須磨恵一の多事雑感

白砂メンバーの競馬予想ブロマガ~NHKマイルCウィーク編

2019/05/04 00:24 投稿

  • タグ:
  • 競馬
  • 競馬予想
  • 京都新聞杯
  • NHKマイルC
【土曜京都・京都新聞杯】

【二原高速鉄道・須磨】
2000以上で上り最速を連発している◎ヒーリングマインドが大本線。マル外だが父タニノギムレットと日本になじみの血統。外回りの京都の長距離戦で鋭い切れ味の末脚を使えるとなると軸として信頼できる。相手筆頭は新馬戦以外上り3位以内の脚を使えている○タガノディアマンテ。皐月賞からの転戦組では最先着。最後方から悠然と追い込んで勝ったサートゥルナーリアとは0.8秒差。ここでは力上位だろう。
3連複1頭軸流し⑬から。⑬-③⑥⑦⑪⑫⑭15点。
【鈴熊艦営鉄道・篠池】
ここでの本命は人気薄になるがトーセンスカイ。父が京都との相性がめっぽう良いトーセンラー。未勝利上がりになるが展開がハマれば。
対抗はロジャーバローズ。前走7着大敗しているが勝ち馬との差は0.4秒とそこまで負けてないことと、京都での実績は十分。
3番手はアザレア賞の勝ち馬ヒーリングマインド。
他はオールイズウェル、サトノソロモン、フランクリン、ブレイキングドーンと抑え、人気サイドにはなるが星印はタガノディアマンテとした。
◎7枠⑪番:トーセンスカイ
◯3枠③番:ロジャーバローズ
▲8枠⑬番:ヒーリングマインド
△1枠①番:オールイズウェル
△3枠④番:ブレイキングドーン
△4枠⑥番:サトノソロモン
△6枠⑨番:フランクリン
☆5枠⑦番:タガノディアマンテ
・主な買い目
3連複1頭軸流し:⑪-①③④⑦⑨⑬(15点)
3連複フォーメーション:③⑪-③⑦⑪⑬-①③④⑥⑦⑨⑪⑬(24点)

【日曜東京・NHKマイルC】

【二原高速鉄道・須磨】
ここは桜花賞馬◎グランアレグリアから素直に。前走は後続を寄せ付けない強さで完勝。能力は一級品。改めて牡馬に交じっても遜色ない。昨年の2歳チャンピオン○アドマイヤマーズは芝の軽い東京に変わってどうか。
3連複1頭軸⑦-①③④⑥⑩⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱66点。
【鈴熊艦営鉄道・篠池】
G1馬が2頭いて頭が抜けてそうな印象であるが、例年波乱傾向があり荒れることも考慮して印を打っていく。
ここでの本命は桜花賞馬グランアレグリア。気性面の課題がありオークスではなくこのレースを選択してきたが能力面では群を抜いている。
ただ重ねて書くが気性面に課題があり、朝日杯でアドマイヤマーズに被され走る気を無くして敗れてしまった。枠の位置関係では朝日杯と同じ状況であることが不安点。条件では左回りが合う。
対抗はグルーヴィット。初の距離延長にはなるが1ハロンの延長は特に問題はなし。鞍上も来日2日目で重賞初制覇したレーン騎手と鞍上も大幅強化。
3番手はカテドラル。本来は中段より前目に競馬をしていたが、前走は大きく出遅れて直線で一気に差し切っての2着。前走を除き重賞では大惨敗を繰り返していたが、上がりの脚を使えることを考えると怖さはある。東京の舞台も問題なし。
他の穴候補としてプールヴィル、マイネルフラップ、ヴァルディゼール、ハッピーアワー、ヴィッテルスバッハと抑え、星印はダノンチェイサーとした。
ほぼ消しに近い×印はアドマイヤマーズ。条件は前回よりも好転するものの鞍上が絶不調な点と、ほぼ大外に近い枠とこの馬にとっては外すぎるのではという印象。
人気サイドの中ではかなり怪しいと見ている1頭。※東京芝1600mの大外が極端に不利というわけではないことを補足します。
◎4枠⑦番:グランアレグリア
◯3枠⑥番:グルーヴィット
▲5枠⑩番:カテドラル
△2枠②番:プールヴィル
△3枠⑤番:マイネルフラップ
△4枠⑧番:ヴァルディゼール
△7枠⑭番:ハッピーアワー
△7枠⑮番:ヴィッテルスバッハ
☆2枠③番:ダノンチェイサー
×8枠⑰番:アドマイヤマーズ
・主な買い目
馬単フォーメーション:⑦③-②③⑥⑦⑩⑮(10点)
3連複1頭軸流し:⑦-②③⑤⑥⑧⑩⑮(21点)
3連複フォーメーションA:⑥⑦-③⑥⑦⑩-②③⑤⑥⑦⑧⑩⑭⑮(29点)
3連複フォーメーションB:⑦-③⑥⑩-②③⑤⑥⑧⑩⑭⑮(18点)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事