ひゅきの徒然草

ひゅきの徒然草 2014/11/10号(遡及投稿)

2014/11/11 07:35 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 政治
  • 経済
  • 竹下登
皇紀2674年11月10日 快晴
カーテンを開けるとベランダに雀が2羽。 ちょっと癒し。

16年前の今日、竹下政権下で消費税関連法案の強行採決が行われた。
そして、今。消費税の再増税が議論の的になっている。
当時、反消費税で勢力を伸ばした社会党。
同じことを民主党にはさせない!


アベノミクスの成否がどうこうと言ってる論評が多いが、
今の日本経済を失速させているのが消費税の増税であるという論調以外は
全て何者かの工作であると思うべきだ。
そして、8%への増税が行われたのは民主党政権下で結ばれた3党合意のため。
民主党は責任取れよ!

閑話休題。
トリクルダウンとか言ってるアレな人がまだまだ結構居るが、
景気好循環は毛細管現象によく似ていると私は思う。
毛細管現象とはスポンジが水を吸い取るアレである。
床に水を撒くように末端消費者に資金を流し、消費を拡大させる。
その恩恵にあずかった企業が投資を拡大し、下請けがもうかる。


こうして床にまいた水は下から下からスポンジに吸い上げられていく。
これこそが景気の好循環ではないだろうか?
では、どうやって床に水を撒くか?
決まっているでしょう、消費減税ですよ、奥さん!!


ひゅき


コメント

ひゅき (著者)
No.1 (2014/11/11 07:36)
この記事は11/10号として執筆したものを遅れて投稿したものですw
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事