ぐえー!

5のA色々解説

2013/05/26 23:15 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 魔法少女マジカルあずにゃん
  • 特撮フィギュア動画
  • コマ撮り

先日うpした【魔法少女マジカルあずにゃん その5のA】。
今回は諸々のどうでもよすぎる描写その他について何となく解説。



本編より先にテストと称して上げたアバンタイトルから、写真中央の"NO SIGNAL"表示を追加。
通信が使えない事を視覚的に表すために追加したが、かなり適当に作ったのでひどい出来。当時の私は何も思わなかったのだろうか。





防衛部隊と合流した直後のビーム砲撃を受けた時。
画面左上の隅の隅で分かりにくいが、一応粒子ビームがベースジャバー右エンジンを掠めている。
ビームマグナムやバスターライフルの類ではないので掠めた程度で壊れたりはしない。




謎のカウントダウンはストライカーユニットの稼動限界までの残り時間。
カウントがゼロになった瞬間に機能停止する事は無く、その後もある程度は飛ぶことは可能。
ただしその場合の装着者の肉体及び精神に対する負荷について安全性は保障されず、ゼロになる前に戦闘空域より離脱しなければならない。

「稼動限界来るの早すぎだろjk」だが、裏設定としてこの直前に彼女は別の任務をこなしていたため、接敵後間もなくして稼動限界が近づいてしまった。





いきなり出てきた謎の単語"ビクター2"。
これはこの直前に所属不明機に対して背後からビームサーベルで切りつけようとして返り討ちにあったシャルドール改のコールサイン。

ちなみにこのセリフを吐いたシャルドール改はオスカー4。隣のジェノアスⅡはビクター1である。どうでもよすぎる。




背後から羽交い絞めにして動きを封じ、もう一機がビームサーベルで止めを刺そうとする一連の流れについてはお察しのとおり、ガンダムUCのEp6終盤のバンシィ・ノルンのアレが元ネタ。



AGE量産機二体の解体ショーの動きについては革命機ヴァルヴレイヴ第1話のジー・エッジ三段切りを参考にしている。
上の写真は前述の三段切りのうち一段目直前を左右反転した構図。




激おこ以下略。  はこの際どうでもいい。
画面中央の小さな四角と文字表示はこの直前に撃墜されたジェノアスⅡの表示。バルクホルンの視界ではジェノアスⅡ(撃破済)に重なるように投影されている。

右下はストライカーユニットのリミッターを強制解除した事の警告表示。
左はユニットの出力ゲージ。振り切らせようと思ったけどそこまで伸びる前にカメラが変わった。






通常はパネルラインなどから青色の光が漏れ出すストライカーユニット。が、ここではほんの一瞬だけだが画像のように赤く発光している。
余談だが4のCでサーニャのユニットが起動する瞬間にユニコーンよろしく一瞬だけ緑色に光っている。

言わなくても分かると思うが、ストライカーユニットのパネルラインから光が漏れるといった演出は原作には無い。完全に動画オリジナルの設定というか、私の純粋な趣味である。




MG42弾切れ表示。ただそれだけ。
ちなみにMG42の装弾数は250発だが、電動鋸呼ばわりされるレベルの連射力のおかげで12秒くらいで全弾撃ち尽くすらしい。腹に食らうとオープンゲットするとか。



空を飛んでても空中戦闘は日常茶飯事な世界観なので、彼女達の基本装備にビームサーベルを追加。
収納箇所はストライカーユニット内のどこかという事にしているが、細かいことを気にしてはいけない。断じてパンt・・・ズボンの中とかではない。



右手に使ってる手首は指の間接一つ一つが動く事で人々を驚愕させたらしい関節技EXの極め手を使用。
手の甲の色が違うがこまけぇこたぁいいんだよ。







画面中央のウインドウはストライカーユニットの大まかな状態を表示したもの。
機体名と装着者氏名。左右のユニットの状態と、ここでは外部電源入力の有無についてを表示。
向かって右側の縦長い五角形について、水色は駐機とかアイドリングとか何かそんな感じ。緑色は通常稼動を指す。

オレンジ色の文字とウインドウで芳佳の「IAS同調深度」とやらを表示。
IAS同調深度は動画オリジナルの設定。有り体に言うとシンクロ率みたいなもの。
この数値が高いほどユニットの出力が上がり、戦闘力が向上するが、装着者にかかる負担も増してしまうというデメリットも存在する。
現在登場している4人のうち、最も数値が高いのが芳佳。安定性はバルクホルンが最も高い。






正直に言うと私自身もちょっと分かりにくいが、ストライカーユニットの発光の色はエイラ、サーニャと芳佳とで微妙に異なる。
芳佳の方が微妙に青みが強い。また効果音も違う。



一応、エイラは掴みどころの無い不思議ッ子という設定があったような気がする。
撮影中に「そんな設定もあったっけなあ」という事を何の脈絡も無く思い出したのだが、どうもヘタレという印象が強い気がするのは私だけだろうか。

で「そういう設定があるんだから何かやるか」と、よせばいいのにそんな事を考えた結果、上のシーンの謎一回転をやることになった。
冷静に考えるとそんな変な事やってる暇は無いはずだが、やっちまったものはしょうがない。



激突寸前のシーンで芳佳だけ砂埃を上げていたが、これは彼女のユニットが地面に接触していたため。
金属が擦れるようなSEも鳴っている。
これ以外にも耳を澄ますと色んなシーンで小ネタレベルの効果音を仕込んでいるが、割とどうでもいいレベル。暇すぎて死にそうな人は探してみよう。







どうもこのネタが私個人的にツボらしい。



コメント

ペガッサ
No.1 (2013/05/27 22:07)
革命機スローネアインてこのことだったのか・・・
御影石
No.3 (2013/05/28 01:42)
しかし、この間聞いた限りガンプラはほとんど一体づつしかもってないと言ってましたけど
こうしてみるとうまく二体映らないようにかつ複数いるように見せているんですね
そういえばスローネ可動が若干微妙ですけど弄ってたりします?
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事