東方原作の攻略がメイン!?っぽいブロマガ( ・`ヮ・´)゚+..。*゚+

ストⅡ バルログ → ヒョーバル (`|´)∈

2014/04/04 00:41 投稿

  • タグ:
  • ストⅡ
  • ストリートファイター
  • バルログ
  • ヒョーバル
  • スパⅡ
  • ストリートファイターⅡ
(`|´)∈ ヒョー

こんばんは!٩(๑•̀д•́๑)۶

最近時間がある時にストⅡをやってます!
やった事がない人も知っているとは思います(*゜▽゜*)格ゲーです。

自分がやっているのはスーファミの『スーパーストリートファイターⅡ』っていうやつです。

持ちキャラ・・と言っていいのか、よく使うのはバルログ、その次にはリュウっていう
感じです。
バルログは単にキャラクターとして好きなので使い始めましたwでもつよい!

リュウは・・・強いですよね・・うん。リュウ強いよ・・・すごく強い。

どっちのキャラも知らないという人は画像検索してみてね!(⋈◍>◡<◍)。✧♡

勿論オンライン対応しているわけがないので、普通にアーケードモード?で
遊んでいます。

久々にやると、懐かしいのもありますがやっぱり面白い!当時の記憶が蘇ります(*´ω`*)


あ タイトルに「ヒョーバル」と書いてありますが、ヒョーバルってなんやねん!と
思われた方もいるかもしれません。

(ストⅡしないしどうでもいいんですが^^;という方は少し飛ばしてください(。・ ω<)ゞてへぺろ♡)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

一応説明しておきますと、バルログの必殺技の1つに壁を蹴って空中から相手を
奇襲する、という技があるんです。フライングバルセロナアタック?とかそんな名前です。

空中に舞う時にバルログが「ヒョオオオォォ」という非常に甲高い声を発するんですよね。

なので、その技を連続して使用するとヒョーヒョーうっさいんです。
後でも説明しますが、その技を連発するのは戦法?の1つとして一応存在・・・してい・・・
る・・・・のかな?してますよ・・ね?・・うん、してます。

ここまで言えば察しがついたと思いますが、単にその技ばかり使うバルログを
「ヒョーバル」と呼びます。バルログに対する蔑称だったり戦法の名前として呼ばれたり・・

ではどうして数ある様々な必殺技の中から、この技を連発する戦法にはこういった
名前がついたのか。リュウが波動拳を連発したり、
ケンが昇竜拳(大)を連発したり(←これは自滅しそう)・・・そういった戦略?には特に
なんの名前も付けられていないですよね(・‿・?)

恐らくそれは、単にヒョーバルが「非常に鬱陶しい」からだと思いますw
上手く決められると、恐らく波動拳を連発されるのよりも余程辛いはずです(*☍ω⁰*)

まあヒョーバルに鬱陶しい、うざい、は褒め言葉なんですがね!←ヒョーバル

ではここで、知らない人の為にこのフライングバルセロナアタックについて説明したいと思います。
本当誰得なんだろう・・

壁を蹴って空中を舞う時、着陸するまでにキーを左右に入力する事により、軌道を
変えることができます。
蹴る壁に飛ぶ時にも操作できます。三(((`|´)))三

空中を飛んでいる時は、パンチボタンを入力すると両手を広げて打撃攻撃を出すことができます。三(`|´)∈
これは打撃攻撃なので、相手はガードすることができます。相手もうまく飛んで打撃を
出すことにより、空中のバルログを打ち落とすこともできます。
チョッ(`|´(⊂(。◠‿◠。✿ )三

そしてもう1つが、相手の近くでキーを入力しながらパンチボタンを押すと、
相手を掴んで投げることができます。空中バックドロップみたいな感じです。
どう考えても実際やるのは無理な動きです(๑✧◡✧๑;)
これは投げ技なので、相手はガードで防ぐことができません。
ガードで防ぐっていう表現はおかしいですね・・。まあわかればいいよね!←

なので、打撃攻撃が来ると思って防御体制に入るとそのまま投げられたりします。

この必殺技は、上記の2つの派生?があります。

ここで重要なのは、「キーを左右に入力する事により、多少軌道を変えることができます。」
という所です!(`|´)∈
もちろん自由自在には変えられませんが、うーん・・・・実際やりましょう!(投げ出し)

つまり、相手を超えて奥に行って攻撃するか、
それとも相手の手前の位置で攻撃するかを惑わす事で、
格ゲー用語でいう「めくり」が出来ます。

「めくり」については、調べてね!(*゚▽゚*)
・・・と思いましたが、やっぱり説明します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分が右側にいて、相手が左側にいるとします。
相手がこちらに殴りかかってきたら、「右方向」 つまり後ろ方向にキーを入力して
ガードをしますよね。

でももし相手がジャンプ攻撃などで、自分を瞬時に飛び越え、殴ってきたらどうでしょう。
飛び越え という事は相手が自分の後ろ側、つまり右側に移動するということです。

自分はガードする為に右(後方)にキーを入力しています。
しかし相手は素早く自分の奥側、右側に回り込んで攻撃しています。なのでこの瞬間に
『自分が左側、相手が右側』という位置に変わってしまうんです。
すると、そのまま右キーを入力していると
前進、つまり相手のいる方向に突っ込んでいく形になります。なのでガードもできません。

飛び越えられ、位置が変わった瞬間にガードする為には「左」にキーを押し直さなければ
いけませんね。
しかしこれが瞬時に行われると反応しきれず、右キーを押している間に攻撃を受け、
ガードできません。

この戦法?を「めくり」といいます。相手との位置を変える方法は色々ありますが、
今回は「飛び越える」という例で説明させて頂きました。わかりづれぇ!

~~~~~~~~~~~~~~~めくり おわり~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

因みに打撃でも投げでも攻撃を受けた相手は1度ダウンします。
あ、これはフライングバルセロナアタックでのことです( ̄(工) ̄)

誰得なめくりの説明でちょっとグチャグチャになってしまいましたねw(*≧◡≦*;)

っていうかフライングバルセロナアタックって長いな!フライングバルセロナアタックって!
なのでフライングバルセロナアタックを「バルセロナ」と略します!(灬´ω`灬)

バルセロナの打撃攻撃を受けて相手が倒れたら、起き上がる前にまたバルセロナを繰り出します。
この時に空中で操作をして「めくり」を狙います。
そして起き上がった相手を瞬時にザクッ!と攻撃します。瞬時に、
というよりかはかぶせる感じですね。
すると相手は倒れるので、起き上がる前にまたバルセロナを・・・・・

以上ループです。これがいわゆるヒョーバルの戦法です。
やられると辛いです。やると楽しいです←

相手の起き上がりを狙うわけですから、相手はジャンプ攻撃でバルログを迎撃することが
できません。間に合いません。
また、ガードに気が回っている相手を投げたりもありですね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
基本的にこれくらいだと思います。詳しい説明や実践での試し方?
これは攻略の記事ではありません!!←

ってことでですね(灬´ω`灬)
スーパーストリートファイターⅡ、略してスパⅡをやっている訳ですが、
対人と対CPUでバルセロナの合わせ方が違うのでやりにくいです-_-;

倒れた相手に空中でめくりを狙っていると一瞬で対空コマンドを入力してきたりします
どうやって入力しとんねん・・・
まあそもそもCPUにめくりなんてできるのかは知らないですがw(^▽^;)

基本的に対CPUなら起き上がりにできるだけリーチをいかして先っちょで攻撃し、
それを繰り返していればなんとかなりそうです。
壁に飛ぶとき、相手方向の壁に飛ぼうとすると超反応で打ち落とされます・・・。

CPUは超反応があるので、基本強い対空技を持つ敵にはやりづらいです。はい。

でもすごく面白い!(*≧◡≦*)
同キャラでバルセロナがかぶった時に投げるの楽しい!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

でもあの最近のリアルなやつ、ストⅣ?でしたっけ。あれだとヒョーバルは
大体対策されているみたいですね・・・。自分は触ったことがありませんが、
何だか残念です。やりたきゃ心理戦で勝てって感じなんでしょうか。
3Dだしフレームとか一々細かそうだなぁ

まあストⅣに限らずバルセロナのめくり何て言えば1/2の確率ですがw
EX版とかは知りません。壁に飛ぶときに攻撃判定があったり、
それを当てると投げが入るとか知りません。(`|´)∈ ヒョー



はい。今回はストⅡの話題ということで、記事としてではなく、
自分のブロマガとして気まぐれで見てくださった方(いるかわかんないけど)には
多少入り込んだので少し申し訳ない気分です(^_^;)
シューテングゲームで自分を知った人からすれば
お前のストⅡ語りなんてシラネーヨ!って感じですよね。

なんかアレですね。「シューテングゲームで自分を知った人からすれば」って
あたかも自分がシューティングゲームをいっぱいやってます みたいな
何かムカつきますね。

ガチ勢に謝れ!ごめんなさい!


ということで、ストリートファイター、面白いのでやったことがない方も
是非是非プレイしてみましょう!(。・ ω<)ゞ♡

そういえばスパⅡXっていうのやってみたいんですよね。最後に言うなよ。


それでは、ここまでご朗読ありがとうございました♡〜٩(๑ゝᴗ∂๑)۶〜♡

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事