いまけんのブロマガ

ビジネスマナーについて素人が必要と思ったことをまとめてみた。

2013/06/19 01:14 投稿

コメント:28

  • タグ:
  • 就活
  • ビジネスマナー
  • 教育
  • 教養

人の前に立つ職業に就くことを考えているため勉強ついでに一度ビジネスマナーについてかなり簡略化してまとめてみた。実際に社会に出た素人の実体験を元にしてがまとめたものだからホントに必要なことしか書いてない。


・超重要項目
意外とみんなビジネスマナーに自信がない。



(参照)http://allabout.co.jp/gm/gc/297610/

上記の表を見てほしい。就活を控えている人、実際に就活をしている、したという人はあれ?っと思わない?

なんか大学等で受けたビジネス講座でこれを知ってて当たり前です。と言わんばかりに説明をうけた内容のビジネス会話はみんな誰もが自信をもっているわけではないということがわかる。教養がありそうな50代以上だって「とても自信ある」という人がいないんだから。

ここで言いたいことはとにかくみんな「ビジネスマナーは自信がない。」つまり就活でビジネスマナーが自信がないおかげで挙動不審になる人は素直だが、かなり損していることがわかる。

ビジネスマナーとは、意識すべきだが、意識しすぎるとダメ。これが結論。知っておくとかなりお得。

・Q.意識したほうがいいことは?

A.あまりない。けどビジネスマナー=相手への思いやりと覚えといたほうがいい。

んじゃ無視すればいいの?ってわけにもいかないので意識したほうがいいものをまとめてみた。

※身だしなみ←これかなり重要。これは相手が対面にいなくてもしなくてはならないものだし、チェックが容易だからせめて家出る5分前にチェックする習慣をつけとけばOK。中身がDQNでも意外とみんなしっかりできます。だから最低限これだけは。

なんかビジネスマナーの本とかでやたらネクタイの色とかスーツの質や種類に言及しているものあるけど、それに対し指摘する人はあまりいないから。特にマイナス点として指摘してくる奴なんてほぼいないんじゃん。ただYシャツの下にVネックのTシャツや下着(無地で白かグレー)は夏でも冬でも着たほうがいい。夏は着ないとYシャツが黄ばむ。これはマイナス。

【リンク】

(具体的な身だしなみチェック項目)http://allabout.co.jp/gm/gc/297594/

※敬語←さっきあまり重要でないといったけど気になってしまうもの。10分チェックすればいいあとはひたすら現場で慣れようという意識さえあれば。

【リンク】


(敬語一覧)http://event.jp.msn.com/newlife2008/words/list.htm
(ビジネス枕詞)http://allabout.co.jp/gm/gc/297604/
(クッション言葉)http://allabout.co.jp/gm/gc/291839/

下2つはビジネス敬語で超便利な定型文。接客のアルバイトなどした人であれば【接客七大用語】とか聞いたことがあるかもしれないけど、復唱することで慣れた言葉って必要な時にふとでてくるもんなのですごい不安なひとはフロの中でも口に出してみるといい。

口癖は注意!!あと尊敬、謙譲、丁寧語は知ってるってひとも敬語のルールは覚えとこう。

敬語のルール
①お客様、社外の人にはすべて敬語
②社外の人と話すとき、自社の者に関して本人を敬う言葉は使わない。
③上司、先輩は尊敬語、同僚には丁寧語
④ビジネス上の会社内外の者に対して自分の肉親のことをいう時は敬語を使わない。
⑤お客様、他社についての話をするときはいかなる時でも敬語を使う。

御社は話し言葉、貴社は書き言葉など複雑なのはその時その時覚えればいいと思う。
これが知らないとかで仕事を切られるとかはほぼない。(そりゃ知らないのが目立てば一流会社の出世競争の時は減点項目として相手のカードになるかもだけど・・・。もうこれはねぇ・・・。)

※自己紹介(あいさつ)
名前ネタとかもっとくといいよ。程度
でも自己紹介は二種類あることは覚えよう。1つは【大勢に対して】、2つ目は【一人ひとり】。もしかしたら一つ目を省く職場もあるかもしれない。2つ目は絶対になるべくチームや部内全員行いたいところ。これをやるかやらないかで印象が変わるかなり重要。

※時間
時間に遅れるのはダメ。(締め切り厳禁!!!)
でも早すぎるのもダメ。
約束の五分前ぐらいでOK
ベストは待ち合わせ等の駅に少し早くついてトイレを済ましておくとか身だしなみなどのチェックする時間を設けるのがいい。

遅れるとわかった時は約束の時間までに先方に連絡する。

【まとめ】

・ビジネスマナー=相手への思いやりということを忘れないこと。
相手がウザくてもキモくても最低限行うこと。マナーが原因で嫌がらせとかうけたら嫌でしょ。

・人は外見で判断することは理解すること。
だからお辞儀とか言葉使いとか気をつけるんだけどそれを気にしすぎて挙動不審になるんじゃ本末転倒でしょ。

・あんまり気にしすぎないこと。

あとはビジネス文書とかは必要時にググればいいじゃない。フォーマットもネット上に落ちてるし。

以上です。


コメント

いまけん (著者)
No.27 (2013/07/01 22:25)
>>26
そうですね。まさに私もそのとおりだと思いますし、そうでした。
その時折で必要なマナーはそのときそのときでカバーできるんです。それをなんとなく必要だからといってまるめて覚えようとすると苦手意識が芽生えて足がすくむことを今回問題にさせていただきました。
Psyche-moth
No.28 (2013/07/01 23:21)
>教養がありそうな50代以上だって「とても自信ある」という人がいないんだから。

↑そもそも、これも日本においてはビジネスマナーの一環の気がする。
謙虚な態度。

スポーツ選手みたいな鼓舞する戦闘要素がある若者のインタビューならまだしも、
「あなたのスキルに自信ありますか?」と質問されて
「大いにある!」と自信満々で自分ageするビジネスパーソンは
なんとなく傲慢で胡散臭そうに思えてしまう。
いまけん (著者)
No.29 (2013/07/01 23:42)
>>28
そうかもしれませんね。しかし一応このような統計を提示して不安要素を取り除くメッセージとして伝われば、私はいいと思ってます。話は変わりますが、ビジネスマナーって考えれば考えるほどフレームが曖昧ですよね。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事