bearkumaの違法行為シリーズ

犯罪ラボ「藤女生徒会の犯罪2」のあとがき

2013/09/24 21:17 投稿

  • タグ:
  • 恋愛ラボ
  • 違法行為シリーズ
さすがに、このコスはねぇわ・・・屈辱プレイだろう。


今回、かなり苦労しました。
マキの生徒会経費の流用について、罪名が特定できないという点で、思いっきり時間がかかりました。
ネタも二転三転と・・・
まぁ、しっかりと特定できない上に、背任罪という犯罪についてあまり馴染みがないという点で、ネタにしづらかったですね。

けど、実際には背任罪って、ちょっとしたことで構成要件に該当してしまいます。
最初作ったネタでは、「とらドラ」の櫛枝がアイス増量して、パフェを大河と竜二に提供する場面がありましたよね。仮に代金をもらったとしても、背任罪に該当してしまいます。同様に、安くしてあげたということも該当してしまいます。
もっとも、この程度では、常習的に悪質でない限り、立件は不可能ですが。。。

さて、今回、会社や団体のお金を不正に扱うことで、該当する犯罪で、業務上横領罪、横領罪、背任罪、詐欺罪、そして窃盗罪を挙げました。

その中で特に注意が必要なのは、実は詐欺罪だったりするんです。
代表的な事例でいえば、私物を購入したにも関わらず、それを会社などの備品を購入したと偽って、領収書や請求書を悪用して、お金を取るというケースが詐欺罪に該当します。
いやいや、そんなことはしないよと思われる人も多いと思います。
本当に気を付けないといけないのは、通勤手当なんです。

というのは、例えば、通勤手当について虚偽の内容を記載し申請して、不正に受給することはもちろんですが、不作為に詐欺罪に該当する場合もあります。
例えば、引越しをしたり、途中まで自転車通勤に切り替えて、通勤手当が不要になったり、減額する必要があるにも関わらず、その申請をせずに、受給し続けた場合、不作為による詐欺罪が成立してしまいます。

もちろん、会社としては不名誉なことなので、立件するとは限りませんが、すくなくとも返還を求められることは間違いありません。

さて、業務上横領罪、横領罪、そして背任罪は、犯罪を犯す者と、被害を受ける者との間に痛く関係が存在し、信頼を裏切るという点で罪が重いとされます。
しかし、窃盗罪や詐欺罪などと有期刑の上限は同じですよね。一方で、窃盗や詐欺罪について、業務上横領罪と横領罪の関係のように、強い委託関係にある場合、罪が重くなるというわけではありません。
これは、職場での窃盗や詐欺は、厳しく処罰される傾向にあるという点で説明ができます。
例えば、窃盗罪に該当する行為として、自分が働いている店のレジからお金を抜き取る、職場にある商品を盗むといった場合でも、同じ被害額でも車上狙いなどに比べ、厳しく処断されます。
というのは、雇う側にしてみれば、その者を信用して雇っているわけですので、その信用を裏切ったという点、そして、店で働いているという立場を悪用しているというところで、罪が重いと判断されるのです。

Yahoo!知恵袋とかでたまにあるのですが、「(家族などが)万引きの初犯でつかまったけど、(そのものが)働いているお店で万引きした商品は5,000円程度で、初犯ならたいてい処分保留になるはずなのに送検されてしまいました。これは不平等な扱扱いではないのですか?」という質問があるのですが、これが自分の職場やかつて働いていた職場で、万引きをすれば、まず処分保留にはなりません。

多くの場合、人生を狂わすのはお金と異性関係です。仕事では、どうしてもお金がついてまわってきます。動画の最後のほうで言いましたが、大抵他人のお金の扱いを間違えると、犯罪に該当してしまいます。これくらい大丈夫というものでもない、当たり前のことが守られていないから犯罪は尽きないし、人間の業というものです。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事