おもちゃばこ

自転車で五月山のぼってきたよ

2014/07/25 23:40 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 自転車
  • 五月山
  • 旅行
  • 自転車旅行
一年間何も書いていませんでした。
昨年の自転車購入後、岐阜やら福岡やら愛知やら、あくまでも自分のペースでのんびり走っています。

先日、バイト先の人に、五月(さつき)山という山の景色が良く
自転車にもいいと思いますよ~と紹介されたので、行ってみることにしました。

五月山とは、大阪府民にはそこそこ有名な、大阪府池田市にある山だそうです。
「夜景がきれい」と言われたので、その夜景を観に行きたいと思ったのですが、
インターネットで検索すると夜景の画像がわんさか出てしまうため、新鮮さを大事にするべく画像を見ないことに必死になって調べていました。



山を抜ける五月山幹線道路の入口です。自動車は有料ですが、自転車は無料で通行できます。
念のため管理をしているおっちゃんに「自転車は無料でしょうか」と聞いたら、「そうですよ」と素っ気ない声が返ってきました。

ゲートを抜けるやいなや、いきなりの激坂に絶句してしまいました…。
正直、こんなにキツい坂があるとは全く想像しておらず、
坂道に慣れる目的でもあったはずなのに、普通に歩いていたあたり根性の無さが浮き彫りになりました。

途中まで通行人やサイクリストは誰一人としていませんでしたが、時折通るホテルか何かのバスと、自家用車の人にやたらと白い目で見られました。
それもそのはず、汗が尋常じゃないほど吹き出て、どういうわけか小バエのような虫のグループにずっと付きまとわれ、それらを定期的にぶるぶると払っていたので傍から見たら奇妙だったに違いないです。



数分後、鳥居が目に入ってきて、スマホのカメラでは写しきれない(重要)くらい景色の良い場所に辿り着きました。秀望台というそうです。
ふむ、確かにここはいいなぁと実感し、タオルで顔の汗を拭ったあと、景色をしっかり一人占めしました。



その先の開けたところにベンチと屋根があり、しばし休憩することに。
ここで初めて歩いている人に出会いました。
ペットボトルの水分をすべて飲み切ってしまったので、のどが渇いていましたが、それでももう少しのぼってみることにしました。



しばらく急な坂が続き、途中少し落ち着いたところでロードレーサーの方とすれ違いました。押しているところだったら恥ずかしかったなぁと一安心。
しかし、相変わらず虫が大量につきまとってきます。

墓地のあるところまできて、向こうを見たら下りになっていたのですが、反対側にはあまりいい景色がありそうにないので、もういいや、と引き返すことにしました。

下りの際、風がめちゃくちゃ気持ちよかったのは言うまでもなし。



秀望台の上まで戻ってきました。
中々のロケーションです。



ここに雰囲気ばっちりのベンチが置いてありました。



日が暮れるまで休憩します。
本来の目的は夜景を見ることですので…。



日が暮れてきたところで、さっきのベンチにアベックが座っていることに気づきました。
これは、邪魔してはいけないと、自分はしっかり景色を堪能したので空気を読んで下山しました。

でも、もー少し居たら更にいい景色が見られたかもしれませんね。
それはさっきのアベックに譲ります。

知らない人にはおすすめしたくなる穴場でした。
おそらく週末はそれなりに人気だと思うので、
平日の人のいない時に行ってみてはいかがでしょうか。

コメント

フジ
No.1 (2014/07/25 23:54)
ゲートから見える坂がいかにもきつそう・・・。
機会があれば夜景を見に登りたいです!
あに (著者)
No.2 (2014/07/26 00:01)
>>1
閲覧ありがとうございます。関西圏にサイクリングしに来た際にはぜひ~
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事