ITと知財

社内勉強会スタート

2018/10/18 17:01 投稿

  • タグ:
  • 勉強会

少し前から、弊社で社内勉強会をスタートさせました(メンバーの一人が「勉強会をやりたい」と言ってくれたのがきっかけです)。


弊社は技術分野が「IT」に絞っていることから、勉強する分野もこの分野に限っています。


僕も一メンバーとして勉強会に参加しているので、自分自身の復習や頭の整理用にログを残しておこうと思います。


特許事務所では、社内勉強会を開催しているところも多いかと思います。その意味ではあまり役に立つ内容ではないかもですが、参考までに。


今回は運営コンセプトなどが中心です(具体的な中身は次回以降に譲ります)


■前提

・参加メンバー

 実務経験者(弁理士、元特許庁審査官含む)と、実務未経験者。4,5名。


・実施コンセプト

 基本的に実務未経験者のレベルに合わせる。一方で、経験者は未経験にきちんと「理屈」「理論」を説明できるようにする。その過程で、今まで「感覚値」で行っていた実務をきちんと言語化。自分の実務能力のあらを探したり、理論的根拠を持たせてスキルアップ向上を目指す。
 ※ちなみに、経験者オンリーの高度な勉強会は別途計画中です。

 いままで「当たり前」にやっていることが、「実はあまり合理的ではなかったかも」みたいなことってありますよね。そうならないように、きちんと理屈を伴うようにしようね。という位置づけです。


・開催頻度

 隔週実施。遠隔参加OK。

 現状は社内メンバーのみですが、そのうち、外部メンバーで希望者がいれば広げていく予定です。

 (参加希望の方がおられれば、こちらまでお問い合わせください。件名:「IT実務塾」 担当:湯浅)


・進め方

 テーマと演習課題(具体的な技術案件)を設定。今回のテーマは「先行技術調査」。演習課題は伏せます。

 まずテーマに対して、「行うべき作業」を分解して言語化。その後、各作業を詳細に「アクション」として定義していきます。

 次にそれら「アクション」を行うための「小問題」を作成(例:問「XXという技術に対して、キーワードを5つピックアップしてください」のようなイメージ)。
 各問に対して、時間配分も設定(3~5分くらいが目安)。

 参加メンバーが解答を考えて、時間が来たらみんなに共有。講師がチェック、講評する。

 講評結果を「まとめ(1回目)」として、きちんと言語化。

 その後、「もう一度」同じ小問題を解いてみる。この時、大体みんなの答えは同じになるが、それでも理解が実は誤っている人が見つかったりするので、きちんとフォローアップ。


 最後に、「まとめ(2回目)」を作成したら、次の「小問題」に移る。

3回~4回程度で1事例(演習)が完了。その後、同じテーマで2,3回別の事例で演習を行うことで、知識の底上げを図る。


次回からは、「先行技術調査」を例に、どんな形で進めたかのログを残しておこうと思います。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事