おもちゃばこ

名古屋→東京373km 自転車キャノンボール初級編

2017/06/04 23:50 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 自転車旅行
  • キャノンボール
  • 自転車
  • ロードバイク
自転車で東京名古屋間の24時間以内走破、
俗に言う自転車キャノンボールの初級編に挑戦しました。

本家のキャノンボールは東京大阪間を24時間以内に走る
というマジキチ企画なのですが、詳しくは下記リンク先を参照。
cannonball!!wiki

東海道は2013年に一度だけ、数日間かけて走破しました。
それからも部分的には何回か走っています。

キャノボ初級編は2年前の2015年の秋に挑戦して、
名古屋~沼津の250kmで断念しています。



■22:30 自宅

今回は0時スタートを選択しました。

ちょうどプレミアムフライデーだったので
午後休を取得して家で爆睡しました。
平日の昼間っから何やってるんだと思いながらも寝ました。

20時くらいに起きて準備開始。



今回の装備です。

普段のツーリングと特に変わりませんが、
とにかく夜走ることに対する恐怖感が物凄いので(しにたくない)
テールライトは少し強化しておきました。



■00:00 名古屋駅



スマホとにらめっこして0時きっかりにスタート。
いつも通勤で通るあたりなので非日常感が楽しい。

今回写真は少なめです。
1枚撮ってツイートの流れに3分かかるとしたら、
480枚撮ったら企画終了だな…とかしょうもないことを
考えてました。

時間の使い方に神経を使うんですけれども、
普段あまりしないことなのでそれもおもしろい。



■3:43 静岡県境(81km)



潮見坂の手前あたり、自動車道を回避したところに
あっさり県境があります。

まともに考えると気が遠くなるけど、
この静岡県に半日くらいお世話になります。

走ってて分かったのは、東海道は道が広くて
夜中でも走りやすいということです。
1週間前に岐阜を走った時は死ぬかと思ったので
少しほっとしました。



■4:15 浜名湖(94km)



長い一日の始まり。
朝焼けがきれいだったので思わず立ち止まりました。

浜松バイパスが途中から自転車通行可なのを
今回初めて知り、バイパスへ。



■4:45 浜松市内(100km)



デイリーヤマザキでトイレ休憩。
コンビニに立ち寄るのも100kmに1回くらいがいいかなと
思っていたので、1回目の目標はクリア。

休んでスマホいじってると10分,20分と平気で時間が過ぎてしまうので、
買い物を済ませてサンドイッチを腹に入れたらさっさと出ました。



■7:26 小夜の中山(金谷峠)(150km)

掛川の市街地を過ぎるとすぐに登りです。
箱根なんかと比べると大したことはないですが、
それでも長い行程の中で
余計な体力を消費しないように神経使います。



トンネル。ここを抜けてからもうちょい登ります。



頂上のラブホ。
ちょっとした達成感を味わいます。



下った先の大井川橋。とても長い。



■宇津ノ谷峠(176km)

前回はこのあたりで一度迷った記憶があります。

さすがに今回は特に地図やキャノボwikiを見なくとも
道が分かるようになっていましたが、
やっぱり立ち止まって調べたり道を間違えて引き返したりすると
かなり時間のロスになるので、覚えているのは強いと思います。



宇津ノ谷峠のトンネルを通るところ。

上下線でトンネルが別れており、東京側からのトンネルにしか歩道がないため、
小心者は歩道橋を渡って反対側に行く必要があります。

私は音情報にとにかく弱いので、トンネルは超苦手で、
時間が多少もったいないながらも歩いて反対側へ行きました。

前回はなぜかここで自転車を押しているときにパンクしました。
なんでだよ。



■10:18 興津(203km)



静岡駅前を過ぎてしばらく走り、
駿河健康ランドから富士由比バイパスの歩道に入ります。

個人的にはここが東海道で一番好きなところ。



薩埵峠の下あたり。
山と海の間の僅かなスペースに
JR・高速・バイパスがひしめき合っている難所です。

交通的な観点で見るととてもおもしろい。
自転車的には抜けるのが大変で厄介ですが。

晴れていて富士山も見ることができて
景色はばっちりです。
やはりいい景色を見ると元気になる。

蒲原のサークルKで2回目のコンビニ休憩。
箱根まではグロス20km/hでいければ上出来かと
思っていたので、ちょうどな感じできてます。

補給食を買い込みます。
おなかが空いたときは妥協なく食べまくるので
食費がものすごいかかっていた。



■11:31 富士川(219km)



富士山綺麗だ~。



■12:33 沼津(235km)



千本松原。
信号がほぼ無くて距離を稼げる道なのですが、
単調すぎるからか眠気のピークがやってきました。

結局この道を抜けるまではずっと眠たかった。危ない。



■13:16 三島(249km)

三島のセブンで3回目の休憩。

いよいよ前回途中でやめてしまった
箱根の手前まで来ました。



三島スカイウォークのあたり。

箱根をまともに登ったのも数年前の記憶なので、
ペースやら何やらが分からず怯えてかかってましたが、
三島側からの登りは斜度的なキツさはあまりなく、
どちらかといえば、道のりが長すぎることで
精神的にやられる感じでした。

スローペースにはなりましたが、
途中からは足をつくのも悔しくなり
一気に登り切りました。

ただひたすら、長いなあ……
終わらないかなあ…… と
うんざりすること、数キロ。



■15:16 箱根峠(265km)



やっと静岡県が終わり、関東へ。

峠の頂上にあるパターンの県境はテンション上がりますね。

箱根があるからキャノボが盛り上がるみたいな
ところは絶対にあると思います。



そのまま芦ノ湖まで下り、セブンへ。

自転車乗りっぽい人に声をかけられました。
小田原までの下りは旧街道を通るとよいそうです。

目的地を聞かれて東京と答えたら
「夕方までには着きますよ」とのこと。

現在時刻はというと、16時前で、
日本橋までは100kmくらいなので
中々ありえない無茶なことを言われた気がします。



■16:39 小田原 285km

ブレーキを必死で握りながら長いダウンヒルを消化。
旧街道は登りだとキツそうな感じでした。



小田原市内に入ったところで、
集中力が切れたのか滅茶苦茶眠くなりました。

とにかく止まらないと危険だと感じたところで、
ちょうどベンチがあったので、へとへとになって座り込む。

時間内の達成はおろか走破まであやしくなってきました。



■17:57 大磯 300km

ずっと止まっててもしょうがないので行きます。
でも少し走ったらまた眠くなりました。



最終に飲もうと思っていたレッドブルをここで投入。
カフェインが効きやすい体質なので、効果に期待しつつ。

気分的な効果もあるのかもしれませんが
10分後くらいに調子が戻ってすっかり元気になりました。

しかし、もたもたしていたので時間があやしい。

途中からR134で海沿いへ。
市街地を回避できる良い道。速度を上げていきます。

茅ヶ崎のあたりで県道30号線に外れて
再びR1に合流しましたが、
土曜の夕方だからというのも恐らくあり、
ここがかなり渋滞していました。

全然進まないストレスと、車・バイク・自転車がスレスレに
通過していく怖さで滅入ってました。

がんばってもグロス10km/h台半ばしか出せない状態で、
どんどん遅れていく。。



■19:41 戸塚駅 329km



結局横浜駅前くらいまではずっと道が混んでました。

完全自己満足記録に対して
焦りを感じている自分が馬鹿げていて、おもしろい。



■21:28 大田区 353km

横浜からR15に入ると道が広くかつ車も少なく、
スピードが出せるようになりました。



東京都!
ここまで来たからには間に合わせなければ~。





日本橋まで6km。
朝方に東京まで200kmみたいな表示を見ていたので
比べてみるとグッと近づきました。





銀座を通り抜ければ目的地はすぐそこ。



■22:54 日本橋 373km



着きました~。初級キャノボ達成。

神奈川に入ってから随分時間がかかってしまった…。
けど、間に合いました。よかったです。


走行ルート

一日の中で目まぐるしく景色が変わるので
自分が今どこにいるのかがよくわからなくなってきて、
東京にいることが不思議に感じておもしろい。

走っていて部分的にはつらいときもあったけど、
全体を通して振り返ると楽しかったです。

本家のキャノボはこれの約1.5倍。
到底無理だなあ…。

またおもしろいことがあったらやりたいです。

コメント

黒糖
No.1 (2017/08/21 00:38)
キャノンボール初級本当にお疲れ様でした!!
お聞きしたいのですが、平均時速と1時間あたりのグロス距離はどれほどでしたか?
せっかくの記録記事に水を差すようで申し訳ありません...。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事