バウアーのブロマガ

ダイマを受けましたので自分なりにダイマ継投してみます。(今井加奈編)-26

2020/02/03 21:36 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターシンデレラガールズ
  • 今井加奈
  • ダイレクトマーケティング
おはこんにちばんは。
バウアーです。

アイマスアイドルの
ダイマ継投記事シリーズの第26弾です。

今回は「今井加奈」にスポットを当てます。




ザ・普通。
最初はそう思っていました。
リボン付きでツインテールの学生服。
このカード一枚では、
彼女の奥深さを表現するには不十分。
だからこそ自分は、
ダイマを受けて時に、
改めて彼女の内面と向き合う必要があると
感じました。

それでは彼女のアピールポイントを整理しましょう。

①メモその1:出会いは名刺に書いたメモから

その出会いは偶然でした。
遊園地ではぐれた友人を探していたらPと出会い、
そこでたまたま名刺にメモしてもらったことで
346プロへ導かれる。
Pとは知らない形で出会い、
可愛くなる秘訣を知りたくてPの勧誘に乗り、
そのままアイドルになる流れとなった。





メモは彼女のトレードマーク。
そしてそれがアイドル世界への入り口となった。
メモ魔がそのままアイドルになるなんて。
こんな形もあったものなのだなと、と思いました。

②メモその2:身体にメモすることを覚える

メモ魔である彼女は、
不安になると直ぐにメモを取り出して書き取ります。
これ自体に文句を言う人はそうそういないでしょう。
忘れないように書き残すのだから。

しかしデレステコミュではメモを一度置いて、
身体でダンスレッスンの内容を染み込ませることを指示します。
これにより彼女は身体で覚えるという新たなメモ書き手法を
体験しました。
しかしやはり不安な箇所が残るのも当然。
そこはメモの役目で書き取り、
内容が間違っていなかどうか復習をする。
非常に勤勉な様子が伝わってきます。





③メモその3:お客さんから自身の魅力をメモする

これまでお客さんに自分の魅力を聞き、
メモするようなことがあったでしょうか。
初LIVEの仕事前に、
メモしてきたことを暗唱してチェックする。
これ自体は何も変化はありません。





しかし彼女とメモのペアは独特の強さがあります。
まるで取材記者のごとく、
直接ファンからフィードバックを頂き、
それを残すことができるのです。
自分の魅力を自分で見つけ出すことは非常に困難。
ならばファンという他人に、
聞いて洗い出してしまえばいい。
そうして今後のアイドル活動に役立てる。
草の根運動に近いものがありますが、
これほど地道かつ地に足のついたアイドル活動は
そうそうないでしょう。

まとめメモ:

メモ魔なのは間違いありません。
ですが彼女とメモはいつだって一緒。
メモがあればその場で書き取り忘れない。
無ければ無いで身体で覚えることも忘れず、
その後にしっかりとメモを取る。
メモが多すぎてメモ管理がしっかりしているかが
不安かもしれませんが、
少なくとも言えるのは彼女は地に足の着いた、
しっかりと歩けるアイドルであると言えないでしょうか。

自分が持てる知識、
ダイマしてくださった
Pの皆様から受け取りました知識をベースに
彼女のダイマ継投をしてみました。
これで彼女の魅力が伝われば、
より一層輝くことでしょう。

次回は「伊集院惠」を
ピックアップ予定です。
次回の記事を楽しみにしてください。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事