ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

潜水艦隊浮上せず!?

蜘蛛男、家に帰る。

2017/08/11 21:45 投稿

  • タグ:
  • 映画
  • スパイダーマン
  • ホームカミング
  • マック
  • カツバーガーはおいしかった

 どうも、僕です。
 映画を見に行った際、昼食にとマックに寄ったところ、エラいイライラする出来事に出くわしました。
 夏休み中の祝日とあって、子供連れのお父さんお母さんであふれかえった一日。マックも例に漏れず、多少の行列をつくることになっていた。
 入店して僕は、ひとりのガキの後ろに並ぶ。そのガキは7・8歳くらいで、母親に無理やり並ばされて、めっちゃけたたましく叫んでいた。なんかしらんが、「むりー!」だとか「やだー!」だとか、大声でだ。
 おぢさん、その時点で軽く苛立つ。分別のつかないそのガキにも、「初めてのお遣い」をやらせたいのか、放置する親にも苛立つ。
 だが、我慢だ。
 人間簡単に怒ってはいけないのだ。

 ましてや相手は子供なので、大の大人が目くじら立てるのもおかしなもんだ。

 ――てことで、放置。
 ――が、ガキ一向に泣きやまず。


 するとそこに、最低最悪の悪の権化、豚みたいな母親登場。


 母親は開口一番、言った。「ちゃんと並びなさい」。
 あほかこいつは。まずは静かにすることが先じゃないのか。

 ちゃんと並びなさいなんて、小学校に上がる歳にもなったくせに騒げば解決すると思ってるガキに通用するか。


 つーかあんた、クソ騒がしいガキに並ばせてないで、豚みたいなそのデブな身体を行列にねじ込ませ、並んでりゃいいだろうか。


 迷惑この上ない親子である。
 しかもガキは怒られても、ちょろちょろするのをやめないのである。


 そして母親は、とんでもないことを口にするのである。





「そんなにちょろちょろしてたら割り込まれるよ!」




 その時、後ろに並んでいたのは僕だけだ。
 もう一度言おう、その時、後ろに並んでいたのは僕だけだ。


 はぁ、あんた、僕が割り込みをするって言いたいの?



 あんたの躾のなってないガキみたいに、常識のないわけじゃないから、マックの行列ごときで飛ばさんわ。




 しかもたったのひとり分で、誰が割り込みをするんだ間抜け。




 しかも軽く、こちらの方を見ての所業である。
 目は合わなかったものの、僕のことを意識しているのがまる分かりである。


 そんなことは普通、思ったとしても、口に出さないもんである。


 すごくイライラして、腹が立って、思わず「誰が割り込むか!」と言おうと思った。
 ――だが、相手は常識知らずの、天井無しのアホ豚だ、面倒になるのでやめておいた。


 ガキは結局、母親が付き添うことになっても、ずっと喚きっぱなしだった。




 どんな躾をしたら、あんなふうに、公共の場でギャースカできるようになるんですかねえ!!!!!





 本当にイラつきました。
 ここまでが前振りです。

 ということで、スパイダーマン・ホームカミングを見てまいりました。


 軽く感想を述べますが、最強に面白い映画でした。


 まず、映画開始前のスタジオのクレジット。その時点で、洒落が聞いていて、よくできている。僕はわりかし最近のスパイディファン(トビー・マグアイアから)なんだけども、それでもすぐに嬉しくなった。スタッフ気が利いてる。
 そして内容をすっ飛ばし、EDロール。お洒落。可愛い。EDロールを見るだけでも、お金を払ってもいいんじゃないかなって僕は思う。ショートムービーとして、DVDにクレジット無しで収録してもらいたい。
 ――で、肝心の映画の内容。トムホスパイダーマン、だらしなくて情けない。なんかこう、マジで調子乗っちゃった年相応のガキ。大人に怒られて、「僕だってさあ!」って言っちゃうような奴。昔の僕を見ているみたい。序盤の大事件は大抵彼の失策で、まさに「張り切るけど裏目に出る駄目な奴」だ。
 だけど、そこはやっぱり、スパイダーマン。だらしないし、情けないし、弱虫だけど、決めるところは決める。なかなかイカしている。序盤はアイアンマンにいいとこ持ってかれるけど、最後には地に足をつけ、ちゃんとヒーローになってる当たり最強。
 バディ役のおデブちゃんも、愛嬌があってとても可愛い。今後シリーズが継続されるときも、彼には続投していただいて、ぜひとも出世していただきたい。めちゃ可愛い。
 メイおばさんは――。慣れが必要ですな、やっぱり。シビルウォーの時も思ったけど、若い。若すぎる。最近の漫画でも若いらしいですが、おばあちゃんの印象が強いので、ちょっとやっぱり抵抗がある。セクシーで可愛いけど。

 そして極め付けなのは、今回のヴィラン、バルチャー役のマイケル・キートンだ。

 渋い。渋くて格好いい。ハゲてんのに格好いい。そして男気がある。
 なにこのヴィラン、素敵過ぎませんか?そしてバルチャーのウィングスーツ、格好良すぎませんか?
 トレーラーで、既に何度も見たでしょう、みなさんも。あの大きな翼と、可動式のエンジン(ファン?)。あれがぐいぐい動く。そしてしゃきしゃき飛んで行く。外連味たっぷりの、どっか古いデザインのゴーグルと、使用武器やガジェット近未来感。素晴らしいと思います。
 僕は以前より、アメコミキャラになれるならファルコンがいいなと思っていたのだけど、記録は塗り替えられました。僕おっきくなったらバルチャーになる。ガジェットバンバン使って、レーザービーム打ちまくる。隠すことのない飛行時のエンジン音も、泥臭くていいじゃないですか。

 結論、バルチャーかっこいい。


 バルチャーすごくかっこいい。


 スパイダーマン?知るか、バルチャーだ。
 スパイダーマンはさ、もうみんな知ってんだろ?あの格好よさ。トビー・マグアイアの頃から、変わんねえよあんまり。格好いいけど、進化もあるけど、まあ順当に想像通りだ。




 そんなことよりも、バルチャーのあの、大鷲を思わせる巨躯はすっげえ格好いい。




 「あれ、ファルコンはもっと小さくて、ハイテクじゃね?」とか知らん、世の中には、小型化することが最適とは限らないものがあんだよ。



 もうマジ、バルチャー見てください。
 スパイディもイカすけど、バルチャー見てください。


 マイケル・キートンは、バードマンやった後にまたアメコミで飛んでるなんてすごい皮肉だ。



 皮肉で結構、あんな深みのあるヴィランって、多分そうそういねーんだ。



 そういうわけで、わりかし僕は絶賛の、スパイダーマン・ホームカミングでした。
 これまでのスパイダーマン映画では、ちょっと彼のヒーローになる顛末から暗くなりがちでしたが、終始テンション高めのポップコーンムービーでした。

 かわりに残念なのは、鬱展開がない分、重みもなくなってるところだけど、ハデにすっ飛ばしたい時にはそういうの邪魔なので、あとは好みでしょうね。


 映画を見るまえにだいぶいらいらしたので、とてもすごく、僕はすっきりしましたね。


 後の弱点は、MCUにおけるスパイダーマンがそもそも、シビルウォーで出ていたことかしら。結果として、リブート第一作なんだけど、完全に「承前」ですね。スパイダーマンは好きで見てるけど、MCUは初めてだよって人は、予習をしておくといいと思います。少なくとも、シビルウォーを見ておくと、スパイダーマンに関してはするっと行けると思いますね。

 だいたいそんな感じです。
 暴力的な描写も行き過ぎてないし、気さくにみられる良作です。




 ただ作中一番叫ばれたセリフは、おそらく「ペ〇ス」だと思いますので、ご注意くださいw




 そんなわけで、イツミンの適当な感想という名のレビューでした。
 気が向いたらまた来ます。




 



 PS.マーベル映画で恒例となったスタン・リーを探せですが、今回超序盤にありますの
    で、皆様油断して見逃さないように。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事