イオンのブロマガ

【感想】BanG Dream! 7th☆LIVE「Day1:Roselia Hitze」

2019/02/22 04:27 投稿

  • タグ:
  • BanG_Dream!
  • Roselia

皆さんは「BanG Dream!」というコンテンツをご存知でしょうか?



記事のメインではないのでかなり大雑把に解説すると、ライブの際に声優さんが実際に楽器を演奏するメディアミックスプロジェクトです。
自分は去年の春頃からこのコンテンツにハマっておりまして、今日(2019.02.21)は7th☆LIVE「Day1:Roselia Hitze」に行ってきました。

今回は自分用の記録も兼ねて、セトリと睨めっこをしながら感想を書き綴ろうと思います。

本来ならば全曲に対してコメントしたいのですが、流石にキリがないのでちょくちょく飛ばします。

---

・BRAVE JEWEL
・R
乗っけから圧が凄い。

「BRAVE JEWEL」はアニメ二期OP、「R」は中島さんの初参加楽曲として、共にRoseliaの新たな門出として印象深い曲です。
個人的にこの二曲を最初に置いたことには、声優バンドRoseliaとして大きな意味を感じました。

今回のライブは志崎さんが加入してから初めての単独出演となりましたが、やはりどうしても不安に感じていた方は多いと思うんです。
バンドリ以前にもデレマスやてーきゅう等の有名コンテンツに関わっていた中島さんと違い、志崎さんは声優としては駆け出しさんなので、いきなりこんな大舞台でパフォーマンスが出来るのか?と。

この二曲には各メンバーのソロパートがあるのですが、そこで何故この二曲が開幕に選択されたのかよく分かりました。
聴こえてきた志崎さんの歌声は堂々としていて、ちゃんとそこに燐子が居ました。

「これからもRoseliaについていける」と感じることが出来た始まりでした。

・魂のルフラン

・残酷な天使のテーゼ
まさかのカバー曲ゾーン。

6thでは二日間ともカバー曲が無く、今後のLIVEではもうやらないと思っていたので、これは不意打ちでした。
特に「魂のルフラン」はRoseliaが初めてステージに立った際に披露した大事な楽曲なので、この機会に聴くことが出来てとても嬉しかったです。
「残酷な天使のテーゼ」はライブ初披露だったのですが、流石に有名曲だということもあり会場全体完璧な仕上がりでした。

・ONENESS
Roseliaといえばこの曲!という方も多いかと思います。

この曲絶対こんな序盤で来て良い曲じゃないんだよなぁ。


陽だまりロードナイト
自分がバンドリ関連曲で一番好きな曲です。

死ぬまでに一度現地で聴いてみたいと思っていたので、あの特徴的なイントロが聞こえてきた時は本当に嬉しかったです。

会場でこの曲を聴いて思ったのは、底抜けに優しい曲だなぁということです。
クラップやワイパー等、コーレス以外の手段でキャストとファンが触れ合うというところに、ただ賑やかなだけではないRoseliaの良さが詰まっていると思います。
会場全体が赤く染まった光景は自分の胸に深く刻まれました。

実はライブ前日に5thの同曲パートの映像を見ていたのですが、相羽さんが肩を組んで共に歌うのは遠藤さんでは無く中島さんという事実は、自分より前からRoseliaを追っている人には何か刺さるものがあるのかも知れないなと思いました。
リサ役の声優さんが中島さんになってから初めての披露だったので、これも今回のライブを象徴するシーンの一つなのかなと思いました。

・Determination Symphony
最近ガルパでフルコンしました。

ゲームだと紗夜と日菜のイベントを象徴する楽曲となっていますが、そのイメージに合わせて会場中のサイリウムが緑色に光っていました。

工藤さんから日菜へのコメントがあったのも個人的に嬉しかったです。

・BLACK SHOUT
・LOUDER
今回のMVP候補です。

「BLACK SHOUT」は今までに何度もライブの最後の曲として選択されていたので、今回もこれで一旦締めるのかな~と思っていたら、終わった途端に「LOUDER」が始まって驚きました。
初期Roselia感が凄いです。

・Re:birth day
・熱色スターマイン
アンコール楽曲です。

「熱色スターマイン」は自分が初めて買ったバンドリCDの表題曲です。
コールが楽しい。相羽さんのマイクパフォーマンスがカッコいい。

・Neo-Aspect

もう挨拶も終わって完全に終わる流れだったところで、相羽さんの一声で再スタンバイ。
いわゆるプレミアムアンコールって奴ですかね。

この曲はガルパのゲーム内でバンドストーリー二章のテーマソングとして使われていた楽曲ですが、バラバラになってしまったRoseliaが再び一つになるストーリーがMVでも綴られています。
前回のRoselia単独ライブでは明坂さん脱退後&志崎さん加入前でキャラクターとは対応していないメンバー構成でしたが、志崎さんの加入で燐子が帰ってきて、そういう意味で今回のRoselia再結成ともいえるライブを締めるには相応しい曲なのかなと思いました。

こうしてセトリを振り返ってみると、Roseliaはなんというか"二章感"がある曲が多いと思います。
キャラクターにもキャストにもそれぞれのストーリーがあるんですよね。

---

というわけで、感想でした。

今回は武道館ライブということでステージが円形、ファンはそれを階段状になった各々の席から見下ろすという構図だったのですが、キャストの実在感が心地良かったです。
普段はどうしてもキャストの動きが見えにくくてモニターで確認することが多かったのですが、やはり自分の目で直接キャストを捉えられるというのは、キャストと同じ空間にいるという実感が湧いて良いです。

それと今回はサイリウムをもう一本購入して両手持ちで参戦したのですが、これが大正解でした。
片方だけだと手持無沙汰になって片手をフラフラしてしまいがちだったのですが、両手を振れるのは楽しいです。


明日からのDay2・3も楽しんで来ようと思います。
駄文失礼しました。眠いので多分明日以降にちょくちょく修正すると思います。






次のライブではPASSIONATE ANTHEMが聴けたら…

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事