バウアーのブロマガ

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Glowing Rock! ライブ感想ライブ感想(出演者編)

2020/02/17 21:29 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターシンデレラガールズ
  • ライブ感想
おはこんばんにちは。
バウアーです。

年跨ぎの7thライブツアー、
いよいよラストである京セラドーム大阪へ到着。
ポップ、ファンキーと来てのロックテーマ。
元々ロック調の曲が多い印象は持っていただけに、
どんなパフォーマンスになるのか。

そしてシンデレラバンドとして参加される皆様。
これまで数多くの楽曲に携わり、
多くのPを魅力する楽曲を提供した頂いたことに、
この場で改め感謝の意を伝えたいと思います。
そして何より、
生バンドとして参加してくれることの嬉しさ。
こんなに近づいてくれるとは思ってもいませんでした。

そんなシンデレラ初の生バンドライブ。
今回もバウアー独自目線で三賞とMVPの出演者を
選出していきたいと思います。

尚、ふーりんこと福原綾香さんは既に殿堂入りのため、
ここでは省かせていただきます。
ご了承ください。

敢闘賞:佐倉薫さん、関口理咲さん

この二人を待っていました。
昨年シンデレラで大騒ぎとなったVelvetRoseペア。
その声を担当するこのお二方。
初めてのライブが万単位のドームだなんて、
相変わらずのスパルタ教育なアイマス陣営です。

お二方、
やはりとどこか固い印象もありましたが、
やりきったパフォーマンスはどれも想像以上でした。
「Fascinate」の披露はお二人の完全な支配の元、
多くのPの皆様へ感動を届けたのは間違いなしです。

技能賞:牧野由依さん、渕上舞さん

二日間のライブでアコースティックのパートを与えられた
出演者の中で、この二方はやはり凄かった。

久しぶりの「薄荷」の披露がアコースティックな上に、
本人の美声が合わされば天下一品のステージ。
加蓮の曲として何度も聞いてきた曲が、
新たな一面を見せた瞬間を目にできたのは嬉しかったです。

そして牧野由依さん。
まさか個人曲を合わせてくるとは。
デレバ163回目の放送で、
まゆの個人曲一曲目と二曲目が、
第一楽章と第二楽章としてつながっている節の
インタビューがあったと後ほど知り、
ますますこの曲の素晴らしさがアピールされ、
そしてご本人が気持ちよさそうに歌っている上で、
いつものハイパフォーマンスは天晴れでした。

殊勲賞:中澤ミナさん、星希成奏さん

総選挙で声が付いたアイドルを、
直ぐにライブに投入してきたこのライブツアー。
今回はこの二人。
お二人とも名古屋公演で発表されたサプライズゲスト。
方や地下アイドルとしての場数を踏んでいる星希さん、
一方はまだキャリアの浅い声優である中澤さん。
互いに担当するアイドルは違っても、
やり切る姿勢が各々違った形で垣間見れた二日間。
本当にお疲れ様でした。

MVP:松田颯水さん

ロックなアイドル。
これは長い議論になるのは間違いないテーマです。
その中で今回一番ロックなアイドルは誰だったのか。
最初はるーりーこと青木瑠璃子さんが
目立つのかと思っていましたが、
自分の目を奪ったのはさっつんこと松田颯水さんでした。

二日間で個人曲を歌う機会が設けられ、
更には二日目にカバーで「紅」を歌う。
元々シンデレラの中でも声量の高い方が、
その力を存分に発揮し、
テーマに沿ったロックなステージを誰よりも見せた。
そう思わずにはいられないほど。
あの方に目を奪われました。
ロックテーマのライブの中心に立っていたのは、
この方だったと自分は確信しています。

生バンドのシンデレラガールズのライブ。
率直に言ってもう一回実現してほしいと切望するほど、
良かったと断言できます。
普段聞いているCD音源のライブでは聞けない音が、
生で伝わってくる。
この魅力は決して色褪せず、
次回以降のどこかでまた実現すべき形式だと、
確信したライブでした。

今回は出演者で選出をしましたが、
次回は楽曲で見逃せなかった曲を中心に
セレクトしていきます。
次回記事をお楽しみに。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事