いながきソングス(歌詞)

路地裏の眼光

2015/10/01 00:00 投稿

  • タグ:
  • 歌詞
  • 作詞
  • オリジナル曲
  • 格差社会
 
(1)

あぶら汗に しみる両目を


黄ばんだ袖で 拭いて働く


彼は信じた 彼女のことを


夜の世界に 生きる女を


目崎の金と かりそめの恋


ぼやけた夢の前で 誘われてゆく


飲み込まれてく 汗まみれの果て


みんな夢のかけらを 見上げるだけのドリーマー


みんな孤独な夜を 耐えしのいでるドリーマー


みんな孤独なドリーマー




(2)

貧しい日々に 打ちひしがれて


逃れるように 列車に乗った


手垢まみれの 窓の向こうに


見知らぬ街が 映る


夢につながる レールの上で


身と心が 揺れてる


みんな夢のかけらを 信じるだけのドリーマー


みんな雨に濡れても 乾くだけを待ってる


ひとり孤独なドリーマー
 
 


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事