうを深追いするな

ORASのシナリオ考察 5 エピソードデルタとは

2016/08/05 00:17 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ポケモン
  • ORAS
  • 考察
  • 平行世界

コメント

クーポン
No.1 (2016/08/17 12:43)
興味深い考察です。

ただチャンピオンミクリに関しては、エメラルドにつながるというよりBW2(リメイクされたBW2)につながると思いました。

エメラルド自体はR・Sと同じあらすじから始まる物語なので、パラレルワールドみたいなものです、エメラルドの世界のダイゴは元チャンピオンかは作中でははっきりしてないです。

ほかにBW2につながる所といえば、ジムリーダーのツツジが生徒から先生になってる所。

とはいえORASではエメラルドにあった幻影の塔というダンジョンが確認されてないので、つながるのかは不明です。

BW2のリゾートデザートにいるバックパッカーが「ホウエンの砂漠にあった幻影の塔が消えました」という発言
そのセリフから察するに、エメラルドで主人公(プレイヤー)が幻影の塔にあった化石を取ったことで、幻影の塔が消えます。

それが他の作品で触れるということはBW2でエメラルドが正史になってることかと思われます。
生㌔P (著者)
No.2 (2016/09/26 20:03)
>>1
反応が遅くなって申し訳ないです。
ORASからの エメラルドへも BW2へも 明確な繋がりを示唆するものは無い と考えています。
開発者視点というメタレベルで エメラルドverの要素を彷彿させる展開を ORASのクリア後に盛り込みたかった という観点で ミクリのチャンピオンに関して見ています。

正史という概念もあまり重要視していません。エメラルドで遭遇できただけで 幻影の塔はRSの世界にも存在しなかったという確証はありません。

ただ、同じ舞台似たストーリーによる、違う冒険をすることが 「肯定」されたのみです。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事