小さな楽しみを貴方に

4 今のアイマスのゲームの中身とその付き合い方

2019/07/15 10:51 投稿

  • タグ:
  • アイマス
  • アイドルマスター
  • 音ゲー
定期的に書いてた記事として、今のアイマス関連の状況を浅く広く書こうと思う。

まず今動いてるコンテンツとしてはデレマス、ミリマス、Mマス、シャニマスの4つになるだろうか。765の本家はどうした!?って言われそうだが、現状ミリシタで共存してるような状況なので1つにまとめた。

まず4つすべてがソーシャルゲームを主戦場として動いている。ライブが主戦場だろって!?
あれはあれ、これはこれね。
しかし思うのは、ソーシャルゲームは飽きられない様に大体2週に1度のペースでイベントと称して新曲を出してきたり、ガシャで新カードを追加したり、何周年とかの折に新キャラを追加したりと、とにかく情報の更新が早い。ペケ箱で1か月ごとのDLCの更新があったころの倍のペースで、しかもそれが複数のアイマスで動いている。
サイドMが追加された時点で全部のコンテンツをほぼ追いかけられないと書いていたが、現状シャニマスが追加されたことでさらに拍車がかかっている。

いっぽう、コンシューマゲームとしてのアイマスは、正直これ以上でるのかな?と思う程度には新作が出る予感がしない。
家庭用で出たアイマスシリーズのゲームを思い出すと、

アケ版の初代→コンシューマ化&美希を追加した360版→携帯化&貴音&響を追加したPSP版

新しい主役を据えたDS版

765プロの1年後を書いたアイマス2→ゲーム性などを引き継いだ完全版のOFA

PS4でモデルをだいぶ変えたプラチナスターズ→完全版っていえるステラステージ

途中にでた音ゲー寄りのソフトを除外するとこんなところだろうか。
さて、この先新作が出る予感がしない理由は、これ以上ゲーム性をどうするのか?
って所にある。
他ゲーでいうならギャルゲーパートという、ストーリー(コミュ)の部分は全シリーズある。
そりゃ分類上ギャルゲーだしそれがメインだろう。しかしその他のゲームとしての部分はどんなだったかっていうと、リズムゲー+αって所だろうか。

いや、初代はアピールの戦略があっただろォとか、2は全国の攻めてく段取りとか、それ以降のシリーズはスキルとかアビを駆使して戦略性がそりゃああった。

しかし、だ。ゲームの大部分、何に触れてたっけ?って思いだすと各アイドルとのストーリーと、それと同じくらい、あんまり難しくないリズムゲームを延々とやっていた事実だ。
プラチナスターズあたりはとくにその割合が2:8くらいだった気がしてしんどい。

そして今主戦場になってるソシャゲのアイマスは、4つ中3つのタイトルで音ゲーがあり、
ソシャゲによる周回+音ゲーはどうしても飽き気味になってしまう。そんな状況の今、コンシューマにさらにリズムゲー寄りの新作を出しても目新しさはないし、シャニマスのパワプロ育成+初代のオーディション風味な対戦要素を出すにしても、バランス調整うまくいくの?と現状のシャニマスを見ててもそんな感想しか湧かない。

音ゲーがメインってわけでは無いからデレステの放置編成とか、ミリシタのオートプレイといった抜け道もあって、実際に音ゲーをやる頻度は減りだいぶ楽なもんなのだが、逆説的に考えればリズムゲーは負荷になってるだけじゃないか?となる。そりゃアイドルのPV見たさにやってる側面がほとんどだしなぁ。
リズムゲーが面倒→ゲームやるのが面倒→起動すら面倒→やらなくなるってパターンは実際あるだろうし、実際自分もなった。
このマンネリの打破を、果たしてどうしてくれようかと思った自分が取った行動は

まったく違う音ゲーをやる、という選択だった。
(アイマスではない記事に続く)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事