13のゲームとかの話(仮)

Xbox One発表!

2013/05/23 00:06 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • Xbox
  • Xbox_One
  • Microsoft
  • 次世代機
  • Kinect
PS4に続きこちらも発表されました。
次世代Xboxとなる、Xbox One.



で、次世代据え置き機におけるどうたらこうたらってのはPS4の時に話したので、Xbox Oneの発表で驚いたことをつらつらと。

まず、まあ、PS4でもそうだったんですが、マイクロソフトはこれをゲーム機ではなくリビングガジェットとしていること。
リビングの真ん中にこれをおいてどうたらこうたら、ああだらこうだら。
1つの画面でテレビ見ながらゲーム出来るんだってさ。
据え置き機を置いてもらうということを考えると方向性としては、まあ間違ってはいませんね。
自分は使えるように使うので、これといった感想はありませんが。

んで、本題。リビングの機能として、Xboxが抜きん出てるもの。
ズバリ、今回標準搭載となった、Kinect
Xboxが次世代になったのなら、Kinectも次世代だ。
で、この次世代Kinectがとんでもない。
基本的な視野角度や、解像度が上昇してるのはもちろんのこと、
っと、分かりやすいから、Engadgetから引用すると、

・ハードウェア・ソフトウェアの強化により、骨格認識の精度が向上。指や手首まで認識できる(どこまで認識するかは距離による)。

・従来のような関節位置だけでなく、関節の向きも認識 (写真の下、左から2番目の Orientation)。手のひらがどちらに向いているのか、頭を傾げているか否かだけではなくどちらを見ているかなど。

・人体物理モデルを使うことで、筋肉や力、重心も取得。姿勢と動きから、どの筋肉にどの程度の力が加わっているか、どちらの足にどの程度の重みがかかっているか、など。片足立ちすれば全体重が片足にかかるのはもちろん、ジャンプして着地(ゼロから落下分)、パンチしたときの力なども読み取れる。

・さらに心拍数も取得可能。マイクロソフトの解説いわく、これはRGBカメラとIRカメラで肌を撮影し、血液の流れによる微妙な変化から推定する方式とのこと。

・表情認識。従来の Kinect でも距離と条件さえ良ければ表情認識ができましたが、新 Kinect ではさらに精度が向上しています。

だってさ。
ついでにこのレベルで6人まで認識できるんだって。
Kinect1つで健康診断できるで。
みんなでホラー映画みたら、誰がビビってるか1発でわかるで。

この、とんでもないKinectはリビングガジェットとしてはかなり面白いんじゃなかろうかと思っています。


あ、あと肝心なゲームの話。
互換性なしは驚きました。360も一緒に遊びたいなら、ちょっと工夫しないとね。
えー、Xbox One対応のMHFをお待ちしております。
ゲームのプレイを録画してクラウドストレージに保存する機能があるみたい。PS4にも似たようなのあったね。プレイ動画が作りやすくなるね。
今年のコールオブデューティーが出るみたいですね。
今年は、Oneでやるのかな―。
まあ、実際のところでてみないとわからないのでこんなところで。


要は、本体よりもKinectに驚いたってことだ!

---
今日の猫さん







「近未来な感じがするニャ」


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事