バウアーのブロマガ

ダイマを受けましたので自分なりにダイマ継投してみます。(柳瀬美由紀編)-21

2020/01/28 21:05 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターシンデレラガールズ
  • 柳瀬美由紀
  • ダイレクトマーケティング
おはこんにちばんは。
バウアーです。

アイマスアイドルの
ダイマ継投記事シリーズの第17弾です。

今回は「柳瀬美由紀」にスポットを当てます。




あどけない笑顔が目印の彼女。
小学生の年少層に一見見えますが、
実は14歳の中学生。
年齢不相応に見えるほど幼く、
趣味にぬいぐるみ集めとあるほど、
全体的に幼い印象が前面に出ています。
しかし彼女との出会いは、
他のアイドルは違う形の出会いで、
数奇な運命を感じます。

①知人から預かった女の子

デレステコミュには各アイドルとの出会いが描かれています。
中には奇妙な出会いのパターンもありますが、
彼女ほど変化球な出会いのパターンはあったでしょうか。
まさか知人から娘を預かって欲しいという依頼から、
アイドルになる切っ掛けが始まるとは。

この預かって欲しいという内容について、
詳しく言及されていません。
強いて言うなら、
その知人は水産工場の人の経営者だとか。
どんな理由で彼女をあずけたのか気になります。

②ひょんなきっかけで目指そうと決めたアイドル道

前述の預かるという依頼を受け、
そのまま寮に案内したらTVで見掛けたことのあるアイドルが沢山。
これに触れて美由紀ちゃんもアイドルをやりたいと言い出します。
何の因果かPという立場がそのまま生き、
ダンスレッスンやボイストレーニングを
スムーズに体験できる恵まれた運の流れがあります。





本人は当初飛びいるなんて考えもしなかった世界。
でも楽しそうだから飛び込んでみよう。
そんな好奇心旺盛な部分が彼女のスタートアップです。





③カニ女子力のトップ

水産工場の経営者の父を持つ彼女。
だからといってカニを剥く技術が本職より上手ってどういうこと?
自分は水産工場で何の魚介類をどう加工しているかは知りません。
ですけどカニが固い甲羅を持っていて、
簡単に食べられないことぐらいはバイキングで経験済みです。

それを本職の人よりも丁寧にスムーズに剥けるなんて、
水産工場の人たちからコツを沢山教わったのでしょうか。
実際のカードもカニがカード絵柄に関わるカードが少なくなく、
柳瀬美由紀をカニアイドルにしたいとのでは?
という運営の意図が透けて見えます。

まとめ:
知り合いのPにお世話になる形でアイドル世界と出会い、
そこから楽しそうなアイドル世界で活動することを決めた
普通の女の子。
だが実は水産物加工では隠れた才能があるのでは?
そんな描写が描かれている、
まだまだ伸びしろたっぷりのアイドルが、
柳瀬美由紀なのではないでしょうか。

自分が持てる知識、
ダイマしてくださった
Pの皆様から受け取りました知識をベースに
彼女のダイマ継投をしてみました。
これで彼女の魅力が伝われば、
より一層輝くことでしょう。

次回は「岡崎泰葉」を
ピックアップ予定です。
次回の記事を楽しみにしてください。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事