いなりのブロマガ

【オンラインゲーム】[ドラゴンズドグマ]DDONをプレイして。

2015/10/08 03:03 投稿

  • タグ:
  • ddon
  • オンラインゲーム
  • ドラゴンズドグマ
  • 廃人
どうも、いなりのブログをご覧頂きありがとうございます。

 今回は「オンラインゲーム」について少し触れてみたいと思います。
タイトル名は「ドラゴンズドグマオンライン」9月に正式サービスをスタート。
マルチプラットフォームで、色んな周辺機器同士で遊ぶ事ができるゲーム。
アクションRPGといった感じで、迫力のバトルを楽しむ事ができる。

結論として最初に言うと、「オンラインゲーム」はプレイすべきでない。自業自得です。
なぜなのかみっちりと、実体験と過去を交えながら書いていきます。

・筆者のゲームとの付き合い
・廃人プレイ
・オンラインゲームとコンシューマーゲームの3つに分けて書きたいと思います。

■ゲームとの付き合い■
 小さい頃は幼稚園、その頃からファミコンがあると認識しはじめ、
スーパーファミコンが誕生、一番最初に買ったゲームは「スーパーマリオカート」
だが、当時ゲームの値段が1本1万である。カセットを複数持っているだけで、
裕福認定され。当時は喉から手が出るほどほしがる子供が続出した。
一人っ子の自分は、ゲーム新作が出るたびに買い与えられ有頂天だったのを憶えている。
絶えず友人が入り浸り、遊ぶ。それの繰り返しである。誠、愚かな子供時代。

 しかし、小さい頃からやりこみゲームという物が得意ではなく、飽き性だった。
その性格は変わっておらず、どうにも「やりこむ」と言う事に対して抵抗を持っている。
しかし、暇をもてあまし、ドラゴンズドグマに手を出してしまったのだ。

■廃人プレイ■
飽き性でやりこみ出来ない性格の自分は、これまでありとあらゆるオンラインゲームを
途中投げしてきた。PSO2、メイプルストーリー、テイルズウィーバー、レッドストーン、
TERA。モンハンFどれもレベル10~20いかないうちにアンインストールである。
今思うと、これは非常に喜ぶべき事だった。

ドラゴンズドグマ(通称:DDON)はこれらのゲームを退け、ツボにヒット。
課金後、仕事から帰ってはゲーム帰ってはゲームを1ヶ月繰り返した。
 このまま続けた場合間違いなく生活に支障が出るレベルだといえた。
仕事の日の朝6時までプレイ 深夜も朝も休日もありとあらゆる時間がddonに注がれる。
睡眠時間を削り、ご飯を食べる時間をもそれにあてる(1日1食等)
考える頭は、いかに効率よく経験値とバザー等でお金を稼ぐかに注がれる。
まさに言葉どおり「廃人」である。自分がこの部類の行動とは無縁だと思い込んでいた。
不規則な生活を繰り返す悪循環スパイラル。中毒。

前回の記事で「無駄を楽しむために生きていると」書いた。
ただ、この言葉にも一つだけ、付け加えておくべき事がある。
「無駄」を楽しむ事から外れ、楽しめなくなった時。それこそ本当の意味で無駄であると。

(面白いけど、無駄な事してるな)と(しんどいだけ、無駄な事してるな)では
同じ無駄でも、精神的に感じる物が全く違うものにはならないだろうか。
前者は面白いという+の影響に対し、後者はどこまでいっても-でしかないからだ。

■オンラインゲームとコンシューマー■
オンラインゲームと据え置きハードなら確実に据え置きハードにすべきだと言える。
なぜなら一部を除き大抵、終わりが見えるからである。だが最近ではネットが充実し、
据え置きハードですら、アップデートを重ねるものも多くはなってきているが。

オンラインゲームはそんな可愛いものではない。運営はいかにユーザーに長く遊ばせ、
利益を得るか。そしてアップデート前提のゲーム構成なので、中毒になれば
運営がやり続ける限り、永遠にそのゲームは終わらない。任意で終わらせる事もできない。
課金ガチャ、課金パスポート、課金DLC。ありとあらゆる手段を使って遊ばせる。
遊ばせて貰ってはいるからいいじゃんと思うかもしれないが、
その実win-winな関係ではない。搾取されているし、生活すらをも制御されているからだ。

時間・お金・生活・体全ての要素をあらゆる手段を使って消費させる。
楽しいうちは無駄でも消費しても構わない。だが、楽しくなくなったら
惰性に身を任せず、即刻やめるべきだと断言できる。
オンラインゲームはその性質上、据え置きとは比較にならない程消費量が多い。
オンラインゲームを体験し、現役プレイ中の人も必ず言う台詞がある。
「オンラインゲーはやめておけ」と。少し興味本位で手を出したらこの始末だ。
ここ最近の記憶はドラゴンズドグマと仕事のみである。

そしてこの1ヶ月で失ったのは、小額のお金と時間と健康。
得たものは「連帯感」「ステータス上がったキャラクター」「一時的な楽しさ」だけだ。

実際、目に見えて得られる物は「遊んだという事実があるアカウント」のみ。
何でも程ほどという言葉があるが、まさにオンラインゲームこそ相応しい。

やりたい事、夢、希望がある人。絶対に手を出してはいけません。
もし興味を持ってやってしまった and 中毒でやり続ける人はどうすべきか。
時間を決めてプレイするか、多くやってしまうならアンインストールしましょう。
もしくは他にやりたい事を作ってしまうのが一番有効手段です。

夜中、ボーっとしながら書いているので色々無茶苦茶ですが、このあたりで。
次回は「今後のアニメ形態について思うこと」なんか書きたいと思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事