ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

小さな楽しみを貴方に

人の心 それを映す 鏡 「鍵作品」

2015/07/21 00:41 投稿

コメント:16

  • タグ:
  • 哲学
  • 純粋
  • 泣きゲー
こんちゃ、ロランPです。
哲学的な話を1つ。
最近読んでる小説と、あるゲーム作品を考えてこの記事のタイトルにしました。

えと、私が昔はまったゲームで、ギャルゲーって言われるジャンルの中にまた、
泣きゲーって分類がありまして。
ゲーム内容は、エロ要素を重視するのではなくて、
人と人の心情による物語を重視して、感動できる話ってのが、そのジャンルの概要ですかね。

で、私がはまった理由は、それが本当、すっげー泣けるからなんですよ。
だから、感動する、感情移入する、で、このブログの右側の絵も急に書いちゃう。
それくらい、影響を受けました。

まぁ、そりゃライターさんがそういった意図で物語を作ってるんだから、当然っちゃ当然。

で、そういった泣きゲーって、アンチもすっげー多いんですよ。
で、アンチがどんな意見かっていうと

お涙ちょうだいだろ
ご都合主義だろ

こんなとこですかね。
ま、言い分も分かるっちゃわかります。
そりゃ現実社会にこんな出来すぎた話はないし、明らかに泣かせに来てる。
反感を抱く人がいるのも自然だ。

で、だ。
私はこう考えた。
こういった純粋と言っていい綺麗な作品というものは
その人の心をきれいに映し出す

鏡、そのものなんじゃないか?と。


※日の本の国に置ける神器が一つ 鏡


んと、人間が花とか、自然とか綺麗なものを見たとき
それに対して抱く感情そのものが、
その人間の全てを映し出しているといえる。

花や自然を美しいって感じる人は、心が美しい。
花や自然を邪魔だ、うっとおしいと感じる人は、心がひねくれている。

こんな感じで、綺麗な作品もそういったことが言えると思ったのだ。
で、鍵作品って言われる中で、私が実際プレイした、アニメを見たのは3作品ほど。
Air CLANNAD リトルバスターズ!
この3つ。

で、私はすんげー泣いたりしたわけだが、
大人がそんなに泣くか?って言われても全然恥ずかしくもないし、俺は泣くぞっていう。
むしろ、自分にこんなにも綺麗な作品を心から感じられて、泣ける純粋さがあったのか、
って自分にびっくりするし、嬉しくもなれる。

世の中、基本的に汚いから、人間大人になっていく過程で、だんだん汚れて、すれていく。
だって、そのほうが、世界に迎合するほうが生きやすい。
自分の心を傷つけないで済む。
諦めとか、折り合いをつけさえすれば、それ以上悩まなくて済むし。
でも、
それでも、
傷付きながらも
心が綺麗なままで
生き続けることが出来れば

私は凄く素晴らしいことだと思う。もうね、尊い。

んで、現代社会において、心がすれて、死んでしまっている皆様。
私が上で紹介した作品を、
「どうせ、綺麗事だ」
「どうせ、作り話だ」
ってフィルターを外して、心から真正面に見てみてほしい。

そうして何を感じるのか、
あなたの心をその鏡に映して、確かめてみてほしい。
もし、あなたに純粋さ、綺麗さがまだ残っていたのであれば

それを貴方は誇っていいし、私はそんな貴方を嬉しく思う。

コメント

ロランP (著者)
No.14 (2015/07/25 19:07)
>>この記事に限らないけれど、
「相手が欲しがっていそうな物をすすめるのではなく、自分がやらせたい物をすすめる」
典型的なコミュ障の書く記事w

ここで、疑問が生まれました。
なぜ、私が「相手の欲しがっていそうなものをすすめる」必要があるのでしょう><
私は、他人の顔を疑うためにブログをやってなんていませんので、上記の考えになる発想、理由がまったく分かりません。
この思考回路を分析すると、常に他人の気をうかがいながら生きてる、自分がこうしたい、こうやりたい!って意思のない無能な人間像が思い浮かびます。
まず、ブログに限らず創作活動を行う人は、まず自分が書きたいものを書くのが普通です。べつに、真有に褒められたいわけじゃないですからね。
で、ここで逆説的に考えますと、最初の一文を考えるような方は、「褒められたい」「他人に認めた貰いたい」という自己欲求が非常に高い人間、と言えますね。
またいい思考実験になりました。
通りすがり
No.15 (2015/07/31 01:01)
なんだよ最近は荒らしに対する対応はホメて取り込む方向に変えたの?
ロランP (著者)
No.16 (2015/07/31 01:18)
またまたどうも!
結局、私からしたら荒らしの方だってお客さんではあるんですよ。
彼らは彼らなりに、その人生を生きていて、なんかしら考えがあるから、理由があるから荒らすんです。
で、それに対して理解不能だ、ってレッテルを張ってしまったら、それ以上お互いが理解し合うことはできません。
まぁ、相手を選びますけど、ちゃんとまっとうな理由で私を批判してくれたり、私の作品のなにがしが気に入らないから荒らすっていう、明確な意思が見える方の事は、出来る範囲でですけどわかってあげなくちゃmという気持ちに動いています。
それが、お互いが幸せになれる方法だと思うからです。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事