まとめブロマガ

転職や就活について全体的に悲観すぎる件について

2018/09/11 00:00 投稿

  • タグ:
  • 就活
  • 転職
  • 動画紹介


  




  資格を持つことが、転職で有利かというと、絶対にそんなことありません。(自動車の免許等は例外)


 ざっくりいうと、資格とは経験だけでは補いきれない側面を、試験をとうして審査し許可されること(法律上の言い回しとは異なります。)



 つまり、国から限定された技術の取り扱いを許可されるということ。(例えば、自動車を運転できる)



 
 知識面では有利になる、またはもっていた方が評価されるなどといった話はほとんど嘘です。(というか本当に必要なら就職したら取らされる。


 例外があるとすれば職務上での実務経験があり、かつ資格をもっているといった場合のみです。こういった場合は技術者として雇われる可能性が高くなります。



 ですから、やはり仕事で実際に扱うか、職業訓練等でしっかりと技術を磨くかなどがいいと思います。



 企業としても、

 ・資格の内容をよく分かっていない人事が多い(現場で役に立つか分かっていない)
 ・資格=作業が出来るわけではないと知っている
 ・難易度の高い資格をもって就活に臨んでも、結局未経験と評価が変わらない。 
 ・バイト、派遣先でも未経験お断りとかもある(簡単な作業でもさせて貰えない)


 以上の理由から
 資格を取得するだけで有利ではないと断言します。







  


 こちらは大学生用の動画ですが、就活についてほぼ間違ったことは言っていません。
 学歴、ルックス、エントリーシート、コミュニケーション、など本当に必要な情報をまとめています。

転職なら職歴(非正規、バイト、派遣でも可)
 

 面接で一番重要なことは第一印象です。自分と似ている人間を採用したいという心理が働いている訳です。(野球が好きな人間に悪い人はいない等…)


 ・ドアを開けて数秒で結果が決まっている。
 ・いいこと言ってもあんまり面接官の印象に残っていない。(見分け方られないのか…)
 ・面接官と気が合う。
 ・人員不足な企業は面接が楽(印象が悪くても何故か採用される。だが、これだけではブラックとは言いずらい)

 科学的側面からにみても面接は非効率といわれていて、なんでやってるのか分からないのが事実。(素人が30分で人間を判別しろとか普通に考えて無理では…)
 


 仕事についても昨今考え方が変わってきています。副業がOKだったり、在宅ワークが可能だったりと。




 最近では正社員が安泰であるとは言いずらくなってきました。



 だから、私は就職や転職で失敗したからと言って変に落ち込む必要はないと考えています。




 まあ、私はお金さえ稼げればいいという考え方なのでどんな手を使ってもいいと思います。
 (犯罪は不可)
 
















コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事