岩上安身のIWJ特報!

【第443-448号】岩上安身のIWJ特報!電機産業は崩壊!? 凋落する日本のものづくり!岩上安身による『「空洞化」と「属国化」 ~日本経済グローバル化の顛末』著者 名古屋経済大学・坂本雅子名誉教授インタビュー前編(1/2)

2019/12/02 18:20 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

経済と企業の動き、そして企業のグローバル化が、国家の関係まで変える膨大なデータを読み解きながら日本経済凋落の真因を炙り出す――大著『「空洞化」と「属国化」――日本経済グローバル化の顛末』の著者坂本雅子・名古屋経済大学名誉教授、IWJ初登場!


岩上安身(以下、岩上)「皆さんこんにちは。ジャーナリストの岩上安身です。参院選の公示日まであと1ヵ月を切りました。つまり、約1ヵ月後には『答え』が出ているということです(※1)。

 『衆参ダブルはない』と、新聞が一斉に報じました。この一斉リークは油断させるための作戦ではないかと疑う野党の指導者もいます。しかし、参院だけの選挙ということは、それだけで圧勝できるという自信が与党にあるということ。

 たくさんの争点があります。IWJは、改憲の問題を絶対にゆるがせにできない問題として、ずっと追い続けておりますけれども、経済問題もこれまた大きな争点です。中でもアベノミクスの是非は語られるべきではないか。アベノミクスで金融緩和をやりましたが、これが果たして成功したと言えるのか、と(※2)。

 さらに、ここへきて、野党の対抗軸の中から一部、ほとんどアベノミクスと同じような主張、すなわち、いくらでも国債を増発して財政出動して大丈夫なんだ、破綻しないんだと。デフォルトもハイパーインフレも起こらないと、そんな左派のアベノミクスとも言うべき主張も出てきました(※3)。しかしながら、果たしてそれは本当なんでしょうか。金融政策に囚われている点で、共通してはいないでしょうか。

 本日ゲストとしてお越しいただいたのは、まさにそうした金融政策偏重姿勢、つまり、右派も左派も共に陥ってしまっている、金融政策だけ論じるのが経済政策だと考えるような観点がいかに誤りであるか、何年もかけて書き上げられた著書『「空洞化」と「属国化」――日本経済グローバル化の顛末』を通じて明らかにされたお方。名古屋経済大学名誉教授・坂本雅子先生です。坂本先生、初めまして。よろしくお願いします」

 

ここから先は有料になります

現在、入会を受け付けておりません。

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

【ご注意】このチャンネルは、現在新規入会を受け付けておりません。

岩上安身のIWJチャンネル

岩上安身のIWJチャンネル

このチャンネルの詳細