IRiSの活動記

理解して欲しい。

2014/03/07 22:06 投稿

  • タグ:
  • ストレス性胃炎
  • 理解
  • 会社辞めたい


人間誰しも、理解してほしいことってありますよね。

自分は「ストレス性胃炎」。
ストレスを感じると、胃を針で刺されるような強い痛みが走ります。

もちろん多少のストレスではなりませんが、そのストレスが溜まっていたり、一度にたくさんのストレスを受けたりするとなります。

痛みの程度もそれぞれなのですが、自分は最近、月2回ほど動けないほどの痛みが走ります。
(その日は欠勤しています。)
ほぼ毎日痛いわけですが、ぎりぎり耐えている(隠している)状況です。

今日は欠勤が多いと上司に呼び出され怒られました。ネチネチと。
その際にストレス性であり、尚且つ休んでいるのは本当に動けない日だと伝えたのにもかかわらず、理解してもらえないようで・・・。

上司には以下のように言われました。

ストレスはだれでも持ってる
ストレスの発散方法を見つけろ
薬飲んで午前中だけでも出ろ
熱が出ようが下痢をしようが薬飲んで出ろ

と。

確かに上司の言っていることはもっともな話なのですが。
少しツッコミを入れさせていただきましょう。

>ストレスの発散方法を見つけろ
俺だってそのくらいはいくらでもある。
ただし労働基準法を違反するほどの忙しさのせいでストレスの発散が出来ないのが現状。
発散の機会を奪ってるのは会社。貯まる一方。

>薬飲んで午前中だけでも出ろ
>熱が出ようが下痢をしようが薬飲んで出ろ
ストレス性胃炎の治療薬って無いんですよ。
処方されるのはその場しのぎの整腸剤。
もちろん薬飲んだあとも継続してストレスが掛かるならば意味はなし。
会社にいたらいつまでも動けないんだから邪魔なだけ。

上司から「SNSとかで愚痴を書くだけでも発散できるでしょ?ホラ、Twitterとか」って言われちょっとイラッともしました。
自分はTwitterで愚痴を書くのが嫌いなんです。
欲しい反応も帰ってこないですし。もちろん大半はスルーですが。。。
書かれた相手もだから?とかもっとひどい人いるでしょ。とか思うでしょう?
自分でもそうです。だから嫌なんです。

結局話し合い(と言ってもほぼ上司の一方的な話)の中で理解されることはなく。
言い渡されたのは「これ以上休むな。10月まで耐えろ」でした。。。

・・・・会社辞めたいです。ホントに。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事