将棋の常識定跡

【飛車先不付き棒銀】#2△2四歩と△2四銀への対処法【将棋の定跡】

2015/05/01 20:02 投稿

  • タグ:
  • 中級者以上
  • 棒銀
  • 居飛車対居飛車
  • 将棋
  • 飛車先不付き棒銀
先ほどの動画の終わりの局面から解説していきます。

【基本図 (先ほどの動画の終わりの局面)】
17bb6a4039df6bab2b8a9933f82ed00915886523




基本図からの指し手
△2四歩▲3七銀△7三桂▲2六歩△5三銀▲2五歩△同歩▲1七桂(途中A図)△2四銀▲2五桂△2三歩▲2六銀(結果1図)

先手の狙いは▲2五銀と銀をドンドンと前進させていくことです。そこで、後手は先手の銀の前進を防ぐために△2四歩と突いたします。

これは結論的には後手の悪手なのですが、以下を見ていきます。
△2四歩

先手はここで一度銀を引くのが妙手です。
▲3七銀

後手は無難な手を指してきます。
△7三桂

先手は一度銀を引いてから歩を突きます。
▲2六歩△5三銀▲2五歩△同歩

そして桂馬を跳ねます。
▲1七桂(途中A図)

これで先手良しです。以下先手ペースで進めていけます。
△2四銀▲2五桂△2三歩▲2六銀(結果1図)

結果1図は先手は労せず飛車先の歩を交換できましたし、桂馬も跳ねられて銀も6段目まで来ています。
後手はまだ攻めが整っていません。こうなれば先手優勢です。


【途中A図 ▲1七桂まで】
ea26b829794806dcca5f03332ee8ba144b6b3404

【結果1図 ▲2六銀まで】
40fa9e10bac8eac3f9356ccd612e0cfd48f4d497




基本図からの指し手
△2四銀▲3七桂△5三銀▲2五銀(1図)

基本図まで局面を戻します。
△2四歩では▲3七銀〜▲2五歩となってしまうことが分かりました。

そこで後手は、△2四銀と指します。この手の狙いも先ほどの△2四歩と同じで、先手の▲2五銀を牽制しています。
△2四銀

先手は構わず攻めて行きます。ただ、いきなり▲2五銀だと捕られてしまうので桂馬を跳ねます。
▲3七桂

後手は無難に指してきます。
△5三銀

そしてから銀を繰り出します。
▲2五銀(1図)

【1図 ▲2五銀まで】
925450888a0bad8b9bc99f75a31ded80a64387d0



1図からの指し手
△2五同銀▲同桂△2四歩▲2六歩(2図)

後手は銀を取ります。
△2五同銀

先手も銀を取ります。
▲同桂

後手は桂馬を取りにきます。
△2四歩

ここで先手はじっと▲2六歩です。この手が飛車先不付き型の棒銀のポイントとなります。
▲2六歩(2図)

【2図 ▲2六歩まで】
e0412ac5b79bf51509c6fb43f1de79da85c70db9



2図からの指し手
△4五歩(3図)

2図で△2五歩には▲同歩(B図)と歩を伸ばします。B図から▲2四歩〜▲2三銀が強烈です。後手はこの桂馬を取る事ができません。

そこで後手は△4五歩と指し手きます。
△4五歩(3図)

【B図 ▲2五同歩まで】
af8ab8587ef7962ec29d7463e311d61d9bf9712c

【3図 △4五歩まで】
0ce580a694c56b52ef9867b61bfdad2730393954



3図からの指し手
▲1三桂成△同香▲2五歩△同歩▲1四歩△同香▲同香△2三銀▲1三銀△3一玉▲2二歩(結果2図)

先手は桂馬を捨てて1筋から攻めます。
▲1三桂成△同香

ここで先手は▲1四歩より先に▲2五歩を指します。飛車と角を攻めに効かすためです。
▲2五歩△同歩

そして端を攻めます。
▲1四歩△同香▲同香(結果2図)

後手は懸命に受けてきます。
△2三銀

先手は攻め倒します。
▲1三銀△3一玉▲2二歩(結果2図)

後手は結果2図ではもう受かりそうにありません。だからといって早い反撃もありません。結果2図は一方的に攻めている先手の優勢です。

【結果2図 ▲2二歩まで】
08367c7eba2b3d03b7e62cba0113c003434038c5

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

将棋の常識定跡

だいやん

月額:¥880 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

将棋の常識定跡

将棋の常識定跡

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細