マサックスの駄文的ブロマガ

最強最悪の生命体 ゴキ○リ 

2013/03/14 14:01 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 雑談
現在自分は、東京に住んでいます。東京の暮らしにもすっかり慣れてきましたが、未だに慣れないものがあります。そう、それはヤツです。

黒く蠢く生命体。

自分、生まれが北海道です。北海道出身の方はご存知でしょうが、北海道は大きく四つのエリアに分けられます。道南、道北、道央、道東です。自分はその道東出身です。その頃、噂で聞いたのですが、道南の一部、函館あたりには、いるとかいないとか聞いたことがあったのですが、少なくとも、自分は北海道にいる間はその忌むべき生命体は見たこともありませんでした。

なので東京に来る際は、一体、いつそやつに出会うのかとドキドキしていましたが、思いのほか、遭遇することはありませんでした。たまに自分の部屋ではないところで、茶色く小さなものは出会ったのですが、大したことはありませんでした。

「何だ、気にしすぎだったのか」

と、ほっとしてしばらくするとあまり、その生命体のことを気にすることもなくなっていったのですが、先日のことでした。部屋に帰り、電気を付けると。

いやがりましたよ。壁に黒光りするあの忌むべき生命体が。

そいつは冷蔵庫の横の壁に張り付いて、じっとしていました。そして触覚をウネウネとさせています。大きさは、5,6センチといったところでしょうか。自分は黒くてでかい生命体をはじめてみたので、かなりびびりました。

「何故だ・・・?徹底的に清潔にしていたはずなのに・・・・・・」

横の住人か上か下か発生源は判りませんが、とにかく目の前のこやつを何とかせねば、安心して寝ることも出来ません。軍手をはめ、テイッシュをめちゃくちゃ握りながら、ゆっくりと近づいていきます。
そして・・・やつの俊敏さを上回る速さで捕獲に成功し、ティッシュを丸め窓からポイッ。「通行人の方ごめんなさい」と思いつつも自分のことが1番なので知ったこっちゃありません。

とりあえず、今日は一安心と思っていたのですが、真の恐怖は翌日でした。
朝、目覚めると足の裏に何やら感触が・・・。布団をめくってみるとそこにはバラバラになって死んでいる忌むべき生命体の姿があったのです。
生まれて初めて悲鳴を上げました。子供の頃、幽霊を見ても「こんばんは」と言ったこの自分がです。心拍数は朝から爆発的にはねあがり、健康に悪いことこの上なかったです。とにかく昨日と同じようにして窓の外に投げ捨てます。やっぱり、自分のことが一番なので通行人の事なんか知ったこっちゃなし!

それからは何事もありませんが、今でも部屋のどこかにヤツがいるのではないかと怯えながら過ごしています。北海道・・・・・・。冬は寒いけどこうなると、とてもいいところだった気がしてきました。
しかし、しばらくは東京にいなければなりません。
茶色く小さなヤツなど可愛いものでした。あんな黒くてデカいヤツなんかに慣れれるわけがなかった・・・・・・。

やつ等との戦いは始まったばかりなのです。

ちよっとかっこよく終わり。




旭日の艦隊紺碧の艦隊月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)バンダイチャンネル

コメント

廉仝@キチーフ
No.1 (2013/03/14 17:16)
東京がどれだけ恐ろしい場所かがよくわかった…。
東京だけは絶対に住みたくない…。
僕もあの生命体は大っ嫌い……。

東京では大変だろうけど…頑張って!
マサックス (著者)
No.2 (2013/03/14 20:10)
>>1
応援ありがとう!
くじけずにがんばるよ。ヤツにだけは負けない!!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事