マサックスの駄文的ブロマガ

好きなラノベ しゅらばら!

2013/03/03 19:18 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • ラノベ
  • しゅらばら!
 
ダイアリーって何だったっけ、と調べてみると、いや調べるまでもなく日記のこと。しかし、自分のブロマガはダイアリーを名乗っていながら日記でも、毎日すらやっていない。
まぁ、まったりと適当にやると決めているので、気にしません。そのうちまたブロマガの名前もかえるかもしれません。
さて、調べると言えば、修羅場という言葉があります。そう、今回のテーマのラノベのタイトルもこの修羅場から取られています。
このしゅらばら!ですが、主人公と3人のヒロインが繰り広げるラブコメといったところです。まさに修羅場というところですね。
ところがこの修羅場、辞書で調べてみると男女の関係のもつれによる争いなどという意味はありません。それどころか、男女の文字すら出てきません。何となく意外ですね。けっこう定着しているような気がするので、辞書にそのような意味が足される時もくるかもしれません。

閑話休題。

しゅらばら! この作品の自分的見所はの1つは男子高校生で主人公の、八木本 一大(やぎもとかずひろ)が、3人のヒロインのために四苦八苦、七転八倒、東奔西走するところです。とにかく彼はいい人で、女の子に対してはひたすら真摯、無理難題が重なろうとも彼女たちの願いを叶えようと一生懸命に頑張ります。読んでいて思わず涙してしまうほどの頑張り具合です。
そんなに頑張らなくてもいいのに、と思うのも、彼女たちとの関係が少し特殊だからです。彼と3人のヒロインたちはそれぞれニセ恋人という関係なのです。
そのヒロインを紹介します。

星川 早乙女 (ほしかわ さおとめ)

一大のクラスメイトで、周りには名密にして声優として活動している。演技の幅を広げたいと言う理由でとあるネタで一大を強請りニセ恋人関係を結びます。それ以降、教室でも屋上でもイチャつきまくり、学校では公認のカップルとなります。しかし、それはあくまでも早乙女にとってはビジネスライクな間系だったのですが、とある事をきっかけに本館的に彼を意識していくことになります。
因みに妹がいてこちらはなかなかの、いや、一大にとってはこちらもトラブルメーカーである。

天弓院 真愛 (てんきゅういん さなえ)

天弓院記念財団の正統後継者、つまりは大金持ちのお嬢様です。自分の世間知らずを改善しようと一大が厨房を担当するメイドカフェでバイトをしていたため、彼と知り合いです。彼女は後見人が進める見合い話や婚約話から何とか逃れようと、バイト先で頼りがいのある一大にニセ彼氏になって欲しいと頼むことになります。彼女はその事情から一大にとって1番大変な苦労をかけることになります。それでも必死にそれに応える彼にしだいに好意を抱いていきます。
何故だか機械にさわると故障してしまうという特異体質を持っています。何でだろ?


氷魚 鷹奈 (ひお たかな)

一大の幼馴染で3人の中では付き合いは1番古い。好意も深くではないが昔から持っていて、残り2人との事で再認識することになります。一大には女子高の後輩でガチ百合な後輩を諦めさせるためにニセ彼氏になって欲しいと頼むことになります。3人のヒロインの中では1番のスタイルの持ち主ですが、空手をやっていて、何故だかクマに勝ってしまうほど強いです。本当に人間か?

こんな3人のヒロインがいるこの作品ですが、もう1つの見所が4人の複雑にからまっていく人間関係です。
それぞれのニセ恋人関係ははじめは主人公しか知らず、ヒロイン達は異様に立ち回る主人公に不審を持ちながらも関係は続きますが、その実、3人のヒロイン達は学校は違うのですが、友達同士ということがわかり、さらに早乙女によってニセ恋人関係が暴露されると今度は一大はヒロイン同士はニセ恋人だと知らないと思っていますが、ヒロイン達はそれを知っている、というややこしい状態になっていきます。おかげで、ヒロインの誰かといる所を他のヒロインに見られると主人公はニセ恋人なのに、浮気現場を見られたような気持ちになり、気が気ではありません。
ヒロイン達も自分たちのために色んなものを背負い続ける一大に悪いと思いつつも彼に、好意を持ち始めているので、ニセ恋人関係をやめたくなくなり、他の2人と牽制しあうという関係になっていきます。


とりあえず、一大の奮闘ぶりと3人のヒロイン達の飛び散る火花の、人間関係がこの作品の見所です。現在、MF文庫から6刊まで出ているので、ぜひ読んでみてください。いわゆるハーレムものとはちょっと違った趣で面白いと思います。

それではまったりと終わり。

いっしょにとれーにんぐ学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)バンダイチャンネル

コメント

マサックス (著者)
No.3 (2013/03/03 20:03)
>>1
コメントありがとうございます。
そうですね。主人公もヒロイン達も丁寧に書いていますよね。
プリンプリンさんのイラストも大好きです。
hirahiro
No.4 (2013/03/03 23:31)
>>3
返信ありがとうございます。
もう少しで7巻も発売楽しみですね。
あと最後にコミカライズ1巻も買いますか?
マサックス (著者)
No.5 (2013/03/03 23:42)
>>4ラノベの方はもちろんてす。ただし、電子書籍になります(理由は他のブロマガで書いています)
なので、コミカライズは悩み中です。電子書籍で出てくれれば最高なんですけどね。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事