いい大人達が本気でブログを書いてみた

『マッツァンカードゲーム』Q&Aページはこちら!

2019/07/25 20:22 投稿

コメント:13

  • タグ:
  • いい大人達(ゲーム実況者)
  • マッツァンカードゲーム
  • Q&A


9f2a2366c492d3de37db37c862ca018e713fcdc1ab4e6e38b8184ea2b0b48a4501367c809b21dbb4
26106e8d4e06441c60c3002ad25d5c0de89b25dfc18dc2be1ef6b19c79f124b2e5407656c7573470db26de431b27f85aa83715903211a104c6d773f26a5d9e3f7dae59c380ae3956bb7af912876c1026



 こちらのページでは、マッツァンカードゲームについての質問をまとめています。
 公式大会などでは、新しい情報で対戦していただけますよう、お願いいたします。



6908f037508c80baee4828edfe1fc51f87775c43

 2019.7.25 Q&Aページ更新
 2020.9.26 ページリニューアルに伴い、過去のQ&Aを一部更新
 2020.9.26 Q&Aを追加



2da12213806194f6d2a99b88be0d412ab39f9e45




【内容が類似または重複している質問については、内容を統合・省略させていただいております。】


Q.マッツァン全能アーマーですが、手札コストとして破棄した場合も手札に戻ってくるという認識で大丈夫でしょうか? もしそうであるならば、無限に手札コストとして利用できるので、第1弾のカンナや星獣ヴァルゴと組み合わせることでかなり相手の行動を制限できてしまいます。

例えば、カンナとヴァルゴがフィールドに、マッツァン全能アーマーが手札にある状態ですと、実質手札消費なしで攻撃、ダメージ、破棄効果を無効化し、切り札も実質手札1枚で無効化できるので、この盤面を覆す手段がかなり限られてしまいます。

→今回のQ&Aの更新により、切り札「マッツァン全能アーマー」の効果を以下に変更します。



 デッキに一枚制限。
 このカードは、付与されたユニットが撃破・破棄された時のみ、捨て山に送られる。また、このカードが上記以外の効果で破棄される時、このカードを手札に戻すこと。さらに、このカードはあらゆるカード効果の代償とすることができない。

 味方フィールドのユニット1体にこのカードを重ねる。そのユニットのHP、ATK、DEF、魂をそれぞれ【1】に変更する。

 さらに、このカードが捨て山に存在する時、味方フィールドの【ユニット:全能戦士ガイアマッツァン】は以下の能力を得る。

 <<特殊能力>>マッツァンスーパーボディ
 このユニットのHP・DEFを【+20】する。


上記内容への変更に伴い、ご質問内容のカード使用方法は不可能とさせていただきます。



Q.「ミサイルドラゴン」に関して
このカードが手札・山札・場にある時に複数破棄の対象になった時、ミサイル以外の破棄対象になってたカードを守れますが、以下の場合の処理はどうなりますか?

①《不落の重装戦術家》の必殺技のベンチ破棄は同時破棄ではなく順番に破棄なので、もしミサイルドラゴンが2番目に破棄される場合、1番目に撃破(破棄)されたカードを守ることはできないということでよろしいでしょうか?

②《不落の重装戦術家》の必殺技で1枚目にベンチのミサイルが破棄されて、相手の《不落の~》を破棄した場合、こちらのベンチにセットカードが残っていても《不落の~》の必殺技は戦場からいなくなったことで中断されますか?

→双方の場合において、その処理で問題ございません。



Q.「かくしみさいる」について
このトラップは相手が交代を宣言した時が発動トリガーですが、こちらのカード効果で相手のユニットを交代させた場合(全太郎など)、このトラップは発動できますか?

→できません。
 トラップ「かくしみさいる」は、相手のターン中に相手プレイヤーが自発的に「交代」を宣言した時のみ発動可能となります。



Q.五十嵐しげあきの必殺技で一番下に移動する女カードが複数あった場合、その順番は決まっているのか。決まっていない場合、どちらのプレイヤーが順番を決めるのか。

→ユニット「五十嵐しげあき」の必殺技を受けたプレイヤーが、任意で決定してください。



Q.夏野夜空の特殊能力<お姉ちゃんパワー>は、1ターンに複数回使えますか?

→はい、条件を満たすならば複数回 使用可能です。



Q.ジャスティスヤンキーの特殊能力<激闘!義理人情に熱い漢!>と、ドラコン死霊の特殊能力<社山昇龍歯>の効果は、どちらが優先されますか?

→それらのユニットのプレイヤーが、任意で決定してください。



Q.自分のオフューカスの特殊能力で自分の戦場にスライムが存在し、かつ相手戦場ユニットの残りHPが1の時、どのような順番でダメージ処理を行いますか?

→この場合、以下の順番での処理となります。
 1.自分のオフューカスを除くすべてのオモテユニットに【1】ダメージが同時に発生。
 2.敵戦場ユニットのHPが0になりますが、撃破処理を挟まず『猛反発ボディ』が発動。
 3.敵戦場ユニットに追加ダメージが発生。(つまりHP1の敵戦場ユニットに対し2ダメージが発生)
 4.敵戦場ユニットが撃破となり、撃破処理へ。



Q.オフューカスの効果でダメージを与えるユニットの順番は、どちらのプレイヤーが決めますか?
また、オフューカスの効果で両方のプレイヤーの戦場ユニットが撃破された時、どちらのプレイヤーから戦場にユニットを配置しますか?

→ユニット「星獣オフューカス」の特殊能力により発生する全体ダメージは、対象となるユニットすべてに同時にダメージが発生します。
また、その全体ダメージにより双方のプレイヤーのユニットが撃破された場合、それぞれの撃破処理も同じタイミングで行います。
なおこの時、双方のプレイヤーの戦場が空白となり、ユニットの再配置を行う場合、ダメージの発生源となったオフューカスのプレイヤーから先に行い、その時点でユニットを再配置できない場合は、そのプレイヤーの敗北となります。



Q.フィールドにオフューカスとカプリコーンがいた場合、どちらの特殊能力の処理から行いますか?

→それらのユニットのプレイヤーが、任意で決定してください。



Q.自分のオフューカスやカプリコーンの特殊能力の効果で自分のフィールドのユニットが撃破されました。その撃破に対してスターライト・ヴォヤージュを使用し、フィールドにオフューカスかカプリコーンが配置されました。この場合、配置されたカードの特殊能力は発動されるのでしょうか?

→発動しません。
「毎ターン開始時に効果を発揮する特殊能力」は、ターン開始の瞬間にそのユニットがオモテでフィールドに存在していることが発動条件となります。
スターライト・ヴォヤージュで配置されたユニットが所持する『毎ターン開始時に効果を発揮する特殊能力』については、次の自分のターン開始時から発動します。



Q.ベリルドレイクをフィールドに配置した時、特殊能力の効果で捨て札にあるベリルドレイクをセットしました。この場合、フィールドに配置されたベリルドレイクの特殊能力はどのように扱われますか?

→捨て山からセットされた「ベリルドレイク」の枚数分、「竜の逆鱗」による【ジャンル:紙ペンコロ】のユニットカードを重ねる効果が累積し、フィールドに配置された「ベリルドレイク」は重ねられたカードすべての『必殺技』『超必殺技』『特殊能力』を得ます。(同名の『特殊能力』は効果累積)

なお、「竜の逆鱗」により捨て山の「ベリルドレイク」を重ねる時、重ねる「ベリルドレイク」の「竜の逆鱗」の効果のうち、【ジャンル:紙ペンコロ】のカード代償を求める効果は発揮されず、【ジャンル:紙ペンコロ】のカードを最大3枚重ねる効果、および、配置完了後に【1D】して出目が『6』だった時の【100】ダメージ効果が発揮されます。(この時に発生するすべてのダメージ効果は同時に発動処理)



Q.やさぐれマンドレイクの特殊能力やトラップカード「スマホ使え」の効果は、複数のダイス判定を行うカードに対してはどのタイミングで発動されますか?
例:ノッチマンの超必殺技の場合、10回ダイスを振ってから1つに発動させるのか。それとも1回ダイスを振るごとに特殊能力を使用できるのか。

→ダイス判定の表記によって、ダイス介入カードの使用宣言タイミングが変わります。

ノッチマンの超必殺技「プニプニ肉球百裂拳」など、【10D】するといったダイス表記は「その数のダイスを一度に振る」ことを指すので、それらのダイスがすべて振り終わった後、ダイス介入カードの使用宣言タイミングが発生します。
この時、ダイス介入カードの効果が「もう一度ダイス判定を行わせる」場合はもう一度【10D】を行い、「ダイス値を操作する」場合は【10D】の中から任意のダイス値を変更します。

また、集中マンの必殺技「コンセントレーション!」など、特定のダイス値が出るまでダイスを振り続けるものについては、ダイスを振る度に、ダイス介入カードの使用宣言タイミングが発生します。



Q.「ダイスちゃんがやってきたよ」や「やさぐれマンドレイク」の様な、ダイス判定に対して効果を発動するカードが複数使用宣言された場合、処理する順番はどちらのプレイヤーが決めるのでしょうか?

→一方のプレイヤーAがダイス判定を伴うカードを使用した後、他方のプレイヤーBにダイス介入カードの使用タイミングが発生し、そのダイス結果に対して、今度はプレイヤーAにダイス介入カードの使用タイミングが発生、と交互に使用宣言と処理を行います。

またこの時、プレイヤーAのダイス介入カードの使用と結果に対し、プレイヤーBに対抗の意思が無かった場合、プレイヤーAはさらにダイス介入カードの使用を宣言することができます。

最終的なダイス値は、「最後にダイス判定に対して効果を発揮するカード」によって算出された値を参照します。



Q.カンナが味方ベンチにいるときに、相手プレイヤーの戦場ユニットが攻撃宣言を行いました。この時、カンナの特殊能力で「攻撃」を返す場合、どのユニットのATKが参照されるのでしょうか?

→味方ベンチのユニット「PAXXX-01 カンナ」の攻撃力を参照します。



Q.カンナが味方ベンチにいるときに、相手プレイヤーのベンチユニットが「攻撃」を行いました。この時、カンナの特殊能力で「攻撃」が返される場合、どのような処理が行われるのでしょうか?

→味方ベンチのユニット「PAXXX-01 カンナ」の攻撃力を参照し、敵戦場ユニットに「攻撃」するかのように処理を行います。



Q.いい大人達もどき軍団にすばやさのもとがついている状態で特殊能力を使用して相手戦場ユニットに攻撃を行うとき、すばやさのもとの効果の追加攻撃はいつ使用されるのでしょうか?

→切り札「すばやさのもと」は、このカードが付与されたユニットの『攻撃』処理完了後、即座に、再度『攻撃』をするかどうかを宣言します。



Q.ベンチに表側表示で配置されている道迷いの妖刀使いが、「交代」の効果で戦場に配置されました。この場合、戦場に配置された妖刀使いの特殊能力<居合抜刀>は効果を発動しますか。
また、フィールドに表側表示で配置されている「アハハちゃん」や「ノッチ」が「交代」の効果で戦場又はベンチに配置された時、それぞれの特殊能力は発動しますか?
過去のQ&Aでは、
>以降、ルールとしての「交代」や「バトンタッチ」の使用などにより「ゴッドバード」が表側表示のままフィールドのどこかに再配置される度に、特殊能力が発動します。
とあるので、他の同様の効果を持つカードに関しても気になります。

→今回のQ&Aの更新により、ユニット「道迷いの妖刀使い」の特殊能力発動条件を修正します。
該当ユニットの特殊能力「居合抜刀」は、該当ユニットがオモテになった時、または手札などからオモテで配置された時のみ発動し、以降は何らかのカード効果によってフィールドから取り除かれてから再配置されない限り、同一ユニットから特殊能力「居合抜刀」は発動しません。
他の同様の効果を持つカードについても、同じ処理を行います。



Q.「赤山兄妹」の効果はベンチを埋めるようにカードを置かなくてはならず、カードが少ない場合は相手に山札を公開する必要がありました。
では、「アハハちゃん」や「正義戦隊ジャスティスジャー」の様なカードの場合、フィールドに空きがあったら強制的に山札から配置する必要はありますか?
また、山札にカードが無かった場合、相手に山札を公開する必要はありますか?
また、ベンチが埋まっていてユニットをベンチに配置できない場合でも山札のなかを見ることは可能ですか?

→今回のQ&Aの更新により、ユニット「アハハちゃん」や「正義戦隊ジャスティスジャー」、「赤山兄妹」などの「山札や捨て山から特定のカードを選び、手札に加えたりフィールドに配置する」特殊能力について、「その効果を発揮しても良い」へと変更いたします。

それに伴い、上記効果を発揮した時、山札に該当するカードが無かった場合は、相手プレイヤーに山札を公開する必要は無くなります。(シャッフルはすること)
ただし、ユニット「赤山兄妹」の特殊能力については、味方フィールドに空きが無い場合は使用を宣言することはできません。



Q.「才能はあるけど体力のないイタコ」で、「道迷いの妖刀使い」や「ノッチ」の様な配置された時に効果を発動する特殊能力を持つユニットを配置した場合、それらの特殊能力は発動しますか?

→発動します。



Q.お互いの場にターン開始時に効果発動するユニットがいて、同時に効果処理に入った場合、その解決順番はターンプレイヤーが好きに順番を決められますか?ターンプレイヤー側のユニットから効果処理されますか?

→ユニット「オフューカス」や「星獣カプリコーン」などが持つターン開始時に発動する特殊能力は、そのユニットのプレイヤーのターン開始時に発動条件を満たすため、双方のプレイヤーが同時に処理を行うことはありません。



Q.自分のベンチの「星獣オフューカス」のターン開始時の効果で自分の戦場ユニットが撃破され、ベンチからターン開始時に効果を発動するユニットが出てきました。
その場合、戦場に出てきたユニットのターン開始時の効果は発動できますか?「ターン開始時」に入ったタイミングでは裏側セットされていたから効果発動はできませんか?

→発動できません。
「毎ターン開始時に効果を発揮する特殊能力」は、ターン開始の瞬間にそのユニットがオモテでフィールドに存在していることが発動条件となります。



Q.「老練なる拠点兵長」の特殊能力は、ダークフィッシュパワーの効果で破棄される時にも効果を発動できますか?

→発動できます。



Q.一つの効果に対して、老練なる拠点兵長を2枚表にして効果を発動させることは出来ますか?

→発動できません。



Q.CPZ 065「大雪山こゆき」とCPZ 062「鬼門道子」が味方フィールドに表側表示で配置されている時、「大雪山こゆき」の超必殺技を使用しました。この時に敵フィールドに複数のユニットがいた場合、鬼門道子の効果で+1されるダメージは、敵フィールドの表ユニットすべてに適用されますか?

→適用されます。



Q.「大雪山こゆき」と「鬼門道子」が味方フィールドに表側表示で配置されている時、「大雪山こゆき」の必殺技を使用しました。この時、EXカウンターを4つ取り除いたとして、1ダメージを2体に、2ダメージを1体に分割して与えようとしました。この場合、鬼門道子の効果で+1されるダメージはどう扱われますか?

→分割したダメージそれぞれに+1します。



Q.複数のユニットが「サイバークラッシュ」などで同時に撃破が行われ、魂ドローが行われる時、「ダークフィッシュパワー」の様な「魂ドローをしたカードを破棄する」の効果を持つユニットが含まれていた場合、どのような順番で山札から魂ドローを行いますか?
例:魂4のユニットと、魂3だがダークフィッシュパワーがセットされているユニットと、魂1のユニットがサイバークラッシュで同時に撃破された時の魂ドローの処理。

→任意の順番でユニットの撃破処理を行ってください。



Q.「モンスターエッグ」や「たいりょくおばけ」の特殊能力の様な、「ユニットが撃破・破棄された時に使用を宣言できる」の「撃破・破棄」の条件を詳しく教えて下さい。
例:「フィールドのユニットを破棄することで使用を宣言できる」の様な、使用宣言に破棄を伴う場合。
「ゴッドバード」「出雲羅喉羅」の様な、表側表示になった時にカードの効果として破棄される場合。
「無慈悲な全員没収」の様な、全体を対象とした破棄効果を受けた場合。
「0点のテスト」を自分のフィールドのユニットに使用して撃破した場合。
ベンチに配置された裏側表示のユニットが、かくみさいる等で破棄された場合。 等々

→「ユニットが撃破・破棄された時に使用を宣言できる」条件の「撃破・破棄」とは、何らかのカード効果の「対象」となったユニットが、その効果によって「撃破・破棄」された時に該当します。
(例)0点のテスト=撃破、かくみさいる=破棄

何らかのカード使用に伴い発生する「代償による破棄」は、これに該当しません。



Q.「アイスくん」の超必殺技を使用し、敵フィールドは魂チャージカードが2枚横向きになったままターンを開始しました。この時、チャージフェイズで手札から1枚チャージカードを増やし、そのチャージカードを横にして切り札の効果が発揮されました。
この場合、特大ブーメランは使用できますか?

→使用できます。



Q.「アイスくん」の超必殺技で相手のチャージカードが3枚以上横になった状態になり、そこからチャージカードを1枚横にして切り札を使用されました。この場合、特大ブーメランは使用できますか?

→使用できません。
トラップ「特大ブーメラン」は、あくまで「3枚目のソウルチャージカードを横向きに」が使用条件となります。



Q.「ベリルドレイク」、「ダブルアタック」、「ジャスティスヤンキー」等の効果で、ユニットカードにユニットをセットしました。その後、何らかの効果でユニットを裏向き表示にした場合、セットしているユニットカードも裏向きにするのでしょうか。
また、切り札は裏向き表示になるのでしょうか。

→セットしていたユニットカード、切り札カードともに、オモテのままとなります。



Q.「アースクロウ」を敵戦場ユニットの攻撃に対して使用しました。この場合、与えるダメージ量は3でしょうか?

→与えるダメージ量は【3】となります。
ユニット「サリア・グレイ」のようなダメージ追加効果を持つユニットが存在する場合は、さらにダメージ量が追加されます。



Q.「魂のサッカーボール」を、【ジャンル:PROGRAM】と【ジャンル:エクスプロウドボール】以外のユニットにセットし、そのユニットが撃破されました。この場合、「魂のサッカーボール」を【ジャンル:PROGRAM】か【ジャンル:エクスプロウドボール】に移動できるのでしょうか?

→移動できます。



Q.ベリルドレイクの特殊能力で、妖刀使いを2枚セットしました。この場合、妖刀使いの特殊能力は2回発動するのでしょうか。
もし発動する場合、ベリルドレイクの特殊能力の100ダメージはいつ与えますか?

→ユニット「ベリルドレイク」の配置完了後、セットした「道迷いの妖刀使い」の枚数分のダメージ効果と、「ベリルドレイク」のダメージ効果を合計した値を、敵戦場ユニット1体に与えます。



Q.レディーファーストマンにEXカウンターが2個載っています。この時に、いてつくはどうけんを使用した場合、レディーファーストマンにEXカウンターが置かれるタイミングはいつでしょうか?

→切り札「いてつくはどうけん」によるダメージ・撃破処理が完了し、必要であればそれぞれの戦場にユニットの配置が済んだ後、即座にユニット「レディーファーストマン」の特殊能力を適用します。



●Q.敵フィールドに「女」のユニットが1枚表側表示で配置されているときに、味方フィールドにいるEXカウンターが1つ載っている「レディーファーストマン」に、「星獣スコーピオ」の必殺技等でEXカウンターを乗せました。この時、「レディーファーストマン」に乗るEXカウンターの数はどうなりますか?

→ユニット「レディーファーストマン」にEXカウンターを乗せるカード効果を使用した場合、そのカード効果の処理が完了し次第、即座に「レディーファーストマン」の特殊能力を再適用します。

質問の状況の場合では、ユニット「星獣スコーピオ」の必殺技の効果でユニット「レディーファーストマン」のEXカウンターが2つとなり、敵戦場ユニット1体に【2】ダメージを与えます。 そのダメージ処理の完了後、敵フィールドに「女」が1体いる場合、ユニット「レディーファーストマン」のEXカウンターは1つとなります。



Q.カンナの特殊能力でカウンターが発動した場合、手札を捨てるタイミングを教えて下さい。
「1枚すてる」を2回繰り返すのか、「2枚捨てる」を行うのか。
「1枚捨てる」を2回繰り返す場合は、もし手札にマッツァン全能アーマーがあった場合、効果が2回発動しますか?

→最初に「打ち消す」時に1回、さらに1Dして出目が3~6の場合に1回、計2回の「手札破棄」を行います。
切り札「マッツァン全能アーマー」については、今回のQ&A更新に伴い効果に修正が入り「代償として破棄すること」ができなくなりました。



Q.「緊急脱出装置発動!」を、対戦相手の山札が0の時に使用できますか?

→使用できます。



Q.相手のフィールドユニットに、ユニットにセットする効果を持つ切り札を自分が使用しました。その後、「いてつくはどうけん」が使用されたら、セットされていた切り札カードはどちらの捨て山に行きますか。

→その切り札カードをデッキに組み込んでいたプレイヤーの捨て山に行きます。



Q.「ザ・スライム」の特殊能力は「ダメージが発生した場合」とありますが、「星獣カプリコーン」等の能力で「ダメージカウンターを置く(置かれる)」場合は、特殊能力は発動しますか?

→発動します。



Q.「ダメージを受ける」と「ダメージカウンターを置く」に違いはありますか。

→違いはありません。



Q.「ダメージカウンターを置く」と「ダメージを受けない」の効果はどちらが優先されますか。
例:戦場にガーディアンゴーレムが配置されている時、ベンチユニットに「ダメージカウンターを置く」効果は発動しますか。

→「ダメージカウンターを置く」は「ダメージを与える」と同じ意味となるため、それらのカード効果に対するカウンターとして発動する「ダメージを受けない」効果が優先されます。
そのため、味方ベンチユニットに発生する「ダメージカウンターを置く」効果は、味方戦場の「ガーディアンゴーレム」によって防ぐことができます。



Q.ドキドキさんの必殺技を使用し、そのドキドキさんに手札からドキドキさんを2枚セットしました。その次のターンにドキドキさんを2枚セットしたドキドキさんが必殺技を使用した場合、どのような処理になりますか。

→「ドキドキさん」の「いじってあそぼ」は必殺技表記となっておりますが、「特殊能力」の誤表記となります。
 「いじってあそぼ」により「ドキドキさん」を重ねた場合、「タイチョーと脳が直結している設定」、「いじってあそぼ」ともに、常時発動し効果も重複します。



Q.ドキドキさんの必殺技で五十嵐しげあきを2枚セットしました。この場合、「タイチョーと脳が直結している設定」は2回分効果を発揮しますか

→「ドキドキさん」の「いじってあそぼ」は必殺技表記となっておりますが、「特殊能力」の誤表記となります。
 「タイチョーと脳が直結している設定」は効果が重複するため、例の場合、「ドキドキさん」「五十嵐しげあき」(2枚)の合計3枚分の効果が常時発動し、その結果【ユニット名に『タイチョー』を含むカード】のHP・ATK・DEFは、それぞれ+9となります。



Q.ドキドキさんの必殺技を使用し、ゴッドバードをセットしました。この場合の処理はどうなりますか。

→「ドキドキさん」の「いじってあそぼ」は必殺技表記となっておりますが、「特殊能力」の誤表記となります。
 「いじってあそぼ」の効果で「ゴッドバード」を重ねた場合、「いじってあそぼ」の処理が完了次第、「ドキドキさん」が得た特殊能力「慈愛の抱擁」が効果を発動し、「ドキドキさん」が破棄され捨て山から【ジャンル:いい大人達】のユニットカードを1枚、味方フィールドに配置します。



Q.ドキドキさんの必殺技を使用し、赤山兄妹をセットしました。この場合の処理はどうなりますか。

→「ドキドキさん」の「いじってあそぼ」は必殺技表記となっておりますが、「特殊能力」の誤表記となります。
 「いじってあそぼ」の効果で「赤山兄妹」を重ねた場合、「いじってあそぼ」の処理が完了次第、「ドキドキさん」が得た特殊能力「生放送で邪神召喚!」が効果を発動し、味方フィールドの空いている場所の数だけ、自分の山札から【ジャンル:いい大人達フレンズ】のユニットカードを、任意の表示で配置できます。

 ※特殊能力「生放送で邪神召喚!」は、「配置することができる」効果となります。



Q.ドキドキさんの必殺技を使用し、大魔王オトナタチンをセットしました。この場合の処理はどうなりますか。

→「ドキドキさん」の「いじってあそぼ」は必殺技表記となっておりますが、「特殊能力」の誤表記となります。
 「いじってあそぼ」の効果で「大魔王オトナタチン」を重ねた場合、「いじってあそぼ」の処理が完了次第、「ドキドキさん」が得た特殊能力「腐っても大魔王」が効果を発動し、「ドキドキさん」のステータス値が変更されます。
 以降、必殺技「腐ってる大魔王」も使用可能となり、この効果で捨て山に【ユニット名に『もどき』を含むカード】が増える度、「ドキドキさん」のステータス値も変更されます。



Q.やさぐれマンドレイクの効果でダイスの目を0以下にすることは可能でしょうか。もし可能な場合、「1Dダメージを与える」の結果「1」が出て、それを「-2」することで「与えるダメージが『-1』」になった場合の処理を教えて下さい。

→【0】にすることはできますが、マイナスにすることは不可能となります。
 カード効果でダイス目に増減が発生する場合、最低値は【0】、最高値は【上限無し】となります。



Q.相手が無慈悲な全員没収を使用し、それに対してミサイルドラゴンの軌道修正を使用宣言しました(Aとします)。その後、敵フィールドの任意のカード2枚を選択した時に相手がミサイルドラゴンの使用宣言をしました(Bとします)。この場合の処理を教えて下さい。
無慈悲な全員没収にたいしてAを使用したが、AはBの効果で捨て札されるため、無慈悲な全員没収が発動するのでしょうか。
それとも、無慈悲な全員没収の発動を無効化されたのが確定し、BはAの効果である「敵フィールドのカード2枚を破棄する」のみ無効化されるのでしょうか。

→切り札「無慈悲な全員没収」はオモテのユニットを対象とするため、ウラでしか存在できず、自らが撃破・破棄効果に含まれることを発動条件とする「ミサイルドラゴン」の「軌道修正」は、使用を宣言することができません。

また、特殊能力「軌道修正」で打ち消せるのは「相手プレイヤーの撃破・破棄効果」のみとなるため、例に近しい状況で処理をする場合、以下のような順序になります。

・プレイヤーAが切り札「かくみさいる」を使用、プレイヤーBの「ミサイルドラゴン」が破棄に含まれた。
・Bが「ミサイルドラゴン」の特殊能力「軌道修正」の使用を宣言、
 Aの「かくみさいる」の破棄効果は打ち消され、Aのフィールドカード2枚を破棄する。
・上記効果により、Aの「ミサイルドラゴン」が破棄に含まれた。
・Aが「ミサイルドラゴン」の特殊能力「軌道修正」の使用を宣言、
 Bの「軌道修正」の破棄効果は打ち消され、Bのフィールドカード2枚を破棄する。



Q.戦場ユニットが破棄され、味方フィールドの全滅判定の時にヒヨコ・キャノンと電池の切れたゴッドバードを同時にセットしました。この場合、どのような処理になりますか。

→電池の切れたゴッドバードの特殊能力「ヤサシクダイテオクレヨ」は、
 【味方フィールド上のユニット全滅による勝敗判定】の前に効果を発揮し全滅を回避することができ、
 ヒヨコ・キャノンの特殊能力「殻にこもった黄色い戦士」は、
 【味方フィールド上のユニット全滅による勝敗判定】が行われる時に使用を宣言できる効果のため、
 同時に配置することはできません。



Q.自分が無慈悲な全員没収を使用し、互いの戦場フィールドからユニットが破棄されました。この時、自分は戦場に「ヒヨコ・キャノン」相手は戦場に「電池の切れたゴッドバードを置こうとしています。この場合の処理はどうなりますか。
https://ch.nicovideo.jp/iiotonatati/blomaga/ar1791588 の上から3つ目の解答を参考にし、以下のように予想します
(予想)
まずは、(自分)のヒヨコキャノンが味方戦場に配置・表側表示になる→
ヒヨコキャノンの1Dダメージは、相手戦場にユニットが無いので不発に終わる→
(相手)の電池の切れたゴッドバードが相手戦場に配置・表側表示になる→
電池の切れたゴッドバードの効果が発動され、(自分)のターンが終了する。

それとも、
「(自分)のヒヨコキャノン」と「(相手)の電池の切れたゴッドバード」を、裏側表示にして戦場に配置する→
同時に戦場のユニットを表側にする→
(自分)のヒヨコキャノンの効果を先に発動し、ダイス判定を行う→
(相手)の電池の切れたゴッドバードにダメージを与え、撃破されたらゴッドバードの処理が行われず相手がユニットを新たに配置する。
もし撃破されなかったら、電池の切れたゴッドバードの処理が行われ、ターンが終了される。
でしょうか。

→2019.7.25更新分Q&Aにならい、予想していただいた処理の方を適用します。



Q.アイスくんの超必殺技を受け、魂チャージカード2枚が横になったままターンを開始しました。この後、魂チャージを1枚セットし、それを横にしてメテオ・ストライクを使用しました。この場合【横向きにした『魂チャージ』カードの枚数x2】のダメージはどうなりますか。

→切り札「メテオ・ストライク」は、使用時に横向きにした『魂チャージ』の枚数を参照するため、例の場合【2】ダメージとなります。



Q.質問:トラウマの眼差しをセットしたユニットが1Dし、出目が偶数でした。この場合も「この効果が発揮された時、このカードを破棄する」が行われるのでしょうか。

→行われません。
 切り札「トラウマの眼差し」が重なったユニットが何らかの行動を実行する場合、その都度【1D】し『奇数』か『偶数』かの判定を行いますが、出目が『奇数』の時に限り「効果が発揮」となるため、『偶数』の場合は切り札「トラウマの眼差し」は破棄されません。



Q.トラップ解体は、使用宣言には「魂チャージを2枚横にする+手札を1枚破棄する」する必要があると認識していいのでしょうか。

→はい、以下の手順で使用します。
 ・「トラップ解体」は切り札のため、使用宣言時に『魂チャージ』カードを1枚横向きに。
 ・「トラップ解体」使用の代償として、追加で『魂チャージ』カードをもう1枚横向きに。
 ・自分の手札を1枚破棄することで、使用を宣言する。
 


Q.星獣アクエリアスの必殺技の効果で、愛哀女神(あいあいめがみ)が表になりました。この時、捨て札にジャンル:魔人が1枚あった場合、アクエリアスの効果で捨て札されるのは何枚でしょうか。

→0枚となります。
 「愛哀女神(あいあいめがみ)」はフィールドに配置されて初めてステータス値の参照と更新が行われ、それ以外の場所では『HP・ATK・DEF・魂』は0となるためです。



Q.味方戦場にガーディアンゴーレムが配置され、ベンチには裏向きで星獣ピスケスが配置されています。この時、相手がサイバークラッシュを使用宣言し、それに対して星獣ピスケスを表側表示にしました。この場合のダメージ処理を教えて下さい。

→「ガーディアンゴーレム」に発生するダメージを、「星獣ピスケス」の特殊能力「星獣の共鳴」効果により「星獣ピスケス」が受けます。
 また、「ガーディアンゴーレム」の「大いなる守城兵器」の効果により、味方ベンチのユニットはダメージの効果を受けないため、「星獣ピスケス」が肩代わりするはずだったダメージは受けずに済みます。



Q.互いの戦場にザ・スライムが配置されている時、相手の猛反発ボディによるダメージが味方戦場に与えられた場合、味方の猛反発ボディは発動しますか。

→発動します。
 お互いの戦場に「ザ・スライム」が存在する限り、そのいずれかが撃破となるまで、特殊能力「猛反発ボディ」の発動と適用を処理します。



Q.松之内マツタロウの「俺が主役!」は、「フィールドのユニットを1枚破棄することで使用を宣言する」カードの使用宣言の破棄するカードに選べますか。その場合、処理はどうなりますか。

→選べません。
 今回のQ&Aの更新により、特殊能力「オレが主役!!」の効果を以下に変更します。



 このユニットがオモテで味方フィールドに存在する時、相手プレイヤーにより、このユニットにダメージを伴わない撃破・破棄の効果が発生した場合、すべて【1ダメージ】として処理する。

 また、このユニットは、【必殺技:ちょっと行って止めてくるデース!】の代償となった時、【破棄する代わりに1ダメージを受ける】としても良い。





Q.金持マリーが複数味方フィールドに存在する場合、効果は重複しますか。

→重複します。
 「金持マリー」が味方フィールドに複数存在したまま自分のターンを終了する時、それぞれの「金持マリー」の特殊能力「カネジコンツェルンが全面的にサポートしますわ!」の発動処理を任意に行ってください。



Q.星獣ピスケスの特殊能力を使用宣言し、ピスケスに一括して肩代わりされたダメージに対して受け流しマントは使用できますか

→使用できます。



Q.味方ベンチにカンナが表側で配置されているときに、敵戦場の軍隊へびが必殺技を使用宣言しました。カンナの特殊能力でその必殺技を返した場合、軍隊へびの必殺技の「このユニットのATK~」のATKはどのユニットのATKを参照しますか。

→「PAXXX-01 カンナ」のATKを参照します。
 「PAXXX-01 カンナ」の特殊能力「パーフェクトアンドロイドゴールキーパー」は、打ち消した効果を自分(カンナ)が使用したかのように効果を発揮するためです。



Q.味方ベンチにカンナが表側で配置されているときに、敵戦場のびっくりコカトリスが必殺技を使用宣言しました。カンナの特殊能力で返した場合、びっくりコカトリスの必殺技の「このユニット」とはどのユニットを示しますか。

→「PAXXX-01 カンナ」を示します。
 「PAXXX-01 カンナ」の特殊能力「パーフェクトアンドロイドゴールキーパー」は、打ち消した効果を自分(カンナ)が使用したかのように効果を発揮するためです。



Q.味方ベンチにカンナが配置され、味方戦場にはガーディアンゴーレムが配置されています。
この時、味方ベンチのみを対象にしたダメージを伴う効果を持つ必殺技等を使用宣言された場合、カンナの特殊能力は発揮されますか。

→「PAXXX-01 カンナ」の特殊能力「パーフェクトアンドロイドゴールキーパー」は効果を発揮します。
 この特殊能力は、ダメージ発生の有無などを問わず、「効果の対象となった場合」に使用しなければなりません。



Q.味方フィールドにカンナが表側で配置されているとき、敵戦場の帝国 聖騎士団長が必殺技を使用宣言しました。
この場合、カンナは「帝国の進軍」を返すのでしょうか。それとも、相手が破棄した「帝国の進軍」の効果となる特殊能力を返すのでしょうか。

→「帝国 聖騎士団長」の必殺技「帝国の進軍」の効果により発動する、「山札の一番下に戻したユニットカードの『必殺技』『超必殺技』」を返します。



Q.味方フィールドにカンナが表側で配置されているとき、自分の使用したトラップカードに対して相手はトラップ解体を使用宣言しました。このとき、カンナはトラップ解体に対して特殊能力を発動するのでしょうか。

→発動しません。



Q.「CPZ 055 はぁむぅすぅたぁ」は、「はぁむぅすぅたぁ」であって「ハムスター」ではないので、「星に願いを」の効果の「『スター』を含むカード」の対象ではないという認識で問題ないでしょうか。

→はい、問題ありません。



Q.相手のダイス判定後に、相手は相手ユニットにセットされている「ダイスちゃんがやってきたよ」の特殊能力を使用宣言しました。それと同時に、自分は「スマホつかえ」を使用宣言しました。
この場合、どちらの処理を優先するのでしょうか。

→切り札「スマホつかえ」によるダイス介入結果が、最終的なダイス値となります。

一方のプレイヤーAがダイス判定を伴うカードを使用した後、他方のプレイヤーBにダイス介入カードの使用タイミングが発生し、そのダイス結果に対して、今度はプレイヤーAにダイス介入カードの使用タイミングが発生、と交互に使用宣言と処理を行います。

またこの時、Aのダイス介入カードの使用と結果に対し、Bに対抗の意思が無かった場合、Aはさらにダイス介入カードの使用を宣言することができます。

最終的なダイス値は、最後に「ダイス判定に対して効果を発揮するカード」によって算出された値を参照します。



Q.「今世紀最大の戦い」の効果に対して「起死回生」は使用できない。その理由は、「ユニットの破棄と同時に起死回生も破棄されるため」と、過去の生放送で話されていました。
では、相手の「かくみさいる」が味方ベンチの裏側表示になっている「起死回生」と「ユニットカード」を対象に取った場合も、ユニット破棄と同時に起死回生も破棄される状況なので、起死回生は使用できないのでしょうか。

→できません。



Q.味方ベンチに正義戦隊ジャスティスジャーが裏側表示で配置されているときに、敵戦場の不落の重装戦術家が必殺技を使用宣言しました。
必殺技の効果でジャスティスジャーが表側表示になり1Dダメージを受けて撃破されなかったので、ジャスティスジャーの特殊能力によりベンチに裏側表示でジャンル:戦隊のユニットカードを配置しました。
ここで新たに配置された裏側表示のユニットカードは、不落の重装戦術家の対象になりますか?

過去のQ&Aでは、戦術看破の対象になったユニットへ与える1Dダメージに対して受け流しマントの使用宣言を認めています。この解から「ベンチ全体に効果を与える」というよりは「敵ベンチの裏側表示のカードに1枚ずつ効果を与え、敵ベンチの裏側表示のカードが無くなるまで効果を繰り返す」という認識を持っており、今回のQ&Aの結果は対象になるのではと考えています。

→対象になります。



Q.味方ベンチにカンナが裏側表示で配置されており、他にも2枚裏側表示でベンチにカードを配置しているときに、敵戦場の不落の重装戦術家が必殺技を使用宣言しました。
この時、最初にカンナが戦術看破の対象となり、1Dの結果カンナは撃破されませんでした。
この場合、2枚目と3枚目のベンチの裏側表示のカードへの戦術看破の効果は表側表示になったカンナの特殊能力の対象になりますか?

予想では、「ならない」と考えてます。
公式のQ&Aで、「最初からカンナが表側表示の時は、戦術看破を返す」解があります。
これより、「ベンチの裏側表示のカード個別にカンナの特殊能力が発動せず、『戦術看破』という効果に対して特殊能力が発動している。そして、使用宣言された『戦術看破』はすでに効果を解決している最中なので、不落の重装戦術家が戦場に配置されている限りは効果が発動中の『戦術看破』を打ち消すことはできない。という認識です。

→はい、なりません。



Q.魂3のユニットに、れんぞくゆうたいりだつをセットしました。この時、星獣ライブラの必殺技でこのユニットの魂の数字を使用する場合は「3」「1」のどちらが使用されるのでしょうか。

例やこんな状況といった事は書けなくて申し訳ないのですが何らかの効果で『同時に』ユニットが破棄等になった時に『プレイヤーのお互いが出したカードの効果』の『ルール上の処理順や解決順』に『優先権』はありますか?『優先権』が無い場合はプレイヤー側ですきな順番で解決した場合は一方的に有利な状況になる、逆転のチャンスが潰れる等がありえますので必要なルール説明だと思いますので解説・説明をよろしくお願いいたします。

→「3」が使用されます。
 「星獣ライブラ」の必殺技「星獣の天秤」は、破棄したユニットカードに「表記されている」数値を参照します。

 「優先権」については基本的に、一方のプレイヤーAが起こした1つの行動に対し、もう一方のプレイヤーBに1つの対抗宣言権利が発生、その後Aに1つの宣言権利が戻ってくる、というような交互形式となります。



Q.【星獣オフューカス】の『このユニットを除くフィールド上のすべてのユニットに【1】ダメージを与える。ダメージ処理の完了後、このユニットにダメージカウンターとEXカウンターを1つずつ置く』という効果なのですが『ダメージを与える』と『ダメージカウンターを置く』という表現は別物と考えるのでしょうか?
例:【星獣オフューカス】に『与えるダメージが【+1】』と表記されている【目のやり場に困る女体化】を重ねた場合、オフューカスに置くダメージカウンターも2個になるのでしょうか?

→「ダメージを与える」と「ダメージカウンターを置く」は、同じ処理となります。

例の場合、切り札「目のやり場に困る女体化」の効果で、星獣オフューカスの特殊能力「星獣の毒杯」で与えるダメージを【+1】できますが、自らに「ダメージカウンターを置く」その個数は1個となります。(与えるダメージ+1と受けるダメージ-1で差し引き0となるため)



Q.【星獣カプリコーン】の『フィールド上のすべてのEXカウンターを、ダメージカウンターに変換する』は『ダメージを与える』効果とは別物と考えるのでしょうか?

→「EXカウンターをダメージカウンターに変換する」と「ダメージを与える」は、同じ処理となります。



Q.味方戦場に【ガーティアン・ゴーレム】が存在する時に【無慈悲な全員没収】【星獣オフューカス】【星獣カプリコーン】等のフィールド全体に効果を及ぼす効果から味方ベンチのユニットを守れるのでしょうか?

→守ることができます。



Q.【マオー子】【大雪山こゆき】等のダメージを複数対象に分配できるユニットに、与えるダメージを+する効果が発動した場合処理はどうなるのでしょうか?
例:味方ベンチに【鬼門 道子】が存在する時に【大雪山こゆき】の必殺技を発動しEXカウンターを3個取り除いた場合、4ダメージを分配するのか3ダメージを分配した後それぞれに+1ダメージされるのかどちらでしょうか?

→分配されたダメージそれぞれに、【+1ダメージ】が追加されます。

 例の場合、EXカウンターを3個取り除き、3ダメージを分配後、発生したダメージそれぞれに【+1ダメージ】が追加されます。



Q.戦場のポリスコップ・マッポマンと、ベンチの道迷いの妖刀使いを交代した時の、ポリスコップ・マッポマンと道迷いの妖刀使いの特殊能力の効果の処理順は?

→ポリスコップ・マッポマンの特殊能力『職務質問』から効果を処理します。
 またこの時、味方ベンチの道迷いの妖刀使いはウラの状態でなければ、特殊能力『居合い抜刀』は効果を発揮しません。(『居合い抜刀』はウラからオモテになった時のみ発動します)



Q.バトンタッチでベンチにいる道迷いの妖刀使いを戦場に出した場合、バトンタッチのダメージ効果が先に発生しますが、そのダメージで戦場ユニットを撃破した場合、撃破処理と保留されている道迷いの妖刀使いのダメージ処理はどちらが先ですか?
撃破処理が先の場合、相手も戦場に道迷いの妖刀使いを配置した場合、どちらの道迷いの妖刀使いのダメージ処理が先ですか?

→撃破処理を先に行います。
 その後、敵戦場に道迷いの妖刀使いが配置された場合、保留状態となっていた味方戦場の道迷いの妖刀使いの特殊能力『居合い抜刀』が先に処理されます。



Q.「表側表示になった」と「表側表示で配置」は以下の定義という認識でよいですか?
 ・「表側表示になった」:裏から表となった場合や、手札から表でフィールドにユニットを出した場合
 ・「表側表示で配置」:裏から表となった場合や、手札から表でフィールドにユニットを出した場合、加えて、表側状態での交代や、戦場ユニットが空いた場合に表側状態のユニットが戦場に出る場合

→以下の通りとなります。

「オモテになった」:フィールドに配置済みのカードが、能動的または受動的にウラからオモテとなった場合。
「オモテで配置」:手札からオモテでフィールドにユニットを配置した場合や、なんらかのカード効果により、手札、捨て山、山札からオモテでフィールドにユニットを配置した場合。



Q.「表側表示になった」と「表側表示で配置」の表現を用いているカードはすべて同じ条件で効果が発動しますか?
 表側表示で存在する、頼れる技術担当ノッチやいい大人達女体化軍団等々は、交代や、戦場ユニットが撃破・破棄されたときの、ベンチから戦場への配置でも効果が発動しますか?同じ表現で発動条件が記載されている、ゴッドバードのQ&Aでは、起死回生で表側で場に残った場合、交代等で効果が発動するとあるので、それと同じように効果が発動するという認識です。

→すべて同じ条件で効果が発動します。
これらに該当するカード効果は、第2弾の発売に伴うルール改定により、「オモテになった」「オモテで配置」された時のみ発動します。(過去のルールによる、交代などによるユニットの再配置で使用することは出来ません。)

「オモテになった」「オモテで配置」の定義については、該当項目を参照してください。



Q.才能ないけど体力の無いイタコで緑宝冠竜ベリルドレイクを出した場合の特殊能力の発動について以前、生放送で才能ないけど体力の無いイタコで緑宝冠竜ベリルドレイクを出した場合は特殊能力が発動しないと回答されていましたが、同じような召喚条件のいい大人達女体化軍団では、配置条件を踏み倒すゴッドバードで配置した場合でも特殊能力が発動すると認識しています。
 表現的にはどれも同じに思われますが、緑宝冠竜ベリルドレイクといい大人達女体化軍団の上記の違いは意図しているものでしょうか?

→「才能あるけど体力の無いイタコ」の効果により、配置条件を無視して「緑宝冠竜ベリルドレイク」および「いい大人達女体化軍団」をフィールドに配置した場合、その双方とも、特殊能力は発動します。



Q.以下の例の内、発動条件としての破棄に対応しているのはどれですか?
 ・マツタロウのダメージ軽減効果
 ・モンスターエッグの発動条件
 ・カンナの破棄無効効果
 ・ガーディアン・ゴーレムの破棄無効効果
 ・起死回生の発動条件
 ・ギャグマンガの世界の発動条件
 ・うさんくさいいけにえ台とマッツァン全能アーマーの手札戻し効果
 ・各種おばけ系


 【発動条件としての破棄に対して】

 ・マツタロウのダメージ軽減効果
  →効果を発動しません。
  →松ノ内マツタロウのエラッタ修正版カード効果を参照してください。

 ・モンスターエッグの発動条件
  →効果を発動しません。

 ・カンナの破棄無効効果
  →効果を発動しません。

 ・ガーディアン・ゴーレムの破棄無効効果
  →効果を発動しません。

 ・起死回生の発動条件
  →効果を発動しません。

 ・ギャグマンガの世界の発動条件
  →効果を発動しません。

 ・うさんくさいいけにえ台とマッツァン全能アーマーの手札戻し効果
  うさんくさいいけにえ台
  →効果を発動します。

  マッツァン全能アーマー
  →効果を発動しません。
  →「ルール改定に伴う変更」のマッツァン全能アーマーのカード効果を参照してください。

 ・各種おばけ系
  →効果を発動します。



Q.相手プレイヤーの「バトンタッチ」に対し「かくしみさいる」を発動させ交代を阻止できますか?
 可能な場合、「バトンタッチ」の【敵戦場ユニットに1D+1ダメージ】の効果はどう処理しますか?

→交代を阻止できます。
 その場合、切り札「バトンタッチ」を使用した相手プレイヤーは交代を阻止されますが、その後の【敵戦場ユニット1体に1D+1ダメージ】を与える効果は発揮され、ダメージ処理を行います。



Q.「いい大人達軍団」「いい大人達女体化軍団」の【このカードはユニット名:タイチョー(中略)として扱うことができる】と
 「ドキドキさん」「五十嵐しげあき」「T24000」の【このカードはユニット名にタイチョーを含むカードによるダメージを受けない】はどちらが優先されますか?
 大人達軍団はドキドキさん達に対してダメージを与えられますか?

→ユニット「いい大人達軍団」「いい大人達女体化軍団」の特殊能力が優先され、大人達軍団はドキドキさん達に対してダメージを与えられます。
 【ユニット名:タイチョー(中略)として扱うことができる】特殊能力の主導権は、そのユニットのプレイヤーが持つためです。



Q.「天からタライ」はこちらの効果で相手ベンチのユニットをオモテにさせた時でも使えますか?例えば「不落の重装戦術家」の効果でユニットをオモテにさせて、計2Dダメージ与えていいですか?

→使用できません。
 切り札「天からタライ」は、相手プレイヤーが自発的にウラのユニットカードをオモテにした時や、相手プレイヤーの戦場ユニットが何らかの効果で撃破や破棄などされ新たなユニットカードが戦場にてオモテになった時などに使用可能です。



Q.「小宇宙パワー全開バトル」、攻撃側ATK>受け側DEFで2ダメージになった時は2ダメのまま、という解釈でOKですか?

→OKです。



Q.「スマホつかえ」は「暴炎牙」のようにダイスを複数振った時に対して発動した場合、全部振り直しですか?1つだけ?

→全部振り直しとなります。



Q.「戦場でオモテに配置された時」の『道迷いの妖刀使い』は、戦場に出る度に特殊能力「居合抜刀」が発動していました。
第1弾の『ノッチ』もそうですが、『ジャスティスみどり』や、「オモテで配置された場合」のテキストは、オモテ状態からベンチに配置し直された時も特殊能力が発動するのでしょうか?
意外にも前回のQ&Aのページになかったので、解説が欲しいです。
該当しそうなカードは下記のカードです。よろしくお願いします。

現状発動裁定のカード『道迷いの妖刀使い』
『頼れる技術担当ノッチ』『月影リョウマ』『赤山兄妹』『アハハちゃん』『ジャスティスみどり』
特殊状況下系(起死回生などで生き延びた時など)『ゴッドバード』『出雲羅喉羅』『ミサイルドラゴン』
特殊召喚系『いい大人達女体化軍団』『いい大人達軍団』『緑宝冠竜ベリルドレイク』

→今回のQ&Aの更新により、『ユニット「道迷いの妖刀使い」の特殊能力「居合抜刀」は、条件を満たした時に一度だけ発動するようになる』処理に変更いたします。

提示されたすべてのカードにおいても、一度効果を発揮した以降「交代」などで配置し直された場合には、特殊能力は発動しません。



Q.「ポリスコップ・マッポマン」の特殊能力で「相手プレイヤーにも同時に交代処理を行わせる」とありますが、相手プレイヤーはこの時ウラのユニットカードを選ぶことができますか?
また「相手プレイヤーが交代しない・できない場合」とありますが、交代できる場合でも相手プレイヤーの意思で交代しないことが可能ということですか?

→相手プレイヤーはこの時、ウラのユニットカードを選ぶことができます。
 交代が可能な状況であっても、交代するかどうかは相手プレイヤーの意思により決定します。



Q.「才能あるけど体力の無いイタコ」の効果で自動で破棄されることが決まっているユニットを、「ダブルアタック」などで他のユニットに重ねた場合(重ねたときの上下それぞれ)、破棄効果はどうなりますか?

→破棄効果は継続となり、切り札「ダブルアタック」の効果で重なったユニットそれぞれが、次の自分のターン終了時に破棄されます。



Q.「ルチャ子」の必殺技「献身的な手当」で、対象となる捨て山は相手のものも含みますか?

→含みません。



Q.敵ベンチにオモテユニットがいない場合、「バックアタック」の交代効果は無効になりますか?

→切り札「バックアタック」のカード効果はすべて発動せず、無効となります。



Q.「目のやり場に困る女体化」の「受けるダメージ【-1】」は味方による効果も含めたすべてのダメージに対して都度発揮しますか?

→すべてのダメージに対して、都度効果を発揮します。



Q.偽りのカード「りんちゃん」の特殊能力「このユニットが何らかの効果で撃破・破棄された時」とは、手札、山札からの破棄は含まれますか?

→手札、山札からの破棄は含みません。



Q.スターライトリバースの効果は
アハハちゃんやキャンサーのようなものに発揮でしょうか?
それともオフューカスやカプリコーンといった
表になってから自分のターンに発動するものにも発揮でしょうか?

→ユニット「アハハちゃん」や「星獣キャンサー」のような、ウラからオモテに、またはオモテで配置された時に即時効果を発揮する特殊能力に対して、効果を発揮します。



Q.ノッチについて
ノッチがベンチにいる時に効果を発揮します。
戦場に行った時も発揮でしょうか?

→既に特殊能力を発動済みのユニット「頼れる技術担当ノッチ」は、ベンチから戦場に移動しても特殊能力「機材購入」は効果を発揮しません。

今回のQ&Aの更新により、ウラからオモテに、またはオモテで配置された時に即時効果を発揮する特殊能力については、条件を満たした時に一度だけ発動するようになり、それ以外の同様のテキストをもつユニットに関しても、同じ処理となります。



Q.ゴッドバードについて
ゴッドバードや体力のないイタコで女体化軍団を召喚した際に特殊能力は発揮しますか?

→ユニット「いい大人達女体化軍団」の特殊能力「妄想の産物!」のダメージ効果は発揮されます。



Q.老練なる拠点兵長について
相手の受け流しマントで魂ドローを破棄となった場合、
老練なる拠点兵長を表にして防いだその時の処理として
①ユニットは生き残る。
②ユニットは撃破。魂ドローを行う。
どちらでしょうか?

→②の処理を行い、ユニット「老練なる拠点兵長」の特殊能力により、最後に相手プレイヤーの手札をランダムに2枚破棄します。



Q.自分が切り札を使用し、相手が切り札無効のトラップを使用しました。
⇒それに対して、こちらがトラップ無効のカビンガーXを使用しました。
⇒その後相手は「また切り札発動中のタイミングだから」と切り札無効のトラップを使用しました。

この2枚目の切り札無効トラップは発動タイミング的に有効なのでしょうか?

→有効となります。

 この場合、最後に使用を宣言したカードから効果が発揮され、最後の切り札無効トラップが最初の切り札を無効化し、その後の対抗カードが処理されていきます。



Q.相手ユニットがダメージをくらう時に【受け流しマント】を使用し、それをこちらが無効にしました。
⇒その後、相手は「まだダメージ発生のタイミングだから」と次の【受け流しマント】を使用しました。

これは有効なのでしょうか?

→有効となります。



Q.自爆霊やドラゴンボンバー丸の必殺技などでお互いのユニットが同時に撃破(破棄)される時に、このトラップ発動時に撃破・破棄・ダメージを受けるユニットすべてに対し、それを1ダメージに変換する【ギャグマンガの世界】を使った場合

お互いのユニットが撃破(破棄)を免れ1ダメージに変換されるのでしょうか?それとも【ギャグマンガの世界】を使った側のユニットだけが1ダメージに変換されるのでしょうか?

→お互いのユニットが撃破(破棄)を免れ【1ダメージ】に変換されます。



Q.スターライトリバースについて
ベリルドレイクや愛哀女神には使用可能でしょうか? 

→ユニット「緑柱宝冠竜ベリルドレイク」の特殊能力「竜の逆鱗」には使用可能ですが、ユニット「愛哀女神(あいあいめがみ)」の特殊能力「あるときは愛の女神」には使用できません。

 トラップ「スターライト・リバース」は、「ユニットカードをオモテに、またはオモテで配置」した時に一度だけ効果を発揮する特殊能力に対してのみ、使用することができます。




98f8bce93676f013855101b235efa592e8b944c9





Q.トラップカードは伏せたターンから発動出来ますか?

→発動できます。



Q.切り札「強制帰宅」でユニットが手札に戻るとき、「うらみの力で即、化けて出る」は発動できますか?

→発動できません。
 「強制帰宅」はユニット1体を手札に戻す効果であり、「うらみの力で即、化けて出る」はユニットの撃破・破棄が発動条件となっているためです。



Q.プレイヤーAのベンチにユニット「ゴッドバード」が裏側表示、プレイヤーBのベンチにユニット「道迷いの妖刀使い」が裏側表示。切り札「無慈悲な全員没収」が発動し、両者の戦場ユニットが破棄。プレイヤーAはユニット「ゴッドバード」を表側表示して戦場へ出し、「<特殊能力>慈愛の抱擁」が発動しユニット「頼れる技術担当ノッチ」を戦場へ特殊召喚し、山札からカードをドローする。
プレイヤーBはユニット「道迷いの妖刀使い」を表側表示して戦場へ出し、「<特殊能力>居合抜刀」が発動し、敵戦場ユニットへ【1D】ダメージを与える。

この場合の処理順序と結果はどのようになりますか?

→「無慈悲な全員没収」使用後は、(1)使用プレイヤーがユニットを破棄、(2)他方プレイヤーがユニットを破棄、(3)使用プレイヤーが戦場にユニットを表側表示で配置・特殊能力の処理、(4)他方プレイヤーが戦場にユニットを表側表示で配置・特殊能力の処理、の順番で処理を進めます。

 上記の例では、プレイヤーAが「無慈悲な全員没収」を使用した場合、プレイヤーAが戦場に「ゴッドバード」を表側表示で配置し「<特殊能力>慈愛の抱擁」を発動、戦場に「頼れる技術担当ノッチ」を配置し特殊能力により山札からカードドローを行う。その後、プレイヤーBが戦場に「道迷いの妖刀使い」を表側表示で配置し、「<特殊能力>居合抜刀」が発動し敵戦場ユニットへ【1D】ダメージを与える、という順番で処理されます。
 



Q.手札破棄の効果を受けた時、手札が足りない場合はどうなりますか?(あるだけ破棄?足りなければ負け?)

→あるだけ破棄、となります。
 例1)手札0枚の相手に手札破棄効果を発動した場合、手札を0枚破棄するという処理にする。
 例2)手札2枚の相手に手札3枚以上の破棄効果を発動した場合、可能な限り破棄する。



Q.「機甲王ネロ」の「高速機動モード」など、「攻撃のダメージ0」の効果は通常攻撃だけが対象ですか?(必殺技、超必殺技、切り札、トラップのダメージには効かない?)

→通常攻撃だけが回避の対象となります。
 それ以外の効果で発生するダメージは回避できません。



Q.ダメージを受けた状態で「ダイアシールド」を使った場合、現在HPはどうなりますか?(現在HPを2倍?最大HP分プラス?)

→その時の最大HPを2倍したあと、ダメージカウンター分を引きます。
 例1)最大HP5のユニットに使用した場合、最大HP10、現在HP10。
 例2)最大HP5でダメージカウンターが1つ乗ったユニットに使用した場合、最大HP10、現在HP9。



Q.「闘魂炎」のダメージ×2が適用されるのは通常攻撃だけでしょうか?(必殺技etcは無効?)

→最終的なダメージ×2の効果は、通常攻撃にのみ適用されます。
 ただし、ユニットのATK値を参照する必殺技などは、ATK値×2の効果が反映されます。



Q.「湯のみ」など、対象がフィールド上のカードは裏表示のベンチカードにも使用できますか?

→使用できません。
 プレイミスや記憶ミスといった混乱を防ぐため、装着・付与系の切り札は表側表示のユニットにのみ使用可能としています。
 


Q.「赤山兄妹」の特殊能力は必ず空きフィールドを埋めなければいけませんか?(味方フィールドが3箇所空いてる場合に1〜2だけ配置することは可能?)
また、山札に対象カードが残っていない場合どうなりますか?

→可能な限り空きフィールドを埋めるように、【ジャンル:いい大人達フレンズ】のユニットを配置してください。
 山札に対象カードが残っていない場合、それを証明するため山札の内容を相手プレイヤーに見せ、その後、山札をシャッフルし、赤山兄妹の特殊能力処理を終了します。
 
 2020年9月のQ&A更新に伴い、「山札や捨て山から特定のカードを選び、手札に加えたりフィールドに配置する」特殊能力について、「その効果を発揮しても良い」へと変更となります。また、効果の使用が任意となったため、山札の内容を開示する必要もございません。



Q.ゲーム開始時、配置条件が設定されているユニットのみ(○○を破棄して配置するetc)で、配置ができない場合、初期手札にユニットがない場合と同じ処理で問題ないでしょうか?(手札を見せて引き直し)

→初期手札にユニットがいない場合と同様、相手プレイヤーに手札を見せ、山札に戻して引き直す処理を行います。
 その引き直しによっても、手札のユニットが配置条件の設定されているもののみとなった場合、敗北となります。 



Q.対象が「敵フィールド」など範囲攻撃された時、ダメージを受ける順番に決まりはありますか?(スリースターズなど、HP強化の効果がある場合、ダメージを受ける順番で最終的なHPが変わる可能性があるため)

→範囲攻撃は、対象となったユニット全員に対し、同時にダメージが発生します。
 その後、ダメージや撃破などで能力強化の状況が変化するもの、または効果を発揮するカードがあれば処理を行い、それが複数存在する場合は、被害を受けているユニットのプレイヤーが任意の順番で効果を発揮します。



Q.自分が出した「全てを食い尽くすもの」で味方フィールドにユニットがいなくなった時、手札からユニット配置はできますか?(一時的に戦場にユニットが居なくなるため負け?自分のターンなので手札から配置可?)

→この場合、通常の手段による手札からのユニット配置はできません。
 「たいりょくおばけ」などの緊急回避的な効果を持つカードでユニットを配置できない限りは、敗北となります。



Q.「ターン開始時のドローができなくなるマン」は敵フィールド扱いになりますか?
具体的には効果対象が「敵フィールド」が対象の切り札や必殺技など使った場合、対象になりますか?

→配置場所は敵フィールド扱いにならずこのカード専用の配置先となり、また、切り札や必殺技などの対象になりません。
 ユニット化したこのカードに対しては、自分・相手プレイヤーともに通常攻撃でのみ干渉が可能です。



Q.「大魔王オトナタチン」に「ツルツルの薬」を使った場合、能力値はどうなりますか?

→最大HP0、最大ATK0、最大DEF0、魂4の能力値となり、「大魔王オトナタチン」は即座に撃破されます。
 例えばこの時「起死回生」を使用しても、「大魔王オトナタチン」の最大HPが0のため1以上のHPを保持できず、撃破となります。



Q.「放送事故!」で「戦術看破」は打ち消しできますか?

→相手プレイヤーが「戦術看破」の使用を宣言した時点で「放送事故!」を使用することができ、「戦術看破」を打ち消すことができます。



Q.ダメージを受けた状態で「スリースターズ」などのHP強化の効果を失った場合どうなりますか?
例:戦場に「歳はみんなと同じだけどオッサン」、ベンチに「スリースターズ」が居て、オッサンが3ダメージ受けてからスリースターズが撃破された場合オッサンのダメージはどうなりますか?(残りHPが1なのでそのままHP1?ダメージカウンターが3なので3ダメージで撃破される?)

→その都度都度で、最大HPからダメージカウンターを引いた値を現在HPとします。
 上記の例では、「スリースターズ」の効果が消滅することで「歳はみんなと同じだけどオッサン」の最大HPが3となり、そこにダメージカウンターが3つ乗っているのでHP0、撃破となります。



Q.『カンナ』の特殊能力で返された「攻撃・必殺技・超必殺技・切り札」の効果は、トラップカード「加速装置・放送事故!・幻惑のレインボー」で返すことはできますか。

→返すことができます。
 その場合、トラップカード各種の「相手のターンを終了させる」効果については、その時のターン権限が相手にある場合のみ発揮されます。



Q.『カンナ』の特殊能力で、『歳はみんなと同じだけどオッサン』の必殺技『ふくろだたき』の様なベンチにあるカードを参照する効果を返した場合、参照する【ジャンル:いい大人達】はどちらのフィールドからでしょうか。(他『出雲ミカミ』の超必殺技『全てを掛けた一撃』)

→「カンナ」の特殊能力を使用したプレイヤーのベンチを参照します。
 上記の例では、「ふくろだたき」の効果を返した時、味方ベンチに【ジャンル:いい大人達】のユニットが存在しない場合は、0(ゼロ)Dダメージとなります。



Q.『カンナ』のプレイヤー手札に【ジャンル:いい大人達】がない場合、『癒し系大動物マッツァン』の必殺技『波動砲』を返すことはできますか。(他『大魔王オトナタチン』の『腐ってる大魔王』)

→「カンナ」が返そうとしているカード効果に何らかの発動条件が必要な場合、それを満たすことができない時は、返すことはできません。(打ち消すことは可能です)
 ただしその場合でも、「カンナ」の特殊能力はその都度、使用を試みなければなりません。



Q.『カンナ』のプレイヤーベンチに3枚のカードが裏側表示で配置されている時に、『カード:不落の重装戦術家』の必殺技『戦術看破』を返した時は、どのような処理になりますか?

→「戦術看破」はダメージ・破棄を伴う必殺技なので、その使用が宣言された時点で即、「カンナ」の特殊能力の使用を宣言します。



Q.『カンナ』の相手ベンチに3枚のカードが裏側表示で配置されているときに、『カード:不落の重装戦術家』の必殺技『戦術看破』を返した時は、どのような処理になりますか。

→「カンナ」のプレイヤーが「戦術看破」を使用したかのように効果を発揮します。



Q.『カンナ』が相手の『切り札:濁流波(マディストリーム)』の使用宣言を受けましたが、相手の手札が0枚でした。そういう状況では、どのような処理になりますか。

→通常通り「カンナ」の特殊能力の使用を宣言し、「濁流波(マディストリーム)」を返すことができた場合は、「カンナ」のプレイヤーの手札を参照してダメージ値を決定します。



Q.『カンナ』が『無慈悲な全員没収』の効果を返し、双方のプレイヤーがゲーム終了条件を満たした場合、勝敗はどうなるのでしょうか?(他『ドラゴンボンバー丸』の必殺技『たまくだき玉砕アタック』)

→「カンナ」の特殊能力による跳ね返しは「打ち消した効果を自分が使用したかのように発揮する」効果のため、上記の場合、効果を返した「カンナ」のプレイヤーがゲーム終了条件を満たすことになり、敗北となります。
 


Q.『カンナ』は『切り札:今世紀最大の戦い』の効果を返すことはできますか。もしできた場合、どちらのプレイヤーが「使用したプレイヤー」になるのでしょうか。

→「今世紀最大の戦い」は破棄効果を伴う効果なので、「カンナ」で返すことができます。
 その場合、返した「カンナ」のプレイヤーが「今世紀最大の戦い」を「使用したプレイヤー」になりますが、この時、「カンナ」のプレイヤーの山札が10枚以下ではなかった場合、「今世紀最大の戦い」は効果を発揮しません。



Q.『カンナ』は『切り札:命がけの密告』の効果を返すことはできますか。もし返せるのであれば、どのような処理になりますか?

→「命がけの密告」は破棄効果を伴う効果なので、その使用が宣言された時点で即、「カンナ」の特殊能力の使用を宣言します。



Q.『カンナ』のプレイヤーベンチに『ファイナルドラゴン』が存在しない場合、『切り札:ファイナルデッドブレス』を返すことはできますか。(他『ノッチ神撃剣!!』)

→「カンナ」が返そうとしているカード効果に何らかの発動条件が必要な場合、それを満たすことができない時は、返すことはできません。(打ち消すことは可能です)
 ただしその場合でも、「カンナ」の特殊能力はその都度、使用を試みなければなりません。



Q.上記4つの質問内容について、「カンナ」の部分が『切り札:幻惑のレインボー』だった場合はどうなりますか?

→基本的にそれぞれで同様の処理を行いますが、強制的に特殊能力の使用および効果を発揮しなければならない「カンナ」に対し、「幻惑のレインボー」は「打ち消した切り札を、自分が使用したかのように効果を発動しても【よい】」効果なので、状況に合わせた運用が可能です。



Q.『カンナ』が味方フィールドに2枚以上配置されている場合、特殊能力『パーフェクトアンドロイドゴールキーパー』はどのような処理になりますか。

→「カンナ」が2枚以上配置されていても、特殊能力の効果は重複せず、「カンナ」が1枚配置されている時と同様の処理を行います。
 「パーフェクトアンドロイドゴールキーパー」の効果により「おおぐらい」の条件を満たす場合も、相手プレイヤーの行動1回につき1枚の「カンナ」が「おおぐらい」の効果を発揮します。



Q.『カンナ』で返した効果を『カンナ』で返すことはできますか。

→返すことができます。



Q.『カンナ』のプレイヤーが『攻撃』の使用宣言を受けました。この時、『カンナ』のプレイヤーは『加速装置』を使用して『カンナ』の特殊能力を使用しないことは可能ですか。

→可能です。



Q.戦場ユニットがフィールドから取り除かれ、ベンチにある裏側表示のユニットを配置しようとしました。この場合、ベンチと戦場のどちらで表側表示にするのでしょうか。

→戦場で表側表示にします。



Q.『切り札:マジックロッド』で、何らかの【ジャンル:魔法】のカードを使用宣言が行われました。その時に、『カンナ』の特殊能力や『トラップ:幻惑のレインボー』で効果を返す場合、『マジックロッド』・【ジャンル:魔法】のどちらのカードの効果を返すのでしょうか。

→双方とも「マジックロッド」のカード効果を返します。
 ただし、自分の捨て山に【ジャンル:魔法】のカードが存在しない場合は、打ち消し効果のみ発動します。
 また、その場合においても、「カンナ」の特殊能力はその都度、使用を試みなければなりません。



Q.『トラップ:起死回生』で複数のユニットを留まらせることは可能ですか。

→可能です。



Q.『ダークフィッシュパワー』がセットされているユニットに対して『強制帰宅』を使用した場合、「魂の数ドローする」という効果はどのような処理になりますか?

→ユニットの撃破が発動条件である「ダークフィッシュパワー」は効果が発揮されず、「強制帰宅」の効果が通常通り発揮されます。
 



Q.『ダブルアタック』でカードを重ねたとき、EXカウンターも合計されますか。

→EXカウンターは合計されず、取り除かれます。



Q.『ダブルアタック』でカードを重ねたとき、それぞれにセットされていたカードはどうなりますか。

→「ダブルアタック」の効果で重なった1体のユニットに対し、セットされていたカードを改めてセットしなおします。
 例1)「湯のみ」セットのユニットA+ユニットB=「湯のみ」セットの合体ユニット
 例1)「ツルツルの薬」セットのユニットA+ユニットB=「ツルツルの薬」により「ダブルアタック」が発動しない合体ユニット



Q.『ダブルアタック』でカードを重ねたとき、そのユニットは「1枚」のカードとして認識されるのでしょうか?

→認識されます。



Q.『火の魔人』の超必殺技『フレイム・ブラスト』で相手戦場ユニットが撃破され魂ドローが行われる場合、「相手プレイヤーの手札をランダムに1枚破棄する」はどのタイミングでしょうか。

→敵ユニット撃破後に即、手札破棄効果が発揮されるため、「相手プレイヤーの魂ドローの前」のタイミングとなります。



Q.『風の魔人』の超必殺技『ウィンド・ブラスト』は、相手プレイヤーの手札が0枚の時に使用することはできますか。

→使用できます。
 この場合、相手プレイヤーの手札は0枚なので破棄効果は発生しませんが、【1D+1】ダメージを与えることは可能です。



Q.『今世紀最大の戦い』の「~このカードを使用したプレイヤーから順に、以下の手順を踏むこと。」の「順番」を詳しく教えて下さい。

→「今世紀最大の戦い」を使用したプレイヤーがテキスト通りの順番で処理を行い、その後、他方のプレイヤーがテキスト通りの順番で処理を行います、具体的には以下の通りです。

 (1)使用プレイヤーがユニットカード1枚を裏側表示で戦場に配置。
 (2)使用プレイヤーが配置したユニットを表側表示にし、発動できる特殊能力があれば効果を発揮。
 (3)使用プレイヤーの手札をすべて破棄。
 (4)他方プレイヤーがユニットカード1枚を裏側表示で戦場に配置。
 (5)他方プレイヤーが配置したユニットを表側表示にし、発動できる特殊能力があれば効果を発揮。
 (6)他方プレイヤーの手札をすべて破棄。



Q.『今世紀最大の戦い』の効果で、手札に『うさんくさいいけにえ台』が入った場合、どのような処理になりますか?

→「うさんくさいいけにえ台」が手札に戻り、自分の山札の一番上から3枚を破棄する処理を行いますが、山札は0枚のため破棄ができず、この時点で山札切れ敗北となります。



Q.『ターン開始のドローができなくなるマン』を2枚以上配置することは可能ですか?

→配置することは可能です。
 効果自体は、1枚でも2枚でも変わりません。



Q.『今世紀最大の戦い』の効果でユニットが破棄された時、『モンスターエッグ』『湯のみ』『起死回生』の効果を使用することは可能ですか?

→使用することができません。
 「今世紀最大の戦い」発動による「戦場・ベンチ・手札のカードすべてを破棄し」の効果でユニットの破棄が確定した時には、そのほかのカードも同時に破棄が確定しているためです。



Q.「聖天使マツリエル」や「いい大人達もどき軍団」等、裏側にしたユニットのダメージカウンターはどのように処理するか?


→ユニットを裏側表示にしても、ダメージカウンターは乗せたままとなります。



Q.「ドキドキさんの相棒コロリ」や「暴炎牙(フレイム・バイト)」等、手札を破棄する効果の後、追加の効果があるカードは、破棄できる手札がない場合でも発動が可能か?

→可能です。



Q.相手フィールド上に「ストームドラゴン」がいる時、「ゴッドバード」を表側表示で配置した時、1ダメージを受けた「ゴッドバード」は自身の効果を発動できないか?

→すでに表側表示となっている「ストームドラゴン」の特殊能力が優先的に効果を発揮するため、その効果で撃破されてしまう場合「ゴッドバード」は効果を発動できません。
 ただし、「起死回生」などの効果により撃破を免れた場合は、通常どおり「ゴッドバード」は効果を発動できます。



Q.お互いのベンチにいる「道迷いの妖刀使い」が表側表示で戦場に配置された時、ダメージ処理はターンプレイヤーから順に処理するか、同時に処理してお互いにダメージを受けあうか?

→何らかの効果でお互いのベンチから同時に「道迷いの妖刀使い」が戦場に配置された場合は、同時に特殊能力が発揮され、同時にダメージが発生します。

 2020年9月のルール更新に伴い、『同時に「戦場ユニット」が撃破された場合、同時ダメージ効果の起点となったプレイヤーから「戦場ユニット」の配置を行います。』と言う項目が追加されました。
 そのため、「同時にユニットの配置を行う」状況を発生させた起点のプレイヤーの
「道迷いの妖刀使い」の「居合抜刀」から効果が発動します。ただし、この時点では敵戦場には対象となるユニットが存在しないため、ダメージ効果は発生しません。
 その後、もう一方の「道迷いの妖刀使い」の「居合抜刀」は、対象となる敵戦場ユニットがすでに配置されているため、ダメージ効果の処理を行います。



Q.裏側表示の「道迷いの妖刀使い」を「バトンタッチ」で戦場に出した時、「バトンタッチ」→「道迷いの妖刀使い」の順番で効果の発動をしてよいか?

→はい、ダメージ発生も含めた「バトンタッチ」の処理を終えた後、「道迷いの妖刀使い」の効果を発動します。



Q.上記の質問の順で処理することが正しい場合、相手プレイヤーのユニットが撃破された時、「たいりょくおばけ」や「モンスターエッグ」等、ユニットを出した後に「道迷いの妖刀使い」の効果を発動すればよいか?また、「モンスターエッグ」で表側表示で配置される効果が挟まった時の処理はどうなるか?

→「バトンタッチ」の効果で相手ユニットが撃破され、相手プレイヤーが「たいりょくおばけ」などで戦場に新たな表側表示のユニットを配置した後に、「道迷いの妖刀使い」の特殊能力が発動します。
 「モンスターエッグ」による配置の場合、ベンチのみに裏側表示で配置しても、すぐに戦場に表側表示で配置しなければならず、その後、「道迷いの妖刀使い」の特殊能力が発動します。



Q.「不落の重装戦術家」で「ゴッドバード」や「アハハちゃん」等、表側表示に配置した時の効果はどのように処理するか?

→すでに表側表示となっている「不落の重装戦術家」の必殺技が優先的に効果を発揮するため、その効果で撃破されてしまう場合「ゴッドバード」は効果を発動できません。
 ただし、「起死回生」などの効果により撃破を免れた場合は、通常どおり「ゴッドバード」は効果を発動できます。



Q.上記の質問で「ゴッドバード」の効果が発動できる場合、「いい大人達女体化軍団」の特殊能力を使用し、ダメージを与える効果で「不落の重装戦術家」が撃破された場合、表側表示にする効果は中断されるか?

→中断されます。
 看破に失敗した戦術家の落ち度です。



Q.「不落の重装戦術家」の必殺技で裏側表示のカードがユニットで、1Dの結果が6だった場合、「受け流しマント」を発動し、「不落の重装戦術家」を撃破した場合、表側表示にする効果は中断されるか?

→中断されます。
 看破に失敗した戦術家の落ち度です。



Q.「赤山兄妹」の効果で空いてるフィールドより山札の【ジャンル:いい大人達フレンズ】のユニットが少ない場合、デッキ公開をして証明する必要があるか?

→必要となります。

 2020年9月のQ&A更新に伴い、「山札や捨て山から特定のカードを選び、手札に加えたりフィールドに配置する」特殊能力について、「その効果を発揮しても良い」へと変更となります。また、効果の使用が任意となったため、山札の内容を開示する必要もございません。



Q.「イエロー戦隊チンゲジョー」の必殺技を発動する時、風邪などで喉が悪い場合やテンションがどうしようにもならない時、発声できていないとして必殺技が不発に終わるか?

→ほんの少しでも「行くぞ必殺!チンゲブラスト!!」と口に出す時点で相当な諸刃の剣ですので、発動ということで手を打っていただきたいです。
 ただし、コンディションがバッチリの時はそれ相応の発声をすると、場が和みます。



Q.「爆弾魔」を発動する時、敵ベンチに裏側表示のカードがない場合、発動できないか?

→発動は可能です。
 その場合、敵ベンチのカードを0枚破棄、その後、相手プレイヤーの山札の一番上のカードを破棄、という処理になります。



Q.「しょっく!!」は相手の手札が1枚以上あれば発動できるか?

→発動は可能です。
 相手の手札が2枚以下の場合は、その手札すべてを破棄することができます。



Q.「才能あるけど体力の無いイタコ」で出した相手プレイヤーのユニットに対して「エスケープ」「強制帰宅」を使用した場合、どちらの手札に戻るか?相手プレイヤーに戻る場合、「強制帰宅」のドローはどちらがするか?

→「エスケープ」「強制帰宅」ともに、自分の手札に戻ります。
 「強制帰宅」のドロー効果についても、自分がドローします。
 いずれの場合でも、対戦後は相手にカードを返却するのを忘れないようにしましょう。



Q.「才能あるけど体力の無いイタコ」で出したユニットが「エスケープ」「強制帰宅」を使用した場合、ターン終了時に破棄される効果は残るか?

→効果は残りません。



Q.「湯のみ」が発動中に「幻惑のレインボー」の反射効果によりダメージ・撃破・破棄の対象となった時、回避することはできるか?

→回避できません。



Q.「暴炎牙(フレイム・バイト)」を発動する時、相手プレイヤーの手札が1枚以上ないと発動できないか?

→発動できます。
 相手プレイヤーの手札が0枚の場合、ダイス結果に関わらず相手プレイヤーの手札を0枚破棄、その後、敵戦場ユニット1体にダイス結果ダメージ、という処理になります。



Q.「濁流破(マディ・ストリーム)」発動時、手札が0枚になった時、ダメージは与えられないか?

→ダメージは発生しませんが、0ダメージを与えた、という処理になります。
 そのため、ダメージ発生を条件とした各種カード効果を発動させる機会にはなり得ます。



Q.「クロスカウンター相打ち」によりダブルノックアウトになった場合、他の類似カードと同じように発動したプレイヤーが負けになるか?

→はい、双方のプレイヤーが同時にゲーム終了条件を満たす状況を作った「クロスカウンター相打ち」を使用したプレイヤーの敗北となります。



Q.「幻惑のレインボー」を発動する時、相手が【カードを破棄して使用を宣言する】【タイプ:切り札】を発動した場合、破棄した後に使うのか、破棄する前に使うのか?破棄した後に使う場合、「幻惑のレインボー」を発動したプレイヤーは【カードを破棄して使用を宣言する】をやり直す必要があるか?

→相手が切り札を使用するために「カードを破棄した後」に、「幻惑のレインボー」の使用を宣言する処理となります。
 「幻惑のレインボー」により打ち消した切り札を自分が使用したかのように効果を発揮する場合、通常の使用の際と同様、【カードを破棄して使用を宣言する】必要があります。



Q.「幻惑のレインボー」で「爆弾魔」や「絶対最強トンカチ」など、【その後~する】効果の対象がいない場合矛盾するとして自分が使用したかのように発動できるか?

→発動できます。
 矛盾が発生する場合というのは、主に発動条件となるユニットや代償となるカードを持っていない場合を指します。



Q.「モンスターエッグ」を発動し任意の枚数分ユニットカードを見せ、配置してもよいということは、ユニットを引いても出さなくてもよいか?

→引いたユニットを配置しなくてよいですし、配置しないユニットカードは相手プレイヤーに見せる必要はありません。



Q.「強制帰宅」でユニットが手札に戻る場合、切り札もしくはユニットが重なっている場合はどのような処理になりますか?
 例)「ダブルアタック」で「いつも愉快なタイチョー」が上、「歳はみんなと同じだけどオッサン」が下に重なっている場合。

→重なったユニットは「1体」とみなされ、何らかの効果でユニット「1体」が手札に戻る際は、それらが同時に戻ります。
 ただし、付与されている切り札カードは、捨て山へ破棄されます。



Q.ルールでは「『山札』からドロー時に『山札』の残りが【0】枚だった時」敗北となっていますが、山札から破棄する時に山札が0枚だった場合は敗北しますか?

→敗北となります。



Q.「山札(の一番上)から破棄する」と「『魂ドロー』したカードはすべて破棄される」に、ルール上の違いはありますか?

→「ドローの処理が存在するかどうか」の違いがあります。



Q.ベンチにユニットがいない時、『バトンタッチ』のダメージ効果のみを使うことはできますか?

→使うことができます。



Q.相手のフィールドに『ストームドラゴン』または、『ストームドラゴン』の能力を得ている『ファイナルドラゴン』がいる時、自分のフィールドの『ゴッドバード』が表側表示になりました。
『ゴッドバード』の特殊能力は発動しますか?

→すでに表側表示となっている「ストームドラゴン」または、その特殊能力を得た「ファイナルドラゴン」が優先的に効果を発揮するため、その効果で撃破されてしまう場合「ゴッドバード」は効果を発動できません。
 ただし、「起死回生」などの効果により撃破を免れた場合は、通常どおり「ゴッドバード」は効果を発動できます。



Q.『ファイナルドラゴン』の特殊能力の「ただし、同名の『特殊能力』は1つまでしか効果を発揮しない」の効果が及ぶのは自分自身だけですか? それとも、全体で「1つまで」ですか?
例えば、『ファイナルドラゴン』が2体いる場合や、他のドラゴンがフィールドにいる場合、それぞれの特殊能力は別々に発動しますか?

→1体の「ファイナルドラゴン」につき、同じ名前の特殊能力は1つまで付与され、それぞれ別々に発動します。
 例1)捨て山に「ストームドラゴン」が2体の場合、1体の「ファイナルドラゴン」に「暴乱気流」を1つ付与。
 例2)捨て山に「ストームドラゴン」が1体の場合、2体の「ファイナルドラゴン」それぞれに「暴乱気流」を1つずつ付与。



Q.テキスト中の「【ユニット名:〇〇】」は、「ユニット名に『〇〇』を含むユニット」という理解で良いでしょうか?

→【ユニット名:○○】と【ユニット名に『○○』を含むユニット】は、条件の判定上、別々の解釈となります。
 ※サリア・グレイ、マジックロッドの表記については、「ルール改定に伴うテキスト・表記の変更」を参照にしてください。



Q.『夏野マツリ』の特殊能力で裏側表示になったユニットに置かれていたダメージカウンター、EXカウンター、重ねられていた【切り札】、『ダブルアタック』で重ねられていたユニットはどうなりますか?

→カウンター類・切り札類はすべて付与されたまま、ユニットは重ねられたまま「夏野マツリ」の処理を行います。



Q.『ダブルアタック』で重ねられたユニット名は、上のカードを参照するのでしょうか?

→はい、重ねたユニットの上のカード名を参照します。



Q.『夏野マツリ』の特殊能力の「攻撃後」とは、「自分の攻撃後」という意味ですか?
例えば、他のユニットが攻撃した結果、『ファイアードラゴン』等の効果で撃破され、『夏野マツリ』がベンチから戦場に移動した場合、特殊能力で再攻撃することはできますか?

→「夏野マツリ」の特殊能力は、このユニット自身が攻撃した時、条件を満たすことで効果を発揮します。
 「夏野マツリ」以外のキャラが攻撃した場合は、攻撃の処理の後、相手にターンが移ります。



Q.「効果の対象になった時」の効果は、対象を選ばない効果(「すべてのユニットを破棄する」等)でも発揮しますか?

→発揮します。
 例えば、「表側表示のすべてのユニットを破棄する」などの場合、表側表示のすべてのユニットが「効果の対象」となります。



Q.テキスト中の「【ジャンル:魔法】」は「火の魔法」「地の魔法」「風の魔法」「水の魔法」「光の魔法」すべてを含みますか?

→はい、「○の魔法」すべてを含みます。
 ※サリア・グレイ、マジックロッドの表記については、「ルール改定に伴うテキスト・表記の変更」を参照にしてください。



Q.テキスト中の「【ジャンル:いい大人達】」は「いい大人達フレンズ」を含みますか?

→「いい大人達」と「いい大人達フレンズ」は別ジャンルとなります。



Q.『闘魂炎(バトルスピリッツファイヤー)』を同じユニットに2枚使った場合、ATKおよび攻撃によるダメージはそれぞれ4倍になりますか?
また、3枚使った場合は8倍になりますか?

→なります。
 このカードを同じユニットに使用する度、最終的なATK値・攻撃ダメージ値を【×2】していきます。



Q.『道迷いの妖刀使い』の特殊能力の「味方戦場に表側表示で配置された時」の条件は、『バトンタッチ』やルールによる「交代」で表側表示でベンチから戦場に移動した時に満たせますか?

→すでに表側表示であっても、戦場に配置される際にはその都度、条件を満たします。
 「バトンタッチ」やルールによる「交代」での配置のほか、味方戦場ユニットの撃破などによりベンチから戦場に配置される際にも条件が満たされます。

 満たせません。
 「オモテになることで発動する特殊能力」は、条件を満たしたときに1度だけ発動します。以降は何らかのカード効果によってフィールドから取り除かれてから配置されない限り、同一ユニットから該当する特殊能力は発動しません。
 ※「道迷いの妖刀使い」の最新の表記については、「ルール改定に伴うテキスト・表記の変更」を参照してください。



Q.『強制帰宅』で手札に戻すユニットに【切り札】が重ねられていた場合、その【切り札】はどうなりますか?

→付与されている切り札は、捨て山に破棄されます。



Q.『強制帰宅』が、『ダブルアタック』や『ノッチマン』で2枚のユニットカードが重ねられたユニットに使用された場合、2枚とも手札に戻りますか?

→戻ります。



Q.『ダブルアタック』で2枚重なっているユニットにさらに『ダブルアタック』を使用した場合、3枚の能力を合計できますか? また、1度目に「下」にしたユニットを、2度目の使用時に「上」にすることはできますか?

→3枚の能力を合計できます。
 ただし、1度目に「下」にしたユニットを、2度目に「上」にすることはできません。
 また、2枚目の「ダブルアタック」使用時にもユニットはすべての特殊能力を失うため、結果的に攻撃回数は2回となります。



Q.『釣り銭ブラスト』を同一ターンに2回使った場合、2回目の効果は発揮しますか?

→発揮しません。
 あくまで、次の相手プレイヤーのターンのみが対象となります。



Q.『せまりくるかべ』の特殊能力は、表側表示でベンチに置かれた時には発動しないのでしょうか? (裏側表示から表側表示になったときのみ発動?)

→表側表示でベンチに配置された時、裏側表示から表側表示になった時、ともに発動します。
 ただし、そのターン以降もEXカウンターを増やしていくには、味方戦場に留まり続ける必要があります。



Q.『せまりくるかべ』が最初のユニットとして置かれた場合、特殊能力が発動しませんが、「以降、このユニットが味方戦場にいる時のみ~(以下略)」の効果も発揮しないのでしょうか?

→「以降、このユニットが~」の部分については、効果を発揮します。



Q.『今世紀最大の戦い』使用後、残りHPが1のユニットが『ファイアードラゴン』に攻撃して撃破した時、同時に1ダメージを受けました。勝敗はどうなりますか?

→引き分けとなります。



Q.『今世紀最大の戦い』で『頼れる技術担当ノッチ』を出しました。勝敗条件が変更される前にドロー能力が発動し、敗北しますか?

→敗北となります。



Q.『正義戦隊ジャスティスジャー』が撃破された時、特殊能力は発動しますか?

→ダメージの発生によって撃破された場合でも、特殊能力は発動します。
 その特殊能力の発動後、「正義戦隊ジャスティスジャー」を捨て山に移します。
 ダメージを伴わない撃破や破棄の場合は、特殊能力は発動しません。



Q.ダメージを受けていない『正義戦隊ジャスティスジャー』が撃破以外でフィールドから取り除かれる時、『起死回生』でフィールドに残しました。HPを【1】残す為にダメージカウンターが4つ置かれますが、特殊能力は発動しますか?

→発動しません。



Q.裏側表示のユニットを対象に『起死回生』を使えますか?

→使うことができます。
 その場合は、そのユニットを表側表示にしてフィールドに留まらせます。



Q.自分のベンチに『湯のみ』が重ねられたユニットと『起死回生』がある状態で、相手が『ファイナルデッドブレス』を使いました。
『起死回生』の効果で、ユニットを『湯のみ』が重ねられたままでフィールドに残せますか?

→残せます。
 その場合、「湯のみ」を重ねたユニットが「起死回生」の効果でHP1を残し、フィールドに留まります。



Q.切り札や必殺技の効果の対象を選ぶのは、相手の【トラップ】の使用宣言の前ですか? 後ですか?

→前です。



Q.切り札の使用によって特殊能力が発動する時、切り札に書かれた処理を全て終えてから特殊能力の処理を実施する順番でよろしいでしょうか?
例えば「ポリスコップ・マッポマン」を「バトンタッチ」で交代した場合、「バトンタッチ」の交代と相手に1dダメージを実施してから「ポリスコップ・マッポマン」の特殊能力を実施するでよろしいでしょうか?

→はい、その処理の順序となります。



Q.『ファイナルドラゴン』の特殊能力「伝説の再臨」のテキスト 「~このユニットは捨て山に存在する~」 の部分は相手プレイヤーの捨て山も含みますか?

→いいえ、自分の捨て山のみを参照します。



Q.『ターン開始時のドローができなくなるマン』に相手が『攻撃』を宣言した時『クロスカウンター相打ち』は使用できますか?使用できる場合『ターン開始時のドローができなくなるマン』は破棄されるユニットに含まれますか?

→使用できます。
 ただし、その時に破棄されるユニットは敵・味方戦場のユニットのみであり、「ターン開始時のドローができなくなるマン」を破棄に含むことはできません。



Q.『ターン開始時のドローができなくなるマン』は『フィールド』を対象もしくは『フィールド』のうちの一部を対象とした効果の対象になりますか?
例1『いつも愉快なタイチョー』の屁をこくの対象になるのか?
例2『ターン開始時のドローができなるくなるマン』に『強制帰宅』は使えるのか?使える場合の強制帰宅の効果の処理はどうなるのか?

→配置場所はこのカード専用の配置先となるため、「フィールド」などを対象とした効果の対象にはなりません。
 また、ユニット化したこのカードに対しては、切り札や必殺技などの対象にできず、自分・相手プレイヤーともに通常攻撃でのみ干渉が可能です。



Q.テキストの 『攻撃』 と 攻撃 に違いはありますか?

→違いはありません。



Q.「ダブルアタック」を使用した時、戦場にいるユニットはどちらのユニットとして扱うのでしょうか?(下のユニット?上のユニット?はたまたどちらでもOK?)

→ユニット名やジャンル、魂の値など、上のユニットを参照した1体のユニットとして扱います。



Q.戦場にいるユニットに「湯のみ」等の強化カードを装着した後、「エスケープ」の効果が発動したら「湯のみ」等の強化カードは消えるのでしょうか?

→はい、ユニットに付与されていた切り札カードは捨て山に破棄されます。



Q.「湯のみ」の効果「必殺技・超必殺技・切り札・トラップによるダメージ・撃破・破棄の効果の対象となった時、その効果を回避してもよい」と書かれていますが、もしも「湯のみ」を装着したユニットがダメージを受けても撃破されないと分かった時、「湯のみ」を破棄せずそのままダメージを受けることはOKでしょうか?

→OKです。



Q.トラップカード「クロスカウンター相打ち」「加速装置」等のカードには(相手プレイヤーが攻撃を宣言した時)と表記されている所がありますが、この「相手プレイヤーが攻撃」というのは通常攻撃「のみ」なのでしょうか?それとも必殺技や超必殺技も含まれますか?

→通常攻撃「のみ」となります。



Q.トラップカード「受け流しマント」のカードには(味方フィールドのユニット1体に発生するダメージを打ち消し、フィールド上に表側表示のユニットに打ち消されたダメージと同数ダメージを与える)と書かれていますが、この反射ダメージは自分のベンチや相手のベンチの表側表示のユニットも対象として含まれていますか?また、切り札のミサイル等の「破棄」するカードは「受け流しマント」では打ち消しは無理でしょうか?

→この反射ダメージは、自分・相手問わず、フィールド上で表側表示となっているユニット1体ならば対象にできます。
 また、ダメージが発生しない「破棄」の効果に対しては、「受け流しマント」による打ち消し・反射はできません。



Q.トラップカード「幻惑のレインボー」についてですが下3行の表記の意味が少しわかりません(幻惑のレインボー使用者がその効果によって発動した「タイプ:切り札」とその効果は、すべてのカードの効果や影響を受けない)これは相手が同じく幻惑のレインボーで跳ね返しをしようとしても無理ってことでしょうか?

→はい、その通りです。
 「幻惑のレインボー」ではね返された切り札効果に対しては、どんなカード効果をもってしても防ぐことができません。



Q.「エスケープ」で戦場のユニットを対象にした場合、手札に戻した後の処理は「手札からユニットを配置する」と空いた戦場にベンチのユニットを出すではどちらが先に行われますか?
また、「手札からユニットを配置する」の処理が先の場合でベンチに空きがある場合、ユニットをベンチに配置して別のベンチのユニットを戦場に出すことは可能ですか?

→「エスケープ」効果による「手札からユニットを配置する」処理が先に行われます。
 また、その処理で空いたベンチにユニットを配置した場合、別のベンチユニットを戦場に出すことは可能です。



Q.「起死回生」で留まらせるユニットに「ダイアシールド」や「ダブルアタック」などの重ねておく切り札がある場合、重ねたまま留まらせることになりますか?

→はい、その通りです。



Q.「PAXXX-01カンナ」の特殊能力で、味方ユニットのダメージ・撃破・破棄を打ち消す際、「サイバー・クラッシュ」のように複数ユニットが同時に対象となる効果に対しては破棄する手札は1枚ですか、それとも効果を打ち消すユニットの数になりますか?

→複数を対象としたカード効果であっても、手札1枚の破棄で打ち消すことができます。
 その後 通常どおり、はね返し判定の処理に移ってください。



Q.「PAXXX-01カンナ」の特殊能力は、「発動条件を満たす限り必ず使用を宣言しなければならない」ですが、自分の「味方ベンチのユニットを破棄することで使用を宣言できる」というような条件のある必殺技、切り札の使用に対しても宣言しなければなりませんか? しなければならない場合、破棄は打ち消されて使おうとした効果は使用できなくなりますか?

→何らかのカード効果を発揮するための「代償として味方ユニットを破棄」する場合は、「カンナ」の特殊能力は発動しません。



Q.「才能あるけど体力の無いイタコ」の効果に含まれる「この効果で配置されたユニットは、次の自分のターン終了時に破棄される」について、破棄は配置されたターンではなく、一度相手のターンになった次の自分のターンで間違いありませんか?

→はい、間違いありません。



Q.「才能あるけど体力の無いイタコ」の効果に含まれる「この効果で配置されたユニットは、次の自分のターン終了時に破棄される」について、この破棄は「起死回生」で阻止できますか?できる場合、一度阻止した後はペナルティなしでフィールドに存在できますか?

→はい、「起死回生」で阻止できます。
 その場合、ペナルティなしでフィールドに存在できます。



Q.「絶対最強トンカチ」の1つ目の効果「ユニット1体の破棄」が「起死回生」などで阻止された場合、「その後」として記述された「相手の手札1枚破棄」の効果は適用されますか?

→はい、適用されます。



Q.「クロスカウンター相打ち」の効果に対して「起死回生」などで自分のユニットの破棄を防いだ場合、相手ユニットの破棄は有効になりますか?

→有効です。



Q.「起死回生」の「HPを『1』残して」とは「その時点の最大HP-1の数だけダメージカウンターを乗せて」という処理で間違いないでしょうか?

→はい、その通りです。



Q.「カビンガーX」の効果「トラップカードの効果を打ち消し破棄する」は「カビンガーX」に対しても有効(=最初に打ち消されたトラップカードが有効になる)でしょうか?
 有効の場合、「カビンガーX」が2枚あれば「カビンガーXを打ち消したカビンガーX」をさらに打ち消すことも可能でしょうか?

→「カビンガーX」を「カビンガーX」で打ち消すことは可能であり、最初に打ち消されかけたトラップカードも有効となります。
 「カビンガーX(自分)を打ち消そうとしたカビンガーX(相手)をカビンガーX(自分)で打ち消す」ことも可能です。



Q.「ダブルアタック」「【魂】の値は、重ねたユニットの上のカードを参照すること」ですが、どちらを上にして重ねるかは使ったプレイヤーが選ぶことができますか?

→はい、「ダブルアタック」を使用したプレイヤーが、その効果でユニットを重ねる時に決定します。



Q.『0点のテスト』『絶対最強トンカチ』は自分フィールドのユニットにも使えますか?

→はい、可能です。



Q.『起死回生』は自分の発動したカード(『無慈悲な全員没収』『いつも愉快なタイチョー』等)に対して発動できますか?

→はい、発動できます。



Q.「全能戦士ガイアマッツァン」の攻撃をDEF11以上のユニットが受けた場合でも発生するダメージは10(ATK値)になりますか?

→はい、その通りです。



Q.味方ユニット1体の撃破、破棄に対してそれを条件とする「たいりょくおばけ」や「なすのおばけ」、「モンスターエッグ」等を複数枚同時に使用可能ですか?

→はい、可能です。



Q.ユニットを破棄する事で使用を宣言する能力を発動させる際にその破棄の処理を「湯のみ」等でなかったことにできますか?
可能な場合、その能力自体は発動させることができますか?

→代償としての破棄は、「湯のみ」で無かったことにはできません。
 「湯のみ」が回避できるのは、代償ではなく対象となった時、となります。
 上記の例では、「湯のみ」が付与されたユニットを「湯のみ」とともに破棄し、能力が発動、という処理になります。



Q.「モンスターエッグ」の効果で配置出来るユニットは[1D]の効果でドロー出来たカードの中に含まれるユニットだけでいいですか?

→はい、その通りです。



Q.「モンスターエッグ」を使用する場合、その「モンスターエッグ」が配置されていた場所は「空いている場所」になりますか?

→はい、「空いている場所」になります。



Q.複数のカードに影響のある効果が発生した場合、その処理の順番は誰がどのように決めますか?

→「戦術看破」などのように特に指定がない場合は、複数の効果発生を同時に処理します。
 ユニットが同時に撃破された際の「魂ドロー」なども、魂の値を合計し、同時にドロー処理します。



Q.「レディーファーストマン」のEXカウンターは、そのEXカウンターを乗せる原因となった敵フィールドのユニットをフィールドから取り除いても乗ったままですか?

→原因となる敵ユニットを取り除いた場合、発生していた分のEXカウンターを取り除くことができます。



Q.敵フィールドの【ジャンル:女】が残っている状態で「湯のみ」などで「レディーファーストマン」のEXカウンターを取り除くとどのような処理になりますか?

→「湯のみ」を使用した瞬間だけEXカウンターを取り除けますが、その後、即「レディーファースト」の効果が適用されます。



Q.ソフトリセットの効果説明の「それ以外のカード」とはどこのカードまでが対象になりますか?
捨て山は対象外で間違いないですか?

→最初に選んだユニット1体を除く、味方フィールドに存在するカードまでが対象となります。
 捨て山は対象外で間違いありません。



Q.勝利条件に付いて:デッキからドローができなくなる、ユニットを配置できなくなるが敗北条件ですが、手札・ユニットが0+「ドローできなくなるマン」がいる状態で、次の相手のターンで敗北条件成立なのか、それとも、自ターンで相手の手札・ユニット0になった時点なのか、ここもお願いします。

→「山札が0枚でドローできないor味方フィールドのユニットが全滅」、が敗北条件なので、自ターンであっても味方フィールドに自分のユニットが1体も存在しなくなった時点で、敗北条件成立となります。



Q.発動条件に付いて:「コロリ」の効果の手順は手札を一枚捨ててからユニットにダメージですけど、発動できる条件って、「手札がある」事なのか、「手札があり、ユニットがいる事」のどちらでしょうか?

→相手に手札があってもなくても、「コロリ」は必殺技を使用できます。


Q.カードの優先権について:切り札を使ったときに、「幻惑のレインボー」を発動した際、それに合わせて、「カビンガーX」を発動した時、処理順は「カビンガ―X→レインボー無効→レインボー無効により切り札が成立」等になるのでしょうか?
↑のカードはまだわかりやすいのですが、他のカードも含め、どのカードが優先権(要はスペルスピード)が高いのかも教えてくれるとカードゲーム初心者にもいいかなぁと思います。

→処理の順序は、その通りとなります。
 カードの優先権については、カード同士のテキスト表記次第となります。



Q.『全能戦士ガイアマッツァン』の特殊能力「超戦士爆誕!」で参照する捨て山は自分の捨て山だけですか? 相手の捨て山も参照できますか?

→自分の捨て山のみを参照します。



Q.相手の1回の攻撃に対して、『地隆爪(アース・クロウ)』を複数枚使うことはできますか?

→使うことができます。



Q.攻撃宣言したユニットが『地隆爪(アース・クロウ)』によって撃破された場合、ターンの終了に進みますか?

→進みます。



Q.「【トラップ】の効果の対象にならない」の解釈の仕方を教えてください。(以下、具体例です)

・自分の捨て山に『うさんくさいいけにえ台』があり、自分の『全能戦士ガイアマッツァン』が撃破または破棄された時、自分の『起死回生』や『受け流しマント』の発動を宣言できますか?
(「発動できない」「発動できるが、ガイアマッツァンを対象とする効果だけ発揮されない」のどちらでしょうか?)

→「起死回生」の発動は宣言できますが、「全能戦士ガイアマッツァン」に対しては効果を発揮しません。
 「受け流しマント」は発生するダメージに対して使用するカードなので、発動を宣言できます。
 ただし、「受け流しマント」の効果で発生するダメージを、「全能戦士ガイアマッツァン」に対して与えることはできません。



・相手の捨て山に『うさんくさいいけにえ台』があり、相手の戦場に『全能戦士ガイアマッツァン』がいる時、発動条件が「相手プレイヤーが攻撃した時」のトラップ(『加速装置』『クロスカウンター相打ち』)の発動を宣言できますか?
できる場合、結果はどのようになりますか?

→「加速装置」は発動を宣言できます、通常どおり効果を発揮します。
 「クロスカウンター相打ち」は発動を宣言できます、攻撃は打ち消され、味方ユニットのみ破棄されます。


・自分の捨て山に『うさんくさいいけにえ台』があり、自分の戦場に『全能戦士ガイアマッツァン』がいて、相手が攻撃を宣言した時、自分の『クロスカウンター相打ち』の発動を宣言できますか?
できる場合、相手の戦場ユニットだけが破棄対象になりますか?

→「クロスカウンター相打ち」は発動を宣言できます、攻撃は打ち消され、敵ユニットのみ破棄されます。


・自分の捨て山に『うさんくさいいけにえ台』があり、自分の『全能戦士ガイアマッツァン』が撃破または破棄された時、『モンスターエッグ』を発動できますか?

→発動できます。



Q.装備系のカードは1体のユニットに何枚まで付与できますか?

→付与できる数に制限はありません。



Q.ダイアシールドやダブルアタックは何枚まで重ねがけできますか?

→同じカードはデッキに3枚までというルールを前提に、付与できる数に制限はありません。



Q.今回のようにMCGの疑問質問に答えて頂ける機会は今後もありますか?

→その予定です。



Q.プレイヤーAが「受け流しマント」でプレイヤーBのユニットに返したダメージを、Bが「受け流しマント」を発動させてAに再度跳ね返す、は可能ですか?

→可能です。



Q.手札やユニットの破棄が発動条件となっている効果をトラップ等で無効化した場合、破棄したカードはどうなりますか?
破棄そのものも無効化されて手札orフィールドに戻る?そのまま破棄?

→「破棄することで使用を宣言する」と表記のあるものについては、使用宣言時にすでに代償とするカードの破棄は完了しているため、発動した効果が無効化された場合でも、破棄したカードは破棄されたままとなります。



Q.最大HPが増えた状態で本来以上のダメージを負ったユニットが、何らかの効果で本来の最大HP値に戻り、ダメージ値>最大HPになりました。
この場合撃破扱いですか?だとしたら撃破の処理はどのタイミングで?

→何らかの効果で本来の最大HPに戻ったタイミングで、撃破扱いとなります。



Q.「現在の最大HP」は「本来のステータス値+何らかの効果で上昇した値」で間違いないですか?
例えば、「せまりくるかべ」に「ダイアシールド」を乗せて「PAXXX-02 カイ」の必殺技発動の為に破棄した場合、「せまりくるかべ」の現在のダメージ値に関わらず対象に20ダメージ与えますか?

→はい、その通りです。



Q.「ゴッドバード」が表側表示になったとき、捨て場に【ジャンル:いい大人達】がいないので、破棄させないように「起死回生」を使うことはできますか?(敗北条件を避けるため)

→使うことができ、「ゴッドバード」は破棄されません。
 さらにこの時、もし捨て山に【ジャンル:いい大人達】のカードが存在していれば、フィールドに配置も可能です。
 以降、ルールとしての「交代」や「バトンタッチ」の使用などにより「ゴッドバード」が表側表示のままフィールドのどこかに再配置される度に、特殊能力が発動します。
 ※「ゴッドバード」の最新の表記は、「ルール改定に伴うテキスト・表記の変更」を参照してください。



Q.大会でのゲームプレイについてですが、テーブルの上には何か別の物を置くのはどこまで可能ですか?(ダイスマット、カードスタンド、メモ帳、タオル、飲み物等、…イカサマ防止なら何も置かない方が良さそうですか?)

→基本的に制限はありませんが、飲み物などをこぼすと相手にも迷惑が掛かってしまうため、注意してください。



Q.テキスト中の「対象(target)」と「選ぶ(choose)」に明確な違いはありますか?

ここに明確な違いが出るなら≪PAXXX-01 カンナ≫と≪不落の重装戦術家≫の関係はわかりやすくなるかなと思ったのですが。(前者は「対象」に取られた場合のみ反撃、後者はあくまで「選んで」いるだけなので「対象」に取っていないため反撃効果は発動しない)

→明確な違いはありません。



Q.ベンチに置かれているカードは、プレイヤーが任意で並び替えることができますか?

→並び替えることはできません。






8e3db695bf1e510f3816c191e341b87d025c11b6




ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

いい大人達が本気でブログを書いてみた

いい大人達

月額:¥550 (税込)

コメント

出水 響
No.11 (2019/08/01 00:00)
Wiki編集しまくってて気づいた点など。

・ツルツルの薬で失うのは『特殊能力』だけであって、『必殺技』・『超必殺技』は使用可能ですか?
 「放送事故!」のテキストを見ていると、『必殺技』・『超必殺技』も『特殊能力』である、と読めるので……。

・前回の質問と被るところもあるのですが、「いい大人達女体化軍団」はユニット名に【ノッチ】を含んでいないので、「ノッチ神撃剣!」が撃てない状態になっています。
食堂野郎
No.12 (2019/08/25 16:34)
今更ながら浮かんだ疑問です。

しゅうくりぃむオバサンの必殺技「シュークリーム・ロッド」は
敵戦場ユニットの現在のATK値が効果を使用したオバサンの現在のATK値以下なら破棄
と言う効果ですが、敵戦場ユニットのATKがオバサンのATKを超えていて、破棄ができない状態でもオバサンの必殺技の使用宣言はできますか?
しょしょしょSHOJI
No.13 (2020/09/27 00:15)
Q&A更新お疲れ様です、そしてありがとうございます!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

いい大人達が本気でチャンネルを開設してみた

いい大人達が本気でチャンネルを開設してみた

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細