バウアーのブロマガ

名刺に第二の趣味を反映させることに賛成です

2019/11/21 20:58 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターシンデレラガールズ
  • アイドルマスターミリオンライブ
  • アイドルマスターシャイニーカラーズ
  • 日記

おはこんにちばんは。
バウアーです。

「名刺に第二の趣味を反映させることに賛成です」


少し過去に自分は名刺のQRコードについての記事を投稿しました。
少しでもクイックにフォローしていただくためには、
大きめのコードが必要だという主張の記事です。

「QRコードは可能な限り大き目で!」
https://ch.nicovideo.jp/jack_bauer_imposter/blomaga/ar1826232



今回は名刺デザインについての話です。
これまで現場で幾度となく名刺交換をやってきました。
そして頂いた名刺の中には、
その方の第二の趣味がありありと分かるデザインの名刺がありました。

例えばある方の名刺は。
一見して分かる馬券のデザインを使っていました。
これは公演に出演される声優さんの中に、
別コンテンツの「ウマ娘」にも出演されている方がいらっしゃったため、
名刺のデザインに馬券のデザインを採用された方でした。

近年では大小に限らず、
アイドルコンテンツが沢山生まれている時代。
別のコンテンツのファンを兼任されている方も多いことでしょう。
そしてそれを逆に名刺のデザインに使って、
名刺そのものを差別化する。
それと同時に第二の趣味が通じる人を探す役目も果たしていました。

またある方は、
平成仮面ライダーシリーズ(以下平成ライダー)に登場するカードのデザインを
模した名刺を配っていました。
平成ライダーの中にはカードを使って変身する作品が幾つかあり、
作品を知っている方ならカードを見ただけで
どの作品がベースかが分かります。

またそういう方々は同時に変身ベルトを持ち込んでいる方もいて、
第二の趣味を隠すことなく披露するケースもあります。

自分はこういった第二の趣味を名刺に反映させるアイディアは大好きです。
何故ならその人と深く繋がれる可能性がより高まるからです。
基本的に現場に来る方はアイマスPです。

しかしその一方で、
他の趣味を持ち合わせている人も多々います。
先の平成ライダーの名刺を持っている方は、
ライダーだけでなく特撮作品好きの人でもありました。
自分も特撮が好きなので、
そういった方々とはお近づきになりたいと思っています。

アイマスには名刺交換という形で繋がりを持てますが、
他の趣味はどうでしょうか。
自分が仮に何かの趣味を持っていたとして、
どこかの趣味のコミュニティに入るかして、
集団に飛び込む必要が出てくるでしょう。
それは時にエネルギーが求められ、
性格的に億劫な方では難しい行為と感じられるでしょう。

しかしアイマスにおける名刺交換なら、
簡単に短い時間で済みます。
時に話が長くなるパターンもありますが、
互いの中を少しでも深められます。
そして次の方と名刺交換し、
また少し喋るを繰り返します。

自分はアイマスにおける名刺交換は、
ニンテンドーDSのすれ違い通信と似ていると考えます。
少しだけ触れて、少しだけメッセージをやり取りする。
現代向けなコミュニケーションで、
変なプレッシャーも無いやり取りです。
アイマスの名刺交換にはこの要素がある故に、
他の方とも繋がってみたくなる気持ちが湧くのではと、
自分は考えます。

そして先の第二の趣味を名刺にデザインした方々は、
より濃い関係を築ける切っ掛けを名刺に施しています。
ツイッターのプロフィールを確認するまでもなく、
名刺で自分はアイマスPであり第二の趣味を持っている。
これを主張して、
重なる趣味が沢山ある友人関係が出来上がったら、
こんなに素晴らしいことがあるでしょうか。
そんな関係の足掛かりになる可能性を秘めている名刺。
是非とも第二の趣味をあしらったデザインにしてみてください。

もしかしたら予想外のリアクションを得て、
そこから関係が発展するかもしれません。
やってみる価値は、十分にあるはずです。

以上がバウアーが考える、
「第二の趣味を名刺デザインとして伝えることの有用性」でした。
もし今後の参考になれば幸いです。

次回もまた別テーマで記事投稿の予定です。
それまで失礼いたします。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事