いいちこインコ&チュンの飼育日記

破壊された本棚の上の秘密基地

2021/02/01 17:04 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 日記
  • 雑記
  • いいちこインコ
  • オカメインコ
  • インコ
  • 本棚
  • 秘密基地
  • 破壊
  • 遊び場
いいちこインコさんはビュンビュン飛んでいた頃から、リビングの本棚の上(赤い丸で囲んだ所)で、遊ぶのが好きで、片目が見えなくなった為、自分からは飛ばなくなっている現在でも、飼い主に「上に運んでくれっ!」とアピールする事で、本棚の上に頻繁に移動して遊びを満喫しています。

その本棚の上のテリトリーですが、片目が見えなくなった頃から、時々、不意に落ちて来ているので、以前、落ちないように本棚の端に半月型の棒を貼り付けて、駅ホームの点字ブロックの要領で落下防止を試みました。



この本棚の天板の端にセットした半円型の棒には、ある程度の効果はあったモノの、それでも、落ちる回数はゼロにはなりませんでした。

まぁ、片目が不自由で、飛ぶのを怖がっている年齢にはなったモノの、人間とは違い、20年以上は、部屋の中をビュンビュン飛び回っていた立派な一人前の鳥なので、少々の事では怪我はしないぐらいには、上手に着地してくれています。

しかし、片目が見えていないからには、事故の可能性は以前よりは高まっているハズ…。

そんな最中に、本棚の天板をかじって破壊してしまうトラブル発生っ!



元々、遊ぶ為にセットしている木のオモチャとは違い、歩く為の場所を破壊してしまっているので、木片などによる足裏の怪我を警戒し、この際、本棚の上をフルリニューアルして、怪我の防止完璧な落下防止を試みる事にしましたっ!

……と、今回は、長くなりそうなので、ココまででっ!

次は実践編に入りますっ!!(*´ω`*)b


コメント

ロック
No.1 (2021/02/06 22:26)
『片目が見えなくなった為、自分からは飛ばなくなっている』とか鳥にそういう知恵あるの知らなかった。面白い記事。
いいちこインコ@花沢りん吉 (著者)
No.2 (2021/02/07 15:36)
>>1
ウチの子は25歳ですが、野生の子は10歳ぐらいで天敵に狙われたり、餌が取れなくなって亡くなってしまうので、野生の子を観察する中では、まず、老化現象は観察する事の出来ない様子ですからね。確かに珍しいと思います。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事