TRPGリプレイ保管庫 それに昔書いていた文章を少し

実鬼 リプレイ [虚実性巫覡 S16 【超速報】藤袴のストレイ、ENOKI事務所を襲撃!!!!!!]

2020/08/11 20:00 投稿

  • タグ:
  • TRPG
  • 実鬼
  • 虚実性巫覡
  • 現代ファンタジー
2020年7月25日のオンラインセッションのリプレイです。
サプリは自作のもの(実鬼)を使用しています。
キャラクターの詳しい設定、ルール、術技などを見たい場合、
カクヨム、もしくは上のリンクをご覧ください。
参加者
  • PC1 元木 猛(モトキ タケシ)『kintaさん』
  • PC2 浅倉 紬(アサクラ ツムギ)『らむださん』
  • PC3 早乙女 愛(サオトメ アイ)『CheeseDeHappyさん』
  • PC4 百瀬来玖(モモセ ライク)『ややさん』
  • PC5 花園 恋(ハナゾノ コイ)『kiri_GaD_Wさん』
  • PC6 風鳴 颯天(カザナリ ハヤテ)『境界式さん』
  • PC7 稲生 天(イナオイ ソラ)『ネムさん』
雑記
ということで、なんとか仕上げることが出来ました。
コロナが収束したら久しぶりに外にでたいですね。まるで引きこもりのような文言ですが、そろそろ1クール近く、家の風景と病院しか見れていないので……。
この話のカクヨムページはこちら
https://kakuyomu.jp/my/works/1177354054893111971/episodes/1177354054917923066
先に番外があるので、先にそちらを掲載します。
誰しもがある帰郷の心

――光綿市 光綿支部紅葉――


祓川「それで?結局噂のママはどうなったんですかせーんぱい?」

瀬川「最新話だと主人公くんに即席のカクテルを作って、北酒場歌って主人公くん酔い潰してお持ち帰りしてたよ」

祓川「それは……スナックのママなのでは……?」

瀬川「そうだね。そういう人がこのはちゃんの見た目をしている。そう言うギャップ萌えがいいんだよ」

稲生「やっぱり何を話してるかが分からない……分からないよ……」


風鳴「戻ったぜ。ついでに店の前にいたんでご案内だ。ライクもいたが、なんかちょっと頼むとかでどっか行っちまった、好きなとこ座ってくれや」

百瀬「こんにちはー!」


瀬川「ああ、それはちょっとお願い事をしてね」

百瀬「らいくにね、紅葉にいってくれとおねがいされたからきたよ!」

祓川「そっかあ。来玖くんは綾華ちゃんと一緒に少し密偵に行ってもらってるのよ」

風鳴「なるほどな、ここんとこ全員で動くってことは滅多にねぇもんな。無理してなきゃいいが」


瀬川「僕たちの支部も評価されてきてね。ある程度自由行動が保証されたんだ。だから、綾華くんたちには藤袴のストレイに入会してもらってる」


花園 「……潜入捜査にしたってまた物騒なとこだな」

早乙女「コウくんどっか行ってるんけ?」

風鳴「……そういう話なら俺にも通してもらいたかったが、ネットやらあの辺じゃ俺は役に立ててねぇか」


百瀬 「なんにちぶりだろね! わたしにはうーろんちゃをおねがい!」

瀬川「まあ、百瀬くんにはここに行ってもらいたい。出張みたいなものだよ」


▶そう言って、書類を渡します。白雨と書かれていますね


百瀬 「ありがとう! ここにいくのね」

稲生「はーい、ちょっとお待ちをー……っと、出張?もしかしてソラたちも引っ張り出される系?」

瀬川「この間店に来た鷲羽くんが優秀な解呪担当を教えてもらったんだ。その治療だから、君たちは通常通り悪鬼撲滅だよ」

祓川「ここにある機械に乗ってくださいね。移動がすぐ出来ますから」

百瀬 「はーい」


風鳴「んじゃまぁこっちの業務を張り切るとすっか。ちゃんと帰ってこいよ」

花園「無事に戻ってこいよ、マジで」

百瀬「まかせて! わたしならできるから!」


――白雨市 裏路地紅葉――


黄楊「えっと、そろそろ時間ですよね。たしかこのボタンを……、えいっ」


百瀬 「たはー! とうちゃく!」


▶女児服を着た成人女性がすっぴんかつ満面の笑みワープされてきたのを見て、男は露骨に顔を顰めます


笠岡「おい、なんだあのカマトトぶりっ子の構ってちゃんは。女夜叉ってみんなあんなんなのか?」

冬川「何で」

笠岡「お前そっくりじゃないか。色々と」

冬川「あんなに可愛くないですよ、性格」

楠戸「相変わらず口悪いなオマエ、紅花さんも乗っかるなって」

冬川「――まあ、気は楽なんですけどね。じろじろ胸みたりしないんで」


百瀬「こんにちはー! えっと、ひかりわたからきましたよ!」


笠岡「うっわ。やばいだろあいつ。お前より性格やばそうとか世も末だな」

冬川「アレルギーとか食べられない食べ物あります?今度入れておきますけど」

楠戸 「二人もいると突っ込むのも疲れてくるな……」

黄楊「もう……。――せっかくお客さんが来てるんですから、喧嘩は程々じゃないと駄目ですよ」


百瀬 「えっとねー……これこれ、これですよっ」


▶百瀬は、10人中10人が振り返るであろう美貌の女性、冬川紅花に書類を渡します。そのまま見ないで笠岡に回していますね


冬川「はいどうも」

笠岡「はいよ。ほーん、これは曜灯ちゃんの仕事だな。ほら」

黄楊「あ、本当ですか。お預かりします」

楠戸「なんの仕事だ?」

冬川「……ところでこちらの方は一体どちら様で?」


黄楊「あ、名乗り遅れました。黄楊曜灯、4年生です!白雨支部へようこそ。えっと……、百瀬さん!」

百瀬「わたしですか! わたしは、百瀬朋花です! 2年生です!


笠岡「やべえよやべえよ……。お前の性格、ウジ虫の方がかわいいって思ってたが……、今日からアレよりマシなやつって評価に切り替えるわ」

冬川「冬川紅花、見ての通りの美人料理人です。コレは笠岡です。煮ても焼いても食えない男ですから近付かないように」


百瀬 「よろしくね!」


▶笠岡に満面の笑みを向けますが、笠岡は心底気持ち悪いものを見るような目で見てきますね


笠岡「キチガイの相手はする主義じゃねえんだわ。こっちの助手に話しかけてくれ」

冬川「可哀想に。キチガイにキチガイ呼ばわりされるなんて」

楠戸「私らよか一個下か、よろしく。で、何が書いているんだ?」


黄楊「あー、これは……、ムーさんとおんなじ感じなんでしょうか?体の外と中があべこべになってる?みたいです」

百瀬「わたしはなにをすればいいですか!」


笠岡「曜灯ちゃん、案内してやれ。俺はこいつと同じ空気を吸いたくない。こういう手合は苦手だ……。要件は後で伝える」

冬川 「幼児退行みたいなモノですかね。――私は料理でも作ってるので注文をお願いしますね」


黄楊「わかりました。それでは神社に案内するので、着いてきてください。きっとお役に立てると思います。」

百瀬 「はーい!」

楠戸「まーたわけわからんやつか。ま、気を付けていってきな」

黄楊「はい、いってきます!」


――白雨市 朱鷺森狐火宮神社――


秋枝「こんにちは曜灯ちゃん。も、もしかして今日も仕送り……?毎日お鍋はしんどいよぅ……」

黄楊「もう夏だもんね……。今度わたしからも灯風さんに言っておくね……でも、今日はお仕事なんだ。この方、百瀬さんが呪いにかかってるみたいで、診てほしいんだけど……、今いい?」

秋枝「そっちのお姉さん?」


百瀬「ともかです! よろしくね!」


黄楊「そうそう。なんか体の中と外とがあべこべみたいで」

秋枝「萩風ちゃん、ちょっといい?」

萩風「なに?」

秋枝「このお姉さんなんだけど……」


▶萩風と呼ばれた白髪の幼女がじっと見つめると、少し気持ちの悪いものを見たような目をして、秋枝と呼ばれた少女に話します


萩風「これ、祝福されてる。ムチ無知女大生大好き神様から」

秋枝「えっと……?呪い、でいいの?」

萩風「いい。私も手伝う」

黄楊「お願い。わたしは……、えっと、応援してるね」

秋枝「じゃあ、本殿へどうぞ。曜灯ちゃんはお鍋いっぱいあるから、ちょっとでも食べていって」


百瀬「ほんでん……わかった!」


黄楊「あっ、はい……。晩ごはん食べられるかなあ……」


――朱鷺森狐火宮神社:本殿――


秋枝「横になってくださいね。その後マッサージをしますので」


百瀬「はーい!」


▶全身をくまなくマッサージされます。半分寝ていたところで、意識が戻るように百瀬の目が突然覚めますね。意識ごと叩き起こされた気分がします


百瀬「はぁぁ………? んんん……終わった……?」


秋枝「おつかれさまでした。お体はどうですか?」


百瀬「すごくスッキリしていますよ…。長い長い夢の中にいた……よう…………な気分………………」


▶ゆっくりと自分が着ている女児服や、顔をペタペタと触り化粧をしていない事実に気が付き始めます


萩風「神の加護はどう?」


百瀬「加護……なんですかね、本来の自分を取り戻したような感じで……ありがとうございます……」


▶顔を真っ赤にしていたたまれない顔をしていますね


秋枝「あんまり気に病まないでくださいね。お土産としてたくさんお野菜やお肉もありますので、どうぞ持って帰ってください」


百瀬 「それはとってもありがたいです……。ついでにかなり勝手ながら……羽織るものとかあれば……」


萩風「トーカのがある。持っていって」

百瀬「助かります……」


――白雨市 朱鷺森狐火宮神社――


秋枝「曜灯ちゃんー終わったよー。お鍋食べてくれたー?」

黄楊「うぅ……お腹いっぱい……。お父様になんて言ったら……」

秋枝「まだまだあるから、持って帰ってね」

黄楊「ありがとうね……、灯風さんにもちゃんと言っておくからね……」


百瀬「無事戻れました……。ありがとう……」


黄楊「それは良かったです。とは言っても、わたしは何もできていませんけども」


――白雨市 裏路地紅葉――


楠戸「お、戻ってきたか……どうしたんだ曜灯ちゃん、その腹……」

笠岡「食べ過ぎだ。餌付けされるのもほどほどにしておけ」

冬川「食べて来たんですか、私以外の料理を……」

黄楊「歩くのもちょっと、苦しかったです……。でも、お仕事は果たしてまいりました!あと灯風さんへの伝言も……」

百瀬「食糧が山のようにありましたから……。さぞ困っていたかと……」

笠岡「まあ、そこのやべーやつもまだマシになったようだな。最低限人間としての羞恥心はあるらしい」


百瀬「わたしもきちんとおつとめしました! ――――――こほん、お陰様で元の自分に戻れました。本当にありがとうございます……」


楠戸「こっちは問題なく治ったと……お疲れさん。楠戸穂だ、また会ったらよろしくな」

冬川 「まあそれはそれとして餡掛け蓮根団子ができたのでどうぞ。消化に良いですよ」

楠戸 「お、一個もらいっと!」

黄楊「い、今から食べるのはちょっと……。あ、後でいただきますね!お家で……」

冬川「じゃあタッパーに詰めておきますね。薬膳用の生薬も使ってるので胃腸に効きますよ」


笠岡「用が終わったのなら帰るといい。曜灯ちゃん、今日俺たちは元々別の用事でここに来た。後で伝える」

黄楊「わかりました。先に百瀬さんを光綿に送って来ますね」

冬川「はい、じゃあこれお土産分のタッパーね。絶対食べてね?」


黄楊「それでは行きましょうか。……あの、先に伝えておきたいんですけど、失敗したらごめんなさい」

百瀬「えっ」


――光綿市 光綿支部紅葉――


瀬川「戻ってきたか。施術も凄腕だと聞いているし、なかなか早かったね」


百瀬「ただいま戻りました。ありがとうございます、いろいろ……こう……」


祓川「――まともな人だったんですね。頭のネジ死んでる人だと思ってましたよ。服装も、本意じゃなかったんですね」

稲生 「うあー……つかれた……あ、おかえりなさーい……」

早乙女「おかえりー。はい、あーん♡」

花園「本意であの格好は流石に……。帯刀さんならワンチャンあったかもしれねーのがむぐっこえーな」


百瀬 「自分があれなときからずっとお世話になってました。これでも以前は光綿随一の常識人で売ってましたので、ほんとありがとうございます」


花園「……そうか」

祓川「あー……。うん、よろしく」

瀬川「まあ、お帰り。来玖くんが一番心配していたよ」


百瀬「改めて百瀬朋花です。よろしくおねがいしますね……。冗談飛ばせるくらいに回復したと思っていただければ……」


――白雨市 裏路地紅葉――


笠岡「さて、――曜灯ちゃん」

黄楊「はい、無事に送り届けて来ました」

笠岡「今、熊本で雨すごいことになってるのは知ってるよな」

黄楊 「はい、毎日ニュースで見るくらいには」


笠岡「そこに、紅葉が設立している孤児院があってな。――何が言いたいかはだいたいわかったと思うが」

笠岡「孤児院の人間と連絡が取れない。毎年夏休みが終わると同時に夜叉候補を引き抜くのだが、――――そもそも連絡が取れんのだ。上ノ瀬達に」


黄楊「そ、そう……、ですか……。心配、です……」


笠岡「こちらでも安否確認はしているが、マスコミに忍ばせている斥候からも孤児院の姿は形跡もなく、避難所に関係者の姿も見えないとのことだ。――最初からいないものとして考えたほうがいいだろうな」


黄楊「……わかりました、ありがとう、ございます……。それでも、やっぱり心配くらいはしたいです。約束を、しましたから」

笠岡「一応こちらでも確認は続ける。報告はしたからな」

【超速報】藤袴のストレイ、ENOKI事務所を襲撃!!!!!!

ざっくり言うと
✔ 和歌山県和歌山市で襲撃事件が発生
✔ 襲われたのはENOKI事務所。Vtuberの業務にも影響か?
✔ 犯人グループは現在も事務所に立て籠もっている

2020年7月26日、和歌山県警は立て籠もり事件が発生していると発表した。現在も立て籠もりが継続しているのもあって、現場には緊張が高まっている。
25日未明、和歌山県和歌山市にあるVtuber事業をメインとしている会社、ENOKI事務所の電気が消えた。照明が拳銃のようなもので破壊されたと見られている。犯人グループは自分たちのことを「藤袴のストレイ」と名乗り、警察にこう要求していると言う。
「女郎花のジャンヌを引き渡せば人質には手を出さない。急に突入してきたのなら、人質ごとVtuberの知名度と栄誉と共に殉する」などとシュプレヒコールをあげている。
ENOKI事務所は2018年後半からVtuber事業を行っている。最近は「秋月このは」がチャンネル登録者数が10万人を突破するなど、頭角を現し始め出していた。

以下全略文はソースへ
▽おすすめ
清浦真帆 活動休止の原因はネット宗教の異常な囃し立てへの心労か!?

>>1
これアカンやつやろ

>>1
暴走したファンは怖いなあ・・・

今日のこのはいしん止まってるんだが???藤袴のストレイ許さんからな

マジな話、人質ってこのはちゃんの魂とかだったりするんじゃね?

>>129
そうだろうな。配信もあったはずだったみたいだし

というか女郎花のジャンヌって何?

>>211
清浦真帆のこと。なんでかは知らん

>>226
崇拝してるのがハコベとこのはだから、秋の七草から取ってるらしい。ジャンヌは教祖やってるストレイシープってやつの名前が羊だから、羊飼いで、救世主のジャンヌをかけてるらしい

>>339
はえー 初めて知ったわ

――光綿市 光綿支部紅葉――

瀬川「事務所立てこもりかあ……。どうするんだろうなあ、本部は癖はあるけど戦闘力は知らないからなあ」
祓川「預言のBBAも現実で戦えそうな感じ、しませんもんね」
風鳴「つっても悪鬼に入れねぇんじゃ一般人と変わらねぇ。これ以上がないことを祈るしかねーな」
瀬川「そうなんだよね。荒事は得意じゃなさそうでね」

稲生「うえー……またなんか厄介事ですか……?」
早乙女「天ちゃーん! モーニングまだ間に合うけぇ? 野菜ジュースで!」
花園「早乙女さんはえーって……俺もモーニング頼むわー」
浅倉「おはようございます。定例の報告に……あれ、みんな揃って、今日は待機でしたっけ?」
元木「おはようござい……っすー。今日は多いっすねー」
来玖「こーんにっちは……、いやおはようございますか?」
風鳴「相変わらず忙しくなる時はいきなりだな。ソラ、入ってきた分回し切るぞ」
稲生「おっと、続々と……はーい、ちょっと待ってねー」

四季「使える人材はいるかしら?」

▶そう言いながら四季が入ってきます。後ろに見覚えのない女性が3人いますね

四季「そこそこいるわね。これは私の昔馴染みの皐月。冬泉の社長よ」
椿「まあ、一応座った席だけどね。こっちのはうちのアンドロイドの、卯月野と五月野」

▶卯月野と五月野と呼ばれた少女はペコリとお辞儀します

花園 「おーおー、これまたぞろぞろと……何か揉め事か?」
四季「紅葉じゃないんだけど、冬泉の技術だと和歌山の方に侵入できるのよ」
四季「それで、光綿支部紅葉にも援軍をお願いしようかなって」
瀬川「ええ……。別にウチの事務所より強い人材たくさんいませんかおねーさん」
四季「強い人材は既にみーんな和歌山に援軍に行ってるんだわそれが」

浅倉 「あれ、和歌山って安全なんじゃ……?だからそこに、おに、兄さんが避難していて……」

椿「そうね。実際安全ではあるわ。実際危険なのは立地とか建物じゃなくて周りの結界の方なのよ。うちとしても今更紅葉が潰滅でもされたら困るってわけ」
四季「立てこもりの方はそのうちなんとかなると思うんだけど、マスコミがヘリでずっと空撮してるでしょ?そのせいでENOKIに対する風評のあることないことや、立てこもっている藤袴のストレイの正当化工作の概念の変化における情報戦のほうが激しいのよ」
椿「実はもうVtuberの中身は殺されているとか、今日配信出来ないのは人質に取られているとか、ENOKIの内部犯がいるんじゃないか?とかそういう風評が結界に悪影響をもたらしてるのよ」

花園「……俺達はどうすればいいんだ?そのストレイやらをぶっ飛ばしに行くって話か?」

四季「そうじゃないのよ。結界の守護についてほしいの。悪い風評は羅刹となって結界を蝕むわ。その風評から守って欲しいのよ」

花園 「ってことは……ストレイはそっちで排除するからこっちは結界の防衛戦をやれ、ってことか」

椿「そうね。あいつらのせいでうちのところも迷惑してるから、そのうち根流しするわ。その時はよろしくね」
椿「卯月野!」
卯月野「はい」

▶卯月野はお腹をスライドさせ、ピンク色の扉を取り出します

元木 「その時は進んで協力するっすよ、ねぇ瀬川さん」
瀬川「まあ、そうだね……。このはちゃんに悪評が行くのはね」
椿「誰が見てもわかるデザインってのは大事よね。これくぐったら和歌山よ」

早乙女 「モーニング食べ終わってからじゃ……ダメけ?」
瀬川「だめだよ。僕も従軍するくらいには総力戦だ」
風鳴「携帯できるやつにしといてやるよ、話は纏まってるみたいだしな」
早乙女 「颯天さん気が利くなぁ♪ なら向こうで食べながら頑張るさー」
祓川「見た目がやばいですよねえ。冬泉はこういうの強いなあ」
稲生 「うわー、わっかりやすーい、そしてかなりの厄介事っぽそうだ」
浅倉 「私が頑張らないとお兄ちゃんが……」

――和歌山県 和歌山市某所――

▶ドアから出ると、五重塔が建っていますね。よくよく見ると周りに赤黒い悪鬼が蔓延しており、街中に霧のように悪鬼が出ていることがわかります

椿「もう戦場だから、よろしくね。街を覆うほどだからそのうち見ればわかるようなのが出てくるわ」
来玖「はー見るからに空気が重いことで。偉い人がいる会食とどっちが重いかな?」
花園「負けた時に犠牲になる人間の命の方がよっぽど重いだろーよ」
風鳴「目の前にいんだし食事してみればいいんじゃねーか?」
早乙女「コウくんはどっちでも関係なさそうやけどなぁ」

▶そうこうしていると、白いフードをかぶった人間のような何かがフラフラとした足取りで現れます

元木 「……おいでなすったか」
浅倉 「見るからに怪しいって、あんな奴?」

椿「そう。ネット宗教だから、衣装に統一感だけはあるでしょ。あれが結界に触れると結界が破壊されるわ」

稲生「触れるだけでとか破壊条件がゆるゆるすぎる……。そんだけ影響力が高いのかぁ……」
早乙女「ゲームの敵モンスターみたいな感じやん。このはちゃん顔とかついてないから新鮮かも」
花園「触れただけでアウトって事は……その前に待ち受けて叩けってか?」

椿「私は今人材運搬してるところだから、落ち着いたらまた見に来るわね」

▶そう言って、アンドロイドと一緒に扉で消えていきました

▶戦闘前行動 風鳴 石拾い
▶戦闘前行動 花園 甘くとろけるような日々
▶戦闘前行動 早乙女 甘くとろけるような日々

元木 「全員持ち場についたな!?では、始めるとしよう!」
浅倉「近づけないようにしなきゃ……近づかれる前に倒さないと……」
早乙女「さぁ頑張るけぇ!コイb……じゃなかった、恋さん!――これ終わったらデートの続きするけぇな♡」
花園「さー行くぜ!たまには格好良いところ見せてやるよ!」

▶元木 夜鷹の爪跡[星屑の破者・キッコロ[霞二段]アニヒレート]煙雨[マジカルシャワー[精神陣形]]エレメントトラップ[ルーミア]
▶花園 ナズーリン[詫び石]剛招ビート[鋭招来]空振 エアスラッシュ[仕切]
 成功[人間振り直し]56ダメージ 56ダメージ

 戦闘終了

▶花園 集気法[熱震集気法・桜花集気]
▶戦闘前行動 風鳴 石拾い
▶戦闘前行動 花園 甘くとろけるような日々
▶戦闘前行動 早乙女 甘くとろけるような日々

花園「はっ、まだ楽勝だな」
元木「ほう、これは驚いたな!」
浅倉 「違う、次は後ろ!」
元木 「そこは任せるぞ!ツムギ行くぞ!」
浅倉「なんでいきなり命令されないと駄目なの!言われなくてもやるんだから!」
風鳴 「なら間に陣取っておくか、誰かしらはどっちも見とかねーとまずいだろ」
花園 「ちょっと下がるか……」

▶宗教概念 通常攻撃
▶稲生 花園 戦闘回避
 成功
▶宗教概念 通常攻撃
▶浅倉 戦闘回避[上から来るぞ!]
 成功
▶宗教概念 通常攻撃
▶来玖 戦闘回避
 放棄 45+27ダメージ[生命バリア[バリアブルプライス]]
▶宗教概念 通常攻撃
▶元木 戦闘回避
 放棄 17+29ダメージ[例大祭カタログ][生命バリア[三天結盾・バリアブルプライス]
▶元木 夜鷹の爪跡[星屑の破者・キッコロ[霞二段]アニヒレート]煙雨[マジカルシャワー[精神陣形]]エレメントトラップ[ルーミア]
 成功 失敗 53ダメージ
▶花園 ナズーリン[詫び石]剛招ビート[鋭招来]空振 エアスラッシュ[仕切]
 成功 成功 56ダメージ 56ダメージ
▶浅倉 通常攻撃
 成功 85+15ダメージ
▶早乙女 栽培[ヒメリ]ディープミスト[ディエネルエル:ハイヒール[癒しの風・みんなを癒やして・リストーロ]]
 31ダメージ 59回復
▶稲生 サモン鳥[輪廻彩声]
▶来玖 剛招ビート 座禅の教え 観察力で判定[ギター]妖怪知識で判定[ギター]
 成功 成功

花園 「任せろとは言ったがこっち一人かよ!責任重大過ぎるぞ!やるけどな!」
元木「後ろに援護が山ほど居るぞ!安心しろ!」
風鳴「張り切ってくれるならこっちは支援に回るか。多少マシになるだろうぜ!」

▶宗教概念 スキップ
▶元木 夜鷹の爪跡[星屑の破者・キッコロ[霞二段]アニヒレート]煙雨[マジカルシャワー[精神陣形]]エレメントトラップ[ルーミア]
 成功 失敗 52ダメージ
▶花園 集気法[熱震集気法・桜花集気]
▶サモン鳥 ルーミア
 23ダメージ[エレメントトラップ]52ダメージ 45ダメージ

 戦闘終了

▶来玖 牛乳瓶G2
▶戦闘前行動 花園 甘くとろけるような日々
▶戦闘前行動 早乙女 甘くとろけるような日々
▶戦闘前行動 元木 レティ
▶戦闘前行動 浅倉 纏わりつく霧 蠱惑する霧

早乙女「どんどん増えてくるけぇ!」
花園「そろそろしんどくなってくるぞ……」

▶宗教概念 通常攻撃
▶花園 戦闘回避
 成功
▶宗教概念 通常攻撃
▶来玖 戦闘回避
 放棄 73ダメージ[生命バリア[三天結盾・バリアブルプライス・ダイナミックプライス][携行食:回復薬G3[広域]]
▶宗教概念 通常攻撃
▶来玖 戦闘回避
 放棄 35ダメージ[携行食:回復薬G2[広域]]
▶宗教概念 ストレイライト
 43ダメージ
▶宗教概念 ストレイライト
 64+32ダメージ[浅倉:林檎の板]
▶宗教概念 ストレイライト
 35ダメージ[魔法バリア]
▶花園 ナズーリン[詫び石]剛招ビート[鋭招来]空振 通常攻撃[糺森[葵鴨]×2][仕切]
 成功 成功  56+76+76ダメージ 56+76+76ダメージ
▶稲生 サモン鳥[輪廻彩声]
▶元木 夜鷹の爪跡[星屑の破者・キッコロ[霞二段]アニヒレート]煙雨[マジカルシャワー[精神陣形]]エレメントトラップ[ルーミア][エレメントボム:ルーミア]
 成功 成功 成功 成功 42+41ダメージ 42+41ダメージ 58+61ダメージ 61+53ダメージ[エレメントトラップ]54+45ダメージ 49+46ダメージ
▶浅倉 エルアイス[特攻魔法・昏鐘・鏗然・ターイナ・パラノマル・アメジスト[圧縮魔法[アイス]]
 124ダメージ
▶サモン鳥 ルーミア
 17ダメージ[エレメントトラップ]52ダメージ 48ダメージ
▶サモン鳥 ルーミア
 23ダメージ[エレメントトラップ]55ダメージ 54ダメージ
▶風鳴 ナズーリン[高級牛乳]手榴弾魔改造 魔神剣[スターストローク・足刀蹴り[上段足刀蹴り]キルストリーク・アグレス・月はやがて輝いて・ダークウェポン][弧月斬[ダークウェポン]][魔神剣・双牙[ダークウェポン]][リジェネ[不沈艦[高級牛乳]]]
 48ダメージ[エレメントトラップ]52ダメージ 60ダメージ
▶来玖 剛招ビート 座禅の教え 観察力で判定[ギター]妖怪知識で判定[ギター]
 成功 成功
▶早乙女 セージ 栽培[ヒメリ]ディープミスト ホーリーフラッシュ
 28ダメージ 49ダメージ
▶セージ ハイヒール[癒しの風・みんなを癒やして・リストーロ・リフレッシュメント][セラピア][ガチャ爆死:花園]

花園「この時を待っていた……必ず死なす!」
元木「ちょっとだけ残すな!行儀が悪いぞ!」
風鳴「タケシが何にでも合わせてくれるから楽でいいな、頼もしいもんだ」
風鳴「つーわけだ、ずっと前張らせてわりぃが気張れよコイ!」
花園「おうよ!任された!」

浅倉「なんとか持ってるけど、一体いつまでこのまま……」
稲生「うへー……。まだまだ続々と……もうひと踏ん張りー……どこまで……?うへぇ……」
花園 「流石にもう一人くらい……いや、まだ頑張るしかねーな……」
風鳴「こんだけ長丁場なのも久々だな。このまま終わりゃいいが」
元木「補給が欲しいところだな。だが弱音は吐けんぞ」
早乙女「みんな……たぶんもうちょっとやけぇ……これ飲んで耐えてなぁ」

▶浅倉 メギド[作画崩壊ダンス][属性違うぞ!:氷][フリーズランサー]
 925ダメージ
▶花園 ナズーリン[詫び石]剛招ビート[鋭招来]空振 エアスラッシュ[仕切]
 成功 成功 26ダメージ 26ダメージ[バーストヒール[癒しの風・みんなを癒やして]]17回復
▶元木 夜鷹の爪跡[星屑の破者・キッコロ[霞二段]アニヒレート]煙雨[マジカルシャワー[精神陣形]]エレメントトラップ[ルーミア][エレメントボム:ルーミア]
 成功 成功 成功 成功 54+54ダメージ 53+54ダメージ 64+64ダメージ 62+76ダメージ[エレメントトラップ]42+45ダメージ 38+44ダメージ[バーストヒール[癒しの風・みんなを癒やして]]12回復
▶風鳴 ナズーリン[高級牛乳]影の御札 手榴弾魔改造 魔神剣[スターストローク・足刀蹴り[上段足刀蹴り]キルストリーク・アグレス・月はやがて輝いて・ダークウェポン][弧月斬[ダークウェポン]][魔神剣・双牙[ダークウェポン]][リジェネ[不沈艦[高級牛乳]]]
 9ダメージ[エレメントトラップ]40ダメージ 44ダメージ 12ダメージ[エレメントトラップ]46ダメージ 44ダメージ 12ダメージ 68ダメージ 48ダメージ 92ダメージ[エレメントトラップ]43+46ダメージ 44+52ダメージ 52+35ダメージ

浅倉「私が、私がやらなきゃ……あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙」
稲生「庇った奴らさえいなければ全部吹き飛んでたかもしれない……。うわぁ……、すごい……」
早乙女「力が……抜けるやん……?」
元木「敵の牙を折れ!それが戦場のルールだ!」
風鳴「ったく遠いんだよ!」

▶[起爆装置:エレメントトラップ][起爆装置:エレメントトラップ]早乙女 セージ マジックストライク 栽培[ヒメリ]ディープミスト ホーリーフラッシュ
38+49ダメージ 55+40ダメージ 11ダメージ 27ダメージ
▶セージ ハイヒール[癒しの風・みんなを癒やして・リフレッシュメント][セラピア]
 80回復
▶宗教概念
 105ダメージ[生命バリア[バリアブルプライス]][生命バリア[三天結盾・バリアブルプライス・ダイナミックプライス]][風鳴・稲生:暗転回避][風鳴:カウンター][もっと狙って]46ダメージ
▶宗教概念
 232ダメージ[サモン鳥:白金冬]

風鳴「見切れんだよ!助かるぜツムギ!」
稲生 「不死鳥さんは……ソラの元気がある限り……何度でも蘇るのだー!ふははー!」
元木「ハッ!それは最高だな!」

▶浅倉 メギド[作画崩壊ダンス][属性違うぞ!:氷][フリーズランサー]
 702ダメージ

浅倉「今度こそ、これで……滅べ゙え゙え゙え゙え゙え゙」

▶防衛を始めて6時間ほど経った頃、ローブをかぶった怪しい羅刹はもう出てこなくなりました

花園「……これで打ち止めか?」
早乙女「紬ちゃん!! 大丈夫けぇ!!」
元木 「お前、そんなキャラだったか……?」
浅倉「はぁ……、はぁ……。終わり?これで、お兄ちゃんは、大丈夫だよね……」
風鳴 「どんだけ打ち込めんのやら、末恐ろしいな」
稲生「い、威力が大きすぎて紬さんにも傷が……流石にちょっと身を削りすぎじゃない……?大丈夫……?」
元木「誰がどう見ても無理をしている戦い方だ。早死にするぞ?」
浅倉「だって、こうでもしないと……こうでもしないと私じゃあ……」
早乙女「おかげで助かったけぇ……とにかく今は休んで……!」
来玖 「そういやそんな子とこの間会ったな……。体を大事にしてくれてるとなあ、いいんだけど」

▶急に目の前にピンクの扉が現れ、ボロボロの祓川がやってきますね。君たちを見ると、安心しきった顔で、優しくほほえみます

祓川「みんな生きてるじゃん。良かったよ、――あーでもそっか。私と違ってひとりじゃないのか」
稲生「その感じだともしかして1人で……うへぇ……」
来玖 「いや一人であの量捌いてたんですか。出来が違いすぎる……」
風鳴 「生憎と1人で生き残れるほどじゃねぇからな。終わったのか?」

祓川「まあね。せんぱいももう戻ってるよ。後は強い人に任せて帰ろっか」

――光綿市 光綿支部紅葉――

▶戻ってくると、瀬川の片腕がなくなっていますね。治療はされてますが、痛々しい見た目です。瀬川も嬉しそうに出迎えてくれます

瀬川「よく全員生きて戻ったね。そこまで強くなると夜叉の中でも上の方になるんじゃないかな」
元木 「……何言ってんすか、一人で片付けた人に言われても嫌味にしかならねぇっすよ」
稲生「えっ……瀬川さん……腕、腕が……そんな……」
花園「ッ!……瀬川さん、その、腕……」
早乙女「瀬川さん腕どうしたんけ……」
風鳴 「はー、らしくねぇことしたなおっさん」
浅倉「戦えないって言っていたのに、前に出てたんですか?」

瀬川「いやいや、夜叉としての本懐を遂げただけだよ。まだ戦えるから、大丈夫さ」

花園「戦えるかどうかと戦って欲しいかどうかは違うもんですよ」
祓川「こういう人なんですよ。昔から止めても聞かないんです」

瀬川「それはともかく、よくみんな無事だった。立てこもりも解決したみたいで、犯人の供述によると、ジャンヌの涙は全て神上に捧げるって言ってるみたいで話題もそっちに流れたんだ」

花園「解決……したのか?それ」
椿「それが、してないみたいでね」

▶椿が急にピンクの扉から出てきます

浅倉「そんな……それじゃあまだ、兄さんが……」
元木「――兄弟がいる奴ってみんなこんなもんなのか……?」
来玖「かけがえないものってことじゃないですか。僕もそうですし」
花園「ヨソは知らんが、俺のとこはこの世で唯一の肉親だからな。……正直、コトの元凶がいるならぶっ飛ばしてやりてーくれーだ」

椿「私達の同期に、花染ってやつがいてね。そいつが言うには、”清浦真帆が皇に護送された”らしい。目的は果たしたから別に筋を撃たれてもいいんだと。これだから狂信者は」
椿「そのうち、皇の施設に潜入することになる。君たちにも手伝ってもらうよ。じゃ、報酬は送っておいたから息災でね」

風鳴「皇、ねぇ」
瀬川「よかったじゃないか。椿さんに認めてもらえれば、紅葉をやめるのも視野に入ると思うよ」
花園「それは助かるな……正直、本業してた方が気が楽だからな」
稲生「夜叉業だけ辞めてアルバイトだけしていたい……」
祓川「紅葉のほうが良かったって言うかもしれないけどねー」
元木「……そうっすよ、ヨソはもっと厳しいかもしれないすから」

瀬川「冬泉から大量に資金をいただいたから、それで準備を整えるといい。裏通販も教えておくよ」

さいごに

ということで、2年越しのリベンジをしたS16でした。
耐久系のセッションは案配が難しく、ふとしたことで全滅が見えるのであんまり出来ないのが困るところです。
2年前に山に篭って耐久をするセッションをしたのですが、その時は本当に朝日が見えたのでちゃんと0時近くにおわれただけでもかなり自分を褒めれるのかな、と思ったりします。
それでは、
ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事