我が家のコンコン様(仮)

寂しがりやのケータイ君【2007年2月28日・記】

2016/06/22 21:59 投稿

  • タグ:
  • 携帯電話
  • 不思議譚
  • 怪談

私は一時期、2台の携帯電話を使い分けていました。
1台は仕事専用、もう1台はプライベート用です。どちらにも頻繁に電話がかかってくるので、いつも2台とも持ち歩いていました。

ある日、家を出ようとして玄関で靴を履いていると、仕事用の携帯が鳴りました。
画面を見ると、もう1台の携帯からの着信でした。

私は震撼しました・・・なぜなら発信元であったその携帯は、玄関から目につく場所に置いてあったからです。
この日は急いでいたので、かばんに入れるのを忘れていたのです。すぐに取りに戻ると、着信は止みました。

家に置いていかれることを察知した携帯が、私を呼んだようです。

DATE: 02/28/2007 21:07:46


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事