バウアーのブロマガ

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! MTG09,10リリースイベント 第一回公演感想

2018/08/19 22:41 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターミリオンライブ
  • シアターデイズ
  • ライブ感想
  • 日記
  • 雑記
おはこんにちばんは。
バウアーです。
今回は先週参加したミリシタリリースイベントのライブ感想記事です。

ミリオンライブのリリイベ参加はこれまで何回も経験がありましたが、
場所が恵比寿というのは初めてです。
リキッドルームと呼ばれるライブハウス。
店内には様々なバンドのライブ予定のポスターが貼られ、
歴史を感じさせてくれました。
気になったのはネットで見掛けた公演予定の中に、
矢井田瞳の名前を見たことです。
すっかり聞かなくなった名前を、
こんなところで目にすることになるとは予想外でした。
昔注目されていたころよりは活動が縮小しているのでしょうが、
アーティスト活動が続いているのなら、
本人にとっては良いことなのでしょう。

今回のリリイベに話を戻します。
今回は出演人数が9人と過去最大です。
4Luxuryと閃光☆HANABI団は先の5thライブで注目を集めました。
これまでの女性アイドルユニットとしてはリズミカルでアダルティな4Luxuary。
この暑い日が続く夏にぴったりの閃光HANABI団。
共にベクトルがハッキリと分かれ、
それぞれのユニットをしっかりと味わうことが出来ました。

今回参加したのは第一部。
MC担当はこーりーこと香里有佐さんと、
ぜっきーこと大関英里さん。
冒頭からたかみなこと高橋未奈美さんが緊張気味なこーりーさんに
私の背中を見なさいとすぐさま背中を見せるアピール。
自然とコメディチックになったのはたかみなさんのキャラ故でしょうか。

トークコーナーでは今回の曲、ドラマパート収録をテーマに進行。
最初は4Luxury組から。
特にこーりーはドラマパート収録が初めてだったとのこと。
まだキャリアが浅い声優さんであることを考えると、
アイマスで声優としてのキャリアを着々と積んでいるという感じが伺えました。
アダルティな曲を歌いたいと訴えてきたことがこういう形で実現し、
メンバー共々、嬉しさ溢れる収録だったようです。
一方の閃光☆HANABI団。
全員がプリンセス属性キャラ担当でありながら、
脳筋気味な色が濃いと突っ込まれながらも、
プリンセスは脳筋ではないと全員で主張。
また今回のグッズのリストバンドの花火風の柄が、
血が飛び散っているように見えたとうえしゃまこと上田麗奈さんがコメント。
遂にはユニット全体にダサさが溢れているという話にも移りましたが、
一周回って格好良いということで決着が付きました。
個人的には決してダサいとは思わないのですが。

一方でべーせんこと駒形友梨さんがすーじーこと末柄里恵さんと
積極的に絡もうとあれこれやっていました。
当然ながら他の出演者も気付かないわけもなく、
客と出演者に突っ込まれるべーせんは初っ端から注目を集めました。

そして大喜利コーナー。
第一回では4Luxury組がメインを務めることとなりました。
一番籤運に恵まれたのはやはりこーりーでした。
パーティ会場でシャンパンを飲みながらというシチュエーション。
シャンパンを嗜む歌織さんを見事に演じ切り、
キャラを生かして自分はノーダメージという乗り切りは場数を踏んできたからでしょうか。
その一方で意外性を見せたのはぴらみさんこと平山笑美さん。
コミケ会場でミリシタをプレイするというシチュエーションなのに、
いつの間にやら閃光組のメンバーを巻き込んで相撲が始まるというカオスっぷり。
担当キャラである北上麗花さんのような自由っぷりが発揮され、
予想以上の巻き込み大喜利となったのはこの回のハイライトと言えるかもしれません。

最後はお待ちかねのライブコーナー。
まずは4Luxuryで「花ざかりWeekend」。
初めてミリシタに登場したときから、
アイマスコンテンツ全体で見ても、
最高の成人女性アイドルユニットだと確信していました。
メンバーもそうですが、
この曲自体のキャッチャーな曲調とアダルティさが自分の求めていた曲そのものでした。
5thライブで初めて生で見て以来、
もう一度見たいと思っていただけに非常に楽しめました。

続いては「RED ZONE」。
先ほどとは打って変わってのカッコよさが前面に出ている曲。
カップリング曲ということで差別化を図っているのは明らかですが、
このメンバーであのようなカッコよい曲を歌うというのが、
ギャップが溢れて非常に新鮮でした。
惜しむらくはこの曲がアニバーサリーライブで
歌われる可能性は低そうだということ。
こんな格好良い曲なら、
アニバーサリーライブでも十分通用すると思うので、
単なるB面曲になるのは惜しいです。
是非とも次のアニバーサリーライブツアーで披露を。

3曲目からは閃光☆HANABI団組。
「咲くは浮世の君花火」は5thライブで初めて披露された曲。
初めて耳にした時はまさか新曲をぶち込んでくるとはと驚きました。
そしてCD化されて聞きこんでからは、
ゲーム内で展開されたように夏の暑い季節にぴったりの曲調でノリノリとなり、
夏祭りの気分になりました。
またこの曲でべーせんがセンターを務め、
熱いキャラクターを持つ彼女が中央に立つ姿はとても絵になりました。

4曲目は「BORN ON DREAM! ~HANABI☆NIGHT~」
曲名とは裏腹に盆踊りスタイルを前面に押し出した曲です。
夏と言えば盆踊り。
そんなステレオタイプ的な夏のイメージをそのまま生かし、
この日一番のコールが多かった曲となりました。
前の曲と合わせて、
ミリオンライブ流の夏祭りの雰囲気づくりを披露できたのが面白かったです。

最後は皆さんから挨拶。
気になったのはこの日全体的に疲れ気味に見えたぜっきー。
ステージ上はライトに照らされて、
しかもそこまでエアコンが効いて涼しいわけではない会場で歌って踊ってで、
すっかり疲れていたのが見えて取れました。
恐らく他のメンバーも隠しつつも実は疲れが溜まっていたことでしょう。
出演者の皆様に敬意を表します。

暑い夏のリリイベ感想は以上となります。
いつでもどこでも、
リリイベに当選すれば馳せ参じ、
全力でエンジョイするバウアーにとって今年の夏は
イベントの夏となっています。
プロミ2018に今回のリリイベ。
さらにアニサマ2018三日目と月に3回もイベントに参加するのはこれが初めてです。
夏の暑さで参ってしまわないよう、
十分に暑さ対策をしながら夏をアイマスと共にエンジョイする今年の夏は、
最高の夏になることでしょう。
そして今回のリリイベで、
最高の夏祭り気分を満喫出来て、
気分スッキリのバウアーでした。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事