ジーザス クライストの気まぐれブロマガ

FF14 ザ フィーストの話(基本)

2016/03/11 14:41 投稿

  • タグ:
  • FF14
  • PvP
  • フィースト

※この記事はシーズン1~3の情報です。シーズン5以降は別ゲーとなっておりますので参考になりません。

どうも ジーザスです( °ω°)
実装二日目ソロフィーストタンク224戦目でシルバーに到達しました。
シーズン1・2・3に竜詩でランクイン。シーズン4はFFを休止しておりました。



そんなプレイヤーが今回FF14で実装されたPvP 4vs4 ザ フィーストについて初心者向けで書きます。当然ですがここに書いてあることが全てではなく状況に応じた判断が必要です。
チーム戦なので【足並みを揃える】【仲間に何をするのか伝える】これが勝敗を大きく左右します。相手との実力差もあります仲間への助言はあっても暴言はやめましょう。当たり前ですが助言も言い方次第では暴言になります気を付けましょう。また言われた側も助言を聞き入れる気持ちが必要です。
気持ちのいいスポーツ精神でやさしいせかい˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖


軽い気持ちでカジュアルにプレイしたい人は8vs8に行きましょう。4vs4はランクマッチと言ってランキングに関わるガチ対戦場です。自分だけでなくメンバーのランキングにも大きく関わります。いきなり4vs4に行くと大抵良い思いは出来ませんw

まずは公式のルールブックを読みましょう>公式
PvPアビリティなど基本中の基本を知ってから参加しないと痛い目を見ます( °ω°)
PvPアビリティはどれも強力です。効果・仕様を良く理解しましょう。ウルヴズジェイルにいる木人などに撃ってみるのも良いと思います。
PvPアビリティの浄化は味方にも使用出来ます。ヒーラーはPTの生命線です、優先して使ってあげましょう。
プレイヤーのランクに関わるチーム戦です。最低限のルールを覚えて参加しましょう。

FTマクロ
/ft <t>
マクロ15行埋めます。これを連打しながら移動すると相手の方向を見ながら後退出来ます。方向指定を取らせ辛くしてかつAAを入れ続けることが可能。前進のみする場合はロックオンでも可能。このマクロの利点は後退しながらも敵の方向を見続けられる点です。1行目にWSを仕込めばWSを出しながら敵の方向を見続けることが可能。
※修正により戦闘中FTマクロは無効化されるようになりました。

・基本

ルール

開始時4人各100枚コイン所持(チーム合計400枚)

コイン600枚(8vs8は1100枚)先取 もしくは タイムアップ時にコインの枚数が多いチームの勝ち


倒されると現所持コインの半分を落とす 倒したチームメンバーならば誰でも拾うことが可能

コインを取得すればするほど所持者にデバフが付いていく
※デバフ1に対して被ダメージ15%増加 デバフ9まで溜まり最大被ダメージ135%増加
※3/17のパッチで10%から15%に変更

まずこのルールを理解しなければならない。同じ敵を倒してもコインの取得量は半分半分と減っていき例えば同じ敵を何十回倒し続けてもコインは最大でも100枚しか得られない。倒した総数が多い方が勝ちではないのでそこを理解しましょう。しかし、戦略的に倒してしまわないと厄介な相手や、ヒーラーがコインを持っていなくとも倒してしまえば壊滅を狙える場合など考えなくてはいけない場面はあります。

例えば4vs4の場合死なずに敵4人を1回づつ倒せば勝ちです。
死なずにヒラ1回・DPS二人を各2回倒しても勝ちです。

コインは倒れたプレイヤーの下に落ちます。倒したプレイヤーでなくても拾うことが可能。
つまり固いタンクが拾えば相手は固いタンクを攻撃せざるを得ない。
逆に突撃して攻撃しまくりたい人は腕に自身がある人以外デバフが付かない149枚やむを得ない場合デバフ1の169枚までに留めたほうがいいでしょう。倒された時点でより多くのコインを渡すことになります。
※3/17パッチによりタンクでも209枚までが安定になりました。タンクが200付近になったら他の人が拾いましょう。終了時間間際以外でタンクが210枚を超えると耐えきれずほぼほぼ負けます。
※相手がリスポーンするタイミングまでに拾わないとコインは相手チームに戻ります。やむを得ない場合は拾いましょう。(ただし209を超える場合コインが相手に戻った方がマシです)

ヒーラーは取捨選択が重要でコインの多いプレイヤーを重点的にヒールしコインの少ないプレイヤーは心を鬼にして見捨てる覚悟も必要です。コインの少ない人にアビリティを全部使ってしまいその後コインを多く持っている人を助ける手段を失っては元も子もありません。

逆に死んで所持コインが少ない場合積極的に囮になりましょう。囮は死ぬ事にあらず、いかに時間を稼ぐかです。火力が高ければ相手もたまらず狙ってくるでしょう。



フィーストが始まると画面にこのようなUIが表示されます。
上部の大きい数字がチーム合計コイン数 これの大きい方が勝っているということです。
プレイヤーの名前とジョブをここで確認しましょう。

まず開始まで1分の作戦タイムがあります。ここで作戦を決めると勝率は格段に上がります。
指揮を取る人がいればやりやすいでしょう。指揮官が複数名乗り出た場合は譲り合いの精神が必要、俺が俺がになるともうわけわかめになります。
人に伝えるためにはマクロが必須です。睡眠させる場合や仲間に何かして欲しい場合は音の鳴るマクロを作りましょう。



準備時間が終わるとすぐさま各軍にディフェンダーボックスとオフェンスボックスが沸きます。
オフェンスボックスからは3分攻撃力アップするオフェンスキットが取れます。腕に自身のあるDPSが取りましょう。DPSよりも上級プレイヤーの戦士・暗黒がいる場合はタンクが取るのも有りです。
ディフェンダーボックスからは3分防御力アップするディフェンスキットが取れます。最初に狙われやすい人が取りましょう。現在のセオリーはオフェンスディフェンス両方1人が取るのが主流です。
※両方取れば固くて攻撃力のある恐怖のDPSが完成です。が、「自分は自信が無いな…」と思うDPSは発言して他の人に譲りましょう。
※ゲーム中盤(残り時間4分)中央マップにオフェンスボックス2個が再ポップします。
ボックスは余程の事が無い限り優先した方がいいです。自軍が強くなるだけでなく、敵軍の強化を阻止するためにも絶対破壊しましょう。



PvPでの基本はターゲットを一人に絞って全員で叩く タゲ合わせ が基本です。

開幕ターゲッターは誰かにターゲットマーカーを付けて一斉に攻撃を仕掛けます。
ターゲットする相手は場合によります。
最初の基本はディフェンスキットを持っていないDPS>ヒーラー>ディフェンスキット持ちのDPS>タンクです。
ディフェンダーキットを持っている相手は優先度が低くなります。
序盤にDPSを落とすことによって自分達が倒される心配が減り攻撃に集中出来ます。
ここで注意しなければならないのは一気に落とす為にフルバフで倒すことです。
一気に落とさなければヒールが追いつかれていつまでも落とすことは出来ません。
PvEと違って継続的に一番ダメージを出せるスキル回しではなく、一瞬で相手にヒールする猶予を与えない瞬発力が重要です。この為スキルの発動が遅いものと早いものをうまく組み合わせれば同時に強烈なダメージを与えることが可能です。この瞬間火力のことをバーストと呼ばれています。
このときヒーラーにベネディクなどを使わせたら回復されても諦めず攻撃し続けることが重要です。
アビを使わせたので相手に後は無いということなので諦めずに削り続けましょう。下手にターゲットを変えると防御バフなどで時間を稼がれてアビリキャ復活でループしてしまいます。(強化バフが切れて何もない場合ターゲットを分散して敵ヒールを辛くさせる作戦もあります)

【DPS】はフルバフを吐き出すことも重要ですが自分のHPも確認し狙われたら即座に防御バフやヒーラーの射線を切らない様に撤退することを心がけましょう。この際敵のヒーラー・キャスターの射線を共に切るように敵を誘導出来れば完璧です。※竜以外の捨て身は狙われていない場合のみ使いましょう。一人にでも狙われたら即切らなければ即死コンボ貰います。切れない環境なら使わないのが吉です。捨身を切るマクロを用意しましょう /statusoff 捨身 これで捨身を瞬時に切れます。
近接はAR(LB)が非常に強力です。ARを誰に撃つかの宣言マクロを用意しましょう。敵のHPを半分ほど削ってフェターウォードで妨害対策をしたうえでスタンまたはバインドして発動。このときftマクロをしないと視線切りされて不発で終わる危険性があります。
試合終了後のリザルト画面で自分はどのくらいダメージを出せたのか確認しましょう。他の人と比べてどうか タンクより出ていなければ論外です。


【タンク】はPvPアビリティのフルスイングをターゲット相手に入れてフル火力を叩き込んだ後にヒーラーへの妨害または味方を守る事に専念しましょう。※3/17パッチにより詠唱妨害が困難になりました。フェルクリーヴなどの一発のデカイ攻撃で詠唱を妨害するか、もしくはタゲ合わせ相手に追加火力として使うか判断しましょう。ヒラへの浄化も常に気を配りましょう。特にフルスイングは味方のバフを見てバーストに合わせられれば強力です。200枚付近までコインを拾いましょうそして間違っても209枚以上のコインを拾ってはいけません。戦犯になります。スタンなどでやむなく拾ってしまった場合は発言して速やかに死んでコインを相手に渡しに行きましょう(残り時間わずかなら逃走など絶対死なない立ち回りをしましょう)

ヒーラー】は全防御バフとインスタント回復アビリティ(ベネディク等)で守ります。慈悲陣(女神の慈悲)や精神統一の策などの非常に強力なPvPアビリティも忘れずに使いましょう他のプレイヤーに詠唱の妨害を受けた場合は堅実魔や専心、迅速魔。スタンや睡眠は浄化を使いましょう。※3/17パッチより詠唱妨害はHPの15%以上のダメージを受けた場合のみに変更されました。
睡眠された場合仲間に浄化を求めるマクロが必須です。女神の慈悲を置いた際のマクロやMPが無いので撤退したいなどのマクロも用意しましょう。フィーストにおいてヒーラーはプレイヤースキルを求められる重要なポジションです。相手のDPS次第で難易度が大きく変化するロールでコールド負け(タイムアップ前に試合終了)を何度も繰り返して改善出来ないならば正直向いてないです…。

仲間が倒れた場合は即座に敵を落とし返す もしくは 全力で自軍へ撤退です。
味方のヒーラーが倒れた場合即座に撤退しないと全滅も有り得ます。
この状況判断が重要です。

最初に半壊滅状態になってもメダルを取り返すチャンスはあります。相手がメダルを持っているということはデバフも多いということです。早々に諦める人はPvPに向いていないと思われるので参加しないことをオススメします( °ω°)



残り時間7分(試合開始1分後)で中央マップにアドレナリンボックスが沸きます。※破壊から1分30秒後に再ポップします。
ボックスによりダメージを与えたチームの一人が取得できます。取得するとLBゲージが半分溜まります。
近接LBは逆転のチャンスです。近接の人は最優先で取得するべきでしょう。(近接LBはHPMAXの相手に撃つのはNGです。確殺圏内のHPにしてからフェターウォード・スタンまたはバインドをして使いましょう。)
逆に相手に取られるとマズイです。相手に取られない意味でも破壊しましょう。
近接のゲージが溜まっていて尚且つボックスを破壊出来た場合、ターゲットを決めて近接LBを撃ちましょう。撃った後近接がキットを取得するのが望ましいので他の人は取らずに置いておきましょう。



相手の陣地まで攻め入った場合リスクが大きくなります。
相手を倒してもすぐその場でリスポーンする、自軍の誰かが倒された場合リスポーン地点が遠いため撤退・合流に時間を要する。
このとき階段でヒーラーの射線に注意しなければならない。突っ込んでヒーラーの射線が通らず逆転されては元も子もないです。
なるべくならば敵陣には行くべきではないでしょう。


あとはメダルの量に注意しながら誰を倒せば600枚に到達するのか、誰を倒せば逆転できるのか、残り時間逃げ切るべきか、残り時間で誰を倒さなければいけないのかを考えながら戦闘します。

残り時間わずかで勝っている場合は慢心せず生きることを重視しましょう。全ての防御バフ・スタン・バインド・睡眠・自軍高台からのノックバックで敵を落とす。やれる事全てを出して生き残りましょう。無理に敵を追ったりして近接LBを受けて逆転される、なんてのは目も当てられません。


耐性について
睡眠・スタン・ヘヴィ・バインド・暗闇耐性は最後に入れてから1分で消えます。フィーストにおいてこれらは非常に重要な状態異常です、意味のないスタンや睡眠(敵を落とせる重要な局面やバーストを止める場面以外)は味方への妨害にしかなりません。火力補助に足払いなどのスタン技を使うのは落とせる場面以外やめましょう。


以上が基本になります。
もちろんPvPは奥が深くセオリーはあっても必勝法はありません。
PvEと違って完璧にこなしたと思っても自軍を相手が上回ればどうにもなりません。
だからこそ面白い!


各ジョブごとの動きは要望があったら書くかもしれません( °ω°)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事