すこしづつ、すこしづつ

【AviUtl・小ネタ】分割シャッフルを使ってブロックノイズを作るんじゃ

2016/04/20 17:30 投稿

  • タグ:
  • AviUtl
  • AviUtl講座
  • ブロックノイズ

◆概説

ブロックノイズとは…画像検索してもらえば理解が早いと思いますが



こんなの。

これをAviUtlで再現しようとすると、いくつか方法が思い付きます
標準のエフェクトでいえば、ディスプレイスメントマップとか
マスク、モザイクを組み合わせるとかが挙げられますかね
しかし、なかなかうまくいかない

ここでは追加プラグインの「分割シャッフル@Aulsアニメーション効果」を使った
自己流のブロックノイズ作成方法を解説していきます

ある程度の知識(フレームバッファなど)を持ち合わせていることを前提でお話しします
各用語が分からんかったらその都度ググろう

◆DL◆



こちらのサイトの、"アニメーション効果"のリンクよりzipをダウンロードします
解凍したら、anmファイルとdllファイルの2つをAviUtlのプラグインフォルダに入れることで
@Aulsアニメーション効果 というエフェクト群が選択できます

◆そもそも◆

そもそも、分割シャッフルというエフェクトは
オブジェクトを分割して、各マスを入れ換えるというものです
なんだ、まんまじゃないか なにも難しいことはありません



横/縦分割数 と 交換回数 はオブジェクトを何等分するか、何回交換するかそのままの意味です
シード値というのはいわば変数で、値を変更するごとに交換結果が変わります
逆シャッフルはよくわかりません!!!


ちょちょいとフレームバッファに掛けてみます





うーんなんとなくそれっぽい!
あとは色調などの追加調整をすれば完成なのですが…

ここで問題があって、シャッフルした部分(もといノイズとして表現したい部分)にのみ追加でエフェクトを掛けるということができません
よりリアルっぽいのを目指すのなら、もう1工夫必要です

◆ちょい応用◆

フレームバッファを作成し、画面外へ移動します
基本効果>領域拡張を追加して、レイヤーの範囲を画面内まで拡張します

ここで分割シャッフルを掛けます
すると、シャッフルが掛かった部分のみ画面内に表示されることになります
しめたものですね



掛けるエフェクトの前後関係としてはこんな感じになります
これに加え、上述のように色調調整や合成モードの変更など追加調整行うことで
1ランク上がったような見た目になる感じです

時と場合とお好みで、色ズレとか振動も追加するといいのかも

◆おわり◆

設定サンプルを置いておきます
あまり出来は良くないですが、少しでも参考になれば良いです




このサンプルにおいては、移動量の変更は全て直線移動です
ランダム移動でも良いですが、ブロックノイズを再現するということなので
めまぐるしく変化させ過ぎるとなんか違うような気がします

1つのレイヤーで済ますよりも、分割数の異なるものをいくつか重ねるとそれっぽくなります
合成モードについては、元の素材によって向き不向きがありますので
あーでもないこーでもないと試行錯誤しながら調整していくのも楽しいと思います

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事