小さな楽しみを貴方に

【世界の宗教】アイマス教と〇〇教 その3 アニメ放映と分家の大頭化

2015/08/16 09:45 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • 宗教
  • 哲学
  • シンデレラガールズ
  • 廃課金
  • アニメ
こんにちわ、ラライアです。

読者の皆様に世界の宗教の紹介をしましょう。
今回は、引き続きアイマス教を解説していきます。
765宗教のアニメメディア化からシンデレラ教の大躍進までを解説します。

さて、ついに放映が開始されたアイマス教のアニメーション。
待望の一話は、よく言われていた言葉を引用すると、

AVの紹介ビデオ風でした。

酷い言われようで焦る春香さん

これには訳があります。
アイマス教の偶像神は13人いるのですが、そのどれも平等に扱わないと、信者同士の争いが起こります。あとは新規の人間にも最初に全員の目標、人柄をインタビュー形式で紹介する必要があり、その様はまさにAV風というたとえがぴったりでした。
そのため1話目の評判はあまりよくありませんでしたが、見どころもありました。

EDの際にあったダンスシーンです。

時間こそ短かったものの、その高いクオリティは今後の作品の出来を期待させるもので、信仰していた信者の期待値ストップ高、新たにアイマス教を見知った一般人はアイドルが多くて分かんねーよ!という、新規よりも従来信者に愛されるような始まり方でした。

それからアニメが放映されていくたびに、各アイドルに焦点を当てたお当番回の中でギャグやシリアスを混ぜていき、興味を持ち、口コミで広がり、徐々に信者が増えていきます。

アニメのアイマスでどの放送話が印象に残るかをピックアップするとしたら、25話あったうちの1クール目ラスト、2クール目終盤が盛り上がりどころでした。

※一期ラストのこのダンスシーンで、一気に中毒者が増えたと思われます。
上記の動画で一期の雰囲気がだいたい分かります。

アイドルの中で信号機と呼ばれている赤青黄アイドル(美希は正確には黄緑)それぞれがメインに据えられた回は鬱要素からの立ち直りといったストーリーであり印象に残りやすいです。

さて、アイマスのアニメは

「みんなで一緒に、いつまでも、どこまでも」
というアイマス教の教えを体現していました。
最終的には丁寧な作りで悪くはないという評価になり、たくさんの人間がアイマス教を知る切欠となり、かつての事件で失った信者以上に多くの信者を集める結果へ至りました。
従来では10k程度だった音楽円盤の売り上げも、OP曲は50Kと5倍近い人間がアイマス教に足を踏み入れた、とさえ言えます。

さて、こうして765教が布教に成功している影でひっそりと新しい神々が創造され、
アニメの放映中さなかに同時進行で世の中に送り出されていたのです。



その名は、シンデレラ教

今までのアイマス教は、765原理主義をあくまで延長した教えだったのですが
シンデレラ教はまったく新しい神々を据えた従来とは異なる宗教、宗家と言えます。

765教との違いは以下の点になります
  • 和よりも個を重視する姿勢
  • 偶像神の数が布教開始時点で100体以上、現在200以上ととにかく多い
  • 布教開始の方法が、ソーシャルゲームという当時の流行りに乗った形
布教開始した時期、時代の流れが完全にシンデレラ教に追い風を与えていました。
アニメ放送でアイマス教を知った信者未満の人間への受け皿になり、ソシャゲが流行り出した中で、アイドルものとしての珍しさもあり、さらに従来の信者は非常に追加課金するくせが
アイマス教765主義のゲームにて身に染みていたのです。

シンデレラ教はそのえげつない搾取の方法からTVニュースにさえなり、一気に有名になります。他にもかなり個性的なアイドルがいたことで知名度はさらに加速しました。
アイドルなのにニート、アイドルなのにケンシロウよりでかい、等明らかにインパクト重視です。それが最近の若者には興味を持つきっかけになったのかもしれません。


※上記のキャラクターは、アイマス教を知らない人間でもかなり認知されたと思われる。


シンデレラ教の信者が200万人超になった時点で、従来の10万人程度で細々と信仰していたころとは環境が変わってしまったのか、というとあまり変わりませんでした。
その理由は、シンデレラ教はあくまで「ソシャゲー」「携帯ゲー」でメディア展開しているのみだったため、世間一般の表舞台には顔出ししていなかった事が大きいと思われます。
あくまでも、本流ではなく、裏で活躍することで、本家765主義とは直接的な衝突も無く、いい意味で差別化が図れ、信者たちのいがみ合いは少なく済みました。

さて、そんなシンデレラ教がその後本家765原理主義を超えるほどの勢いをつけていく事になります。それは、メディアミックスの力です。

今回は此処まで。


次回以降は、シンデレラの多方面展開、新たに増えるミリオン教、そして765原理主義。
3つの大きな柱を据えたことによる宗教の変異を解説していきたいと思います。

〇〇教も、後々記事にします。こりゃもうわからんね。

それでは、よい宗教を。

その4 リンク
http://ch.nicovideo.jp/imaswww/blomaga/ar859500

コメント

とまと船
No.1 (2015/08/16 10:28)
アイドルなのにケンシロウよりデカイって、それはまさしく、、、ラオウ!!
ロランP (著者)
No.2 (2015/08/16 11:24)
>>1
コメントどもでーす。
ラオウは二メートル越えなので、難しいかもです。
そのアイドルは、自分の身長にコンプレックスを持ってるところが、またかわいいんです。
ユウ@舞うって不思議
No.3 (2015/08/21 16:33)
>>1
ラオウ今は去れ!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事