マサックスの駄文的ブロマガ

好きなラノベ 織田信奈の野望

2013/03/08 15:00 投稿

  • タグ:
  • ラノベ
  • 織田信奈の野望
今回、紹介するラノベはGA文庫から、現在9巻と外伝の10冊が刊行されている、織田信奈の野望です。つい最近、アニメ化もされたのでご存知の方も多いかと思います。
この作品、舞台は戦国時代ですが、登場する武将たちのほとんどは女性に性別が、変更されています。この設定自体はよくあるといえば、よくあるので、もう食傷気味だよ、と言う人もいるかもしれません。でも、とりあえずは簡単にストーリーを紹介しますので、読んでみてください。

物語は現代で暮らす男子高校生、相良良春(さがらよしはる)が突然、戦国時代へタイムスリップしたところから始まります。彼は訳もわからず戦に巻き込まれ、とある人物に命を賭して救われます。その男こそ木下藤吉郎その人だったのです。いきなり歴史的人物の死を目の当たりにした良春ですが、偶然に近い形でとある、少女を助けます。それが、織田信奈(おだのぶな)です。このことにより良春
藤吉郎のかわりに信奈の草履取りとして召抱えられ、彼女とともに天下統一、そしてそれ以上の夢を追い求めていくことになるのです。

とまあ、あらすじはこんな感じです。ただ、最初に言ったとおり登場人物はほとんど、姫武将という女の人ばっかりです。良春の周りにも、ロリ義妹、ロリ忍者、ロリ槍使い、ロリ軍師が次々と現れます。何か意図的に偏った性質のキャラをピックアップしているように見えますが、あながち間違ってはいません。

しかし、本作品の見所はキャラや設定だけではありません。著者の春日みかげ先生ですが、しっかりと取材をしているようで、史実に基づいたイベントがていねいにと描かれています。その甲斐あって、歴史に詳しい人でも「どうなるんだろう」とハラハラさせる展開になっています。
例えばですが登場人物の1人のロリ軍師、竹中半兵衛。この人は史実でも秀吉の軍師でしたが、病で死んでしまいます。この作品でも彼女は史実どうりになってしまうのか?とか、色々な史実的複線をしいてみたり、実際の桶狭間の戦いでは今川義元は討ち死にしますが、この作品では良春によって死ぬことはありませんでした。それによって、パラレルワールド的に戦国大名達の思惑や行動が変わっていき、歴史に詳しい人でも、いや、詳しいからこそ先の読めない、ワクワク感を楽しむことが出来ます。この作品はいうなれば一種の架空戦記ものと言えるかもしれません。
もちろん、女の子がたくさん出てくるのでそこも見所の1つではあります。ロリキャラ以外にもたくさん魅力的なキャラはいますので様々なニーズにお応えできますww

そして最大の見所は本能寺の変を阻止できるか、というところにあります。織田信奈野望では明智光秀も少女なのですが、それが事態を複雑にして先を読めなくしています。今は信奈光秀の関係は良好です。しかし、良春をめぐって三角関係になりつつあり、良春はもしかしたら自分が原因で本能寺の変が起こってしまうかも、と思い悩みます。はたしてどうなっていくのか、これからの物語からは目が離せません。

稚拙文な章のせいで面白さの万分の一も伝えられていないのが悔やまれますが、ありきたりの設定だけでは9巻まで出なかったでしょうし、まだ話が続いているという事もないはずです。ですから断言します。

織田信奈の野望はおもしろいぞー!

と、叫んでみて今回は終わりたいと思います。ではまた次回に。
まったりと終わり。

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD世紀末オカルト学院月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)バンダイチャンネル

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事