bearkumaの違法行為シリーズ

「法律相談所ごっこ」の「はじまり」のあとがき

2015/05/20 23:37 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
みなさん、おはこんばんちわ。
違法行為シリーズのbearkumaです。



お気に入りユーザーに登録していただいている方には、ニコレポで「なんじゃこれは?」と思われた方もいるでしょうが、今回、ニコニコ静画ではじめて投稿しました。
使っているソフトは、ご存じの方もいるかと思いますが、コミPo!です。
何せ画力がありませんので、このソフトを使っているのですが、マンガを描くというよりは、「マンガを作る」といったところでしょうか。

さて、違法行為シリーズはどうするんだ?とか、なぜにマンガと思われている方もいるでしょう。
今後の違法行為シリーズについては、実はもう心の中で決めていることなんですが、
違法行為シリーズは、次回作の投稿を以て、違法行為シリーズを、一旦、終了とします。
これはいくつか理由があるのですが、一言でいうと、楽しめれなくなってきたというのがあります。
どうしても、アニメを素材として作っていると、限界を感じます。
アニメの登場人物の多くが、中高校生を中心とした未成年者、で刑法を取り扱うとなると、どうしてもネタが限られてくる・・・その中でも、使える罪名と話が限られている・・・だからといって、民法や労働法に話をシフトしようとしても、ほとんどネタにできないのです。

で、そうなると話を創作することが手っ取り早いし、オリジナルで作品を作ってみたいと思う気持ちもありました。しかし、動画で作るにしても、なかなか難しい。声をこれまでと同じように、ゆっくりで作ってもいいのですが、自分の作りたいものとは、なんとなく違うような気がしていたのです。
なにかいい方法がないかと考えたときに、コミPo!と出合ったわけです。


第1回の作成をしてみて、自分では、やってみて良かったなと思っています。
今回取り上げた、交通事故と健康保険の話なんて、アニメを素材に使って話を進めることは、まずできませんからね。そうやって考えてみると、取り上げるテーマをいくらでも広げることができます。難点なのは、キャラクターが「若い!」というくらいでしょうか?

キャラクターのデザイン(目の形や髪型や髪の色などを組み替えることができる)をする上で、どう設定しようかと思いましたが、意外にすんなりいきました。
というのは、bearkumaこと「くま」も、アシスタントの法沢律も、身近にいる人をイメージして作りました。二人のモデルにしたのは、僕が所属しているボランティア団体で一緒に活動している大学生です。


まぁ、「くま」はともかく、律の方は、かなり意識して作りましたね・・・
ただ、モデルになった本人の名誉のために言っておきますが、あくまでも外見だけ。性格的に似ているところは、せいぜいちょっと勝気なところでしょうか。モデルになった実物の女の子は、しっかり者で、ときどきほろりと涙をこぼす時もあって、かわいい子なんですよ。

それとは別に律の性格や言動は、かなり破天荒なものにしようと考えました。実際、1回目から、くまを罵倒し、多重債務者、徹底したボケなど、ふんだんに盛り込んだつもりです。今後もそのつもりで作っていくところです。自分の中では、律は作中の設定ではアシスタントという立場ですが、この話の主人公(物語ではないので、正しい言い方ではないかもしれませんが)だと考えています。

さて、「ごっこ」とあるように、「真似事だよ」という意味を含めています。
というのは、法律を取り上げたマンガには、弁護士や司法書士などの法律職の監修のものや、そういった人たち自身が原作に携わっているものが多くあります。なにせ、自分はそのような仕事をしているわけではない「素人」なので、せいぜい「ごっこ」だよなと思いつけたわけでえす。

次作は現在作成中で、それを含め、ネタとしては既に3つほどあります。さらにいえば、この話を終わらせるときのネタまで、ある程度固まっています。
どこまで話を広げられるか・・・自分でも楽しみであります。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事