小さな楽しみを貴方に

雑記 音ゲー周りの話を色々

2020/07/25 08:24 投稿

  • タグ:
  • 音ゲー
  • オンゲキ
  • アイドルマスター
前に書いたオンゲキ記事が色々滑ったなあと反省していたら大分間が空いたので、オンゲキに限らず自分の触れてる音ゲー周りで思う事をつらつら書く。

ミリシタが3周年を迎えて、記念衣装のスペシャルトレーニングが始まった。これはゲーム内で特定の条件をクリアすると手に入った3周年衣装のアナザー版が貰えるミッションで、今回の条件はライブ(音ゲー)を自分でプレイしてれば大体なんとかなる。
ミリシタはライブのスキップチケットがあるんで、楽が出来るならすぐ流れる私は今まで9割チケットを使っていたが、今回はなるべく自力でやらんといかんので後回しにしていた未フルコン曲を細々消化している。
これを作業と思うか楽しいと感じるかで今の自分の熱が分かるなと思いつつ、新作のミサワのライブレポ漫画に感化されてまだ遊んでみますかとなっているあたり、アイマスは総合コンテンツだなぁと。


オンゲキは現バージョンのサマープラスがそろそろ終わる兆しをみせていて、夏の終わりの花火曲がオリメンで初のバラード調だったり、わだかまりの出来た後輩との和解、アステリズムの歌うエンディング曲とエモい動き。花火イベのSSRカードを撮影してみたが、これ絵繋がってることについさっき気付いた。

次のバージョンは最近オリ曲に宇宙要素が多かったんでオンゲキ ギャラクシーになって銀河の想いはオンゲキ!ってタイトルで私がスーパーウルトラメガトンブラスト銀河美少女よ!さんがマイケルと一緒に宇宙クジラ相手にオンゲキ勝負するよ、俺は詳しいんだ。

リステージはオンゲキのコラボが終わってから細々遊んでいるが、高難易度の楽曲が慣れるまで延々と死にゲーなのでそこで手が止まっている。
高難易度がクリアできるようになると、イベント時のポイント効率が良くなるリターンがあるので努力すべきだが、それ以上に途中落ちのシャッターガシャーンが心に与えるダメージがデカイと感じるあたりリステ愛とか言うパラメーターが存在するなら、俺はそれが低いんだろうという結末に思い至った。
しかしまちカドまぞくコラボやるよ!とか言い出したので高難易度と向き合う必要があるようでそれもこれも全部シャミ子が悪いんだよと悪態をついて今回はおしまい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事