ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

徒然にゲームと愚痴と駄文。

第288回 超会議3どうだった?

2014/04/30 06:02 投稿

  • タグ:
  • 超会議3
  • 感想
  • 愚痴
  • 幕張メッセ
  • 進歩を感じられない
超会議が終わってすぐにブロマガを書こうと思ったが、29日のコミ1まで外に出ずっぱりで体力的に死んでいたのでやっとこ更新。






 そんなわけで土曜日から二日連続で超会議3に行ったときの話です。
自分は超会議発表会をほとんど参加しての優先入場での参加。
 
 優先入場券は限定販売で一般入場より早く入れるという触れ込みのチケット。
では、実際早く入れるかどうか、というと……。




 実際は幻想でした。
優先入場で有利なのは入場ゲートとホールに入る入り口のみ。
並んでるときは一般入場より狭い。
写真では、左側の日向が優先入場、4列に対し、一般入場は日陰だが、およそ8列。並んでる最中も随時詰めている。
ちなみに中央の道はトラックが通ったり、初日の中曽根オフの通路。普段は写真のとおり人がふらふらしている。

 入場ゲートで優先と一般と進む通路が異なり、ホールを大回りし、入場ゲートの反対側に列ができ並ぶ。

 入場のとき、ホールのへの入り口は一般が1箇所に対し優先が3箇所で、見た感じ優先が有利なように見えるが実は、一般入場列はホールからインコースに並んでいるため、大回りでカーブを回る優先入場より入場が近い。
 また、安全面を考慮してか、ある程度の人数を塊として入場させるため、スタッフの誘導で移動。
そのため、入場口がひとつだが、連携をとるスタッフの数が少ない一般入場のほうが有利。

 優先入場は4列と少ないうえ、入場口でさらに2列にわけ、3つの入り口に振り分ける。
そのため、スタッフの人数がおおく連携が取れていないため入り口前で足踏みをさせられた。

 結果、優先入場よりも徹夜の一般組が最速っぽい。いいか悪いかは別ですが。
運営サイドがダメ、といっても幕張メッセ前に大量のゴミがあった事を考えると徹夜組はかなりいた様子。
 その次が一般優先に関係なしの始発組、といった感じ。
もし来年、超会議4があるとしたら優先が買えないと落胆するよりも会場近辺でホテルを探したほうがいいかもしれない。

 ゴミ、といえば、列の長さに対してゴミ捨て場、トイレの数が圧倒的に少なかった。また、スタッフにゴミ捨て場の場所を聞いたら、列を挟んで背後にあるにもかかわらず、「わからない」という返答が。スタッフの質も恐ろしく低い。

 トイレはホールの一部がトイレへの場所だけ開放され、そこに長蛇の列ができるわけだが、大と小で分けないため、無駄に長い列ができていた。
また、ホール内に入るとそこにもゴミ捨て場のカートが。
そのゴミ捨てのカート、外に置けばいいのに、そういうことも考え付かないらしい。
また、そのゴミも前日のゴミが捨てられたままなので不衛生極まりない。
そんなゴミ捨て場が少ない状態で運営スタッフはイベント終了後に配っても差し支えないアンケート用紙や超パーティのビラを複数人数で丁寧に配っていた。
正直、始まる前にそんなゴミはいらないのだが。ゴミを配るならゴミ袋をもって回収しながら行ってほしい。

 超会議が始まる前からほめるべき点がない……。
続きます。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事