とまと船 のコメント

とまと船
No.7 (2015/08/16 07:39)
(ワイの頭の中で)吉沢明歩似の妹ちゃんを追い詰めるブラックな企業に激おこプンプン丸! 是非いい人♂を見つけて、幸せになって欲しいのぜええ!!

>>6
>和をもって生活してきた分、いろいろごちゃ混ぜになりすぎて、何が善で何が悪か、よくわからなくなってる

コレは感じるのぜ。いわゆる「空気」という奴やのぜ。善な判断ではないけど、上役や周囲が望んでそうなこと=「空気」を読んで、結局望ましくない方向に進んでしまうこともあるやろね(内部告発必要案件等)。 空気を読んでいった結果、より周囲と親しくなれるとか、より集団の一員として認められるとか、より一体感を持って行動できるとかメリットもあるけど、自分を酷使して疲れ果てたり、自分を含めた組織全体を客観的に見る目がなくなっていったりするデメリットもあると思うのぜ。 

いじめ問題も、ある意味コレと関係があるんやないかと思うのぜ。 ヒネガキ大将を中心としたクラス内の無言の圧力を感じて、いじめに加わることが一体感や承認の基となり、反対することが村八分の基となる。周囲全体が敵なら、逃げるしかない。生存、戦略のために徳川家康公も徳川慶喜公も、逃げることをしたし、最終的には偉業を成した方々なので、まったく恥ずべきことではない。退却も考慮に入れて策を練ることこそ、賢い人のやることなのぜ。

ブラック企業の場合、若手が自分を酷使してしまいやすい構造になってそうなのぜ。せやからロランさんの言うとおり、就職しても家族との連絡や繋がりは密にした方がエエと思うのぜ。孤独状態空気染大体洗脳過労危険之是。客観的にその状況を見てくれる人が居ればエエやろね。 ただ、家族もまたブラック企業と同じ考えなら、難しい話になってくるけど、とにかく自分の体力の限界を意識して、無理せんようにするのがエエと思うのぜ。

このコメントは以下の記事についています