まとめブロマガ

失敗についての感情は活用次第で諸刃の剣になる (米研究)

2018/12/09 20:23 投稿

  • タグ:
  • 失敗
  • 研究
  • 科学
  • 雑記


失敗とは


失敗 は人生の一部分であり、我々はほぼ毎日ミスを犯します。
どのように対処し、処理すべきか。


学者、主流メディアは、簡単な解決策を提供する傾向がありますが、それは物事が悪化している可能性について考えさせることはありません。


これらの自己保護の考え方は通常、気分を向上させ、人生をより良いものえと変化させると思います。

しかし、それらの知恵は、ほぼ何か欠けています。

ポジティブシンキングな考えで単純な解決策を選んだら間違いを繰り返す可能性が低くなるとは限りません。


ノエルネルソン、ババシブと私は失敗についての気持ち悪いの可能性上部を探ることにした。





痛み

人間の進化と生存に重要な役割を果たすと思われる。たとえ不快であっても、我々は否定的な感情で成長していきます。

なかでも、否定的な感情は、環境や身体の影響への問題に注意を払うよう指示します。

だから、あなたが否定的な感情を避けるならば、注意を必要とするものを避けているかもしれません。

失敗に関連する否定的な感情に集中することは、自己改善につながります。





実験

失敗について一連の実験をしました。


研究では、2段階のパラダイムと呼ばれるものを使用しました。

参加者の半分に、失敗に対する感情的な反応に焦点を当てるように依頼し、残りの半分には、無関係な考えに焦点を当てるように指示した。



1、参加者に特定のブレンダーブランドとモデルの最低価格を検索するよう依頼しました(成功した場合は現金価格を獲得する可能性があります)。

2、タスクは改悪され、結局のところ参加者は最も安い価格が見つけたものよりも3.27ドル安くなったと言われました。

3、私たちは彼らに、彼らがどのように感じたかを書面で反映するように頼んだ。


、一方のグループには失敗に対する感情的な反応に焦点を当てるように依頼し、残りの半分には無関係なことを考えさせ、本を贈り物として欲しがっている友人の誕生日に行くと想像してもらうように指示しました。私たちは、見つけた本はお買い得だと言いました。






結果
仕事に失敗した後に否定的な感情に焦点を当てるように指示された参加者は、自分の感情を解析することに時間を費やした人よりも低価格の本を探す時間を約25%増やしました。


彼らの失敗に集中していた人たちは、自分がどのように感じたかに重点を置くのではなく、保守的な対応を取っていました。 「その価格を見つけることは不可能だっただろう」


自分の感情を解析する時間を費やした参加者は、自己改善に向けた考えを生み出しました。「私がもっと長い時間を探していたら、私はその価格を見つけました。 "私はあまりにも早くあきらめた。"」






実験

失敗後の精密度調査


手ごろな価格の本(オリジナルの仕事のような価格検索を含む)を見つけるように参加者に指示するのではなく、友人が望むと思った本を見つけるように頼んだ。




結果

この場合、参加者が最初の課題の後に感情や思考に集中していたかどうかは問題ではなかった。

・彼らは2番目のタスクが元の失敗したタスクと多少類似している場合にのみ改善が行われた。






オハイオ州コロンブス 大学の研究


失敗の痛みを感じることは、何がうまくいかなかったかを考えるよりも、あなたの間違いを正すことにつながります。



失敗の改善策ばかり考えた人々は、なぜ失敗したのかを勘違いする傾向があり、同様の状況に直面した場合にはそれ以上の努力をしなかったことが分かりました。

対照的に、失敗後の感情に集中した人々は、再試行したときにもっと努力しました。





  研究社曰く、
失敗の感情ではなく、出来事だけ反映する人々が同様の過ちを避ける方法に集中する傾向がないことに気付きました。ほとんどの人々は自我を保護することに焦点を当てる。とにかく、失敗が自分のせいではなかったか、それがいかに大したものではなかったかを考えます。





実験

研究者はいくつかの研究を行った。


1つは、98名の大学生に、特定の特徴を持つブレンダーをオンラインで検索し、最低価格を見つけた場合に現金賞を獲得する可能性があることを尋ねました。


・自分が勝ったかどうかを知る前に、参加者の半分が勝ち負けに対する感情的な反応に集中するように言われました。

・一方、残りの半分は、自分の考え方に焦点を当てるよう指示されました。

・しかし、価格検索の仕事は手直しされており、すべての参加者は最低価格が見つけたものよりも3.27ドル安いことを知った。



研究者は、新しい課題への参加者の努力が、以前の失敗を含む自分の思考や感情に焦点を当てているのかを調査しました。



実験2



・半数は、限られた大学生予算のために最も適した友人のためのギフトブックを探すよう求められました
。最初の仕事で指示されたように、最低価格を探していました。

参加者の残りの半分には、友人のための贈り物として最善の選択肢となる本を探し出すという、仕事が与えられました。




結果


・感情的に動機づけられた参加者は、以前の失敗の痛みに悩まされていたのではなく思っただけの参加者よりも、低価格の本を探して約25%の時間を費やしました。

2番目のタスクが最初のタスク(最も安いものではなく、最高の贈り物を探していたとき)に似ていないときに、参加者の努力に大きな違いはありませんでした。

・参加者が最初に失敗したことについての悪い点に焦点を当てたとき、次の機会では他の参加者よりも粘り強くなった。

しかし、これは、ほぼ同じ様な場面でないと効果は薄くなる。

・失敗について感情ではなく、出来事だけにフォーカスを充てていた参加者は自己防衛思考に陥り、自己改善を行おうとはしなかった。





失敗の痛を避けるのではなく、その痛みを改善する思考が重要



失敗の感情に焦点を当てることで、さまざまな考えや行動が引き起こされるようです。
おそらく、あなたが失敗した後の気持ちを反映すると、その気持ちをもう一度経験することを避けるでしょう。

失敗を感じることは良いことかもしれませんが、これが心を傷つけるという事実は変わりません。間違いを犯した後、本能的に自己合理的な思考を持っている傾向がある理由があります。


これを改善のために使用してください。あなたが気分が悪いことに焦点を当てれば、同じ過ちをもう一度繰り返さないように、頑張ることができるでしょう。





 研究曰く、
「失敗に対する感情的な反応が傷つくことがあります。彼らはあなたを悪く感じさせます。そういうわけで、人々はしばしば間違いを犯した後で自己防衛的思考を考えることを選ぶのです。しかし、あなたがどれほど気分が悪いかに焦点を当てれば、解決策を見つけて、同じミスを繰り返さないようにもっと努力するだろう」




まとめ

 失敗した感情とき感情を重視するのは良いことだと思います。ですが、感情ばかりに気を付けて行動すると、今度は新しいことに挑戦、リスクを伴った行動が出来なくなる可能性があります。下手をすれば、心身の不調をきたすことも…。

 なので、気をつける点は、
 ・重大な失敗は感情的に悩むのはOK
 ・軽度な失敗はできるだけスルー(反芻思考で鬱になる危険性も考えて)
 ・どんな悩みにしても改善方法を必ず考える

 以上をベースにして改善するのが無難だと思います。










https://news.osu.edu/want-to-rebound-from-failure-feel-the-pain/
https://theconversation.com/the-best-way-to-deal-with-failure-84418




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事