ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

犠牲者の手記

【WCS用ダブル構築】INCFebruary使用オドリドリフェローチェ偽装構築(最終レート1767)

2017/02/27 04:58 投稿

  • タグ:
  • ポケモン
  • ポケモンSM
  • ダブル
  • 構築記事
INC始まってから思いついた構築で、試行錯誤する時間もないので調整もへったくれもあったもんじゃない。とりあえず最低限のラインだけ抑えて調整かけたり個体妥協したりでなんとか最終日に間に合わせ、一気に43戦消化してこのレートなので思ったよりはいい感じにはなった。
43戦32勝11敗R1767
WP:0.744




まずこの構築はドリドリフェローチェからスタートしたわけではなく、頭の中で散らばっていた、レヒレ+フワライド、レヒレ+グロスの
追い風+瞑想濁流で上から制圧していくの強そう』、『ミスト威張る地震で問答無用で制圧していくの強いよな』って考えをまとめた結果、レヒレ、ライド、グロスからスタートした。
この並びだと電気の一貫があるのでガブリアスを雑に採用して表4匹が決まった。
そして残りの2枠を使って、2匹でギミックが成立して且つ裏のガブなどと邪魔しあわずに動けるポケモンたち、それがオドリドリ+フェローチェだった。
前に見かけたオドリドリ+フェローチェの並びをずっと使ってみたかったのだが、使う機会がなく見送っていたのでちょうどいい機会でもあった。

基本選出は表




トリル、コードレ対策

or


裏選出

+or
(オドリドリgifなかった)

主に、というかほぼこの3パターンだった。
こう見るとガブはほぼ選出してる。

トリルには対策という対策は仕込めていないので、後半にヤレユにトリル采配で崩されることが非情に多かった。
なかでもクモの波乗り采配、ギガイの雪崩采配は非情に苦しかった。
そのためトリルへの対策、解答言えるものをもう少し仕込んでおきたいと思った。
(追い風が構築の軸であるため、ここは少し難しい部分もあるか)
炎タイプがおらず表選出だと特殊打点の確保は難しいのでカミツルギの対処に非常に困った。
ここは構築自体の改善点だと思う。
他には単純にエルフーンに仕事をされるだけで負けてしまったりもした。ここはプレイングの問題だと思うが。
ただし、また復権しだしたペリゴルやコードレ等といった天候パには強く、勝ちを拾いやすかった。


だがトゲデマル、てめえはぜってえ許さねえ






単体説明
カプ・レヒレ@たべのこし



臆病H252 B4 C100 D84 S68
  177-*-136-128-161-125

ムンフォ、瞑想、濁流、威張る


Swagger is GOD


とはならなかった。


この構築の意味不明要素その1
なぜ臆病なのか

臆病レヒレしか持っていなかった。他個体の用意は間に合わず。
図太いか控えめが欲しい人生だった

単純に追い風瞑想濁流強くねという考えと、いば神秘地震連打強くね、という考えを一つに繋いだ。守るが欲しいと思ったことが多い。瞑想切ろう。

巻き込み地震で致命傷を受けるのでSwagger使う回数自体はそこまで多くなかった。頼む、ミストフィールドを捨てて飛んでくれ。

ガブのSに合わせるためにSの数字は125になっている。

最初はグロスと並べるだけだと考えていたが、電気の一貫もありガブと並べることもあると考えたため、ここに合わせた。(臆病個体しかいなかったから・・・)
こんな適当な個体だったのに活躍に活躍を重ねて勝利へ導いてくれたことは多々あった。
でも頼むから濁流両面外しは勘弁して・・・


フワライド@ミストシード(かるわざ)




図太いH12 B188 C36 D180 S92
   227-*-96-115-97-112
(穏やかがよかったけど別に数字変わらなかった)

なんかよくわかんないけどその辺の記事に書いてあった調整そのまま全部施した。追い風、シャドボ、バトン雨乞い


地雷
キュウコンのオーロラベールを許さず、Dアップをグロスに引き継ぎ実質チョッキグロスを作り出す
レヒレと並べて、追い風して隣で瞑想して上から雨瞑想濁流を叩き込む、を理想の流れとしたが濁流外して負けたのでもう知らない。
シャドボはカミツルギを削りたかった。雨乞いを日本晴にしてウェザボ放り込むことを考えるレベルで憎しみを抱えてる。許さん。熱風覚えてくれ。
大体は追い風して雨乞いするかバトンするかすでに死んでるか、みたいな感じだった。
雨乞いでウインディのグロスに対する打点を削ぐという貢献もしたことがあった。

いっそ爆発でもしたほうがよかったかもしれない。と思ったことはある。


それか小さくなってもよかったかもしれん。


ガブリアス@地面Z



意地っ張りH92 A244 B47 D156 S12
     195-199-116-*-125-124

シングル流用AD


地震、まもる、吠える、毒づき


相手の片足が吹っ飛ぶ地雷
とにかく強い。特化ドレディアのZリフストを耐えてコータスに地面Zを放り込む最終兵器
レヒレと並べればねむりごな無効で安定した遂行を望めるためこの世界にて最強

地面Zをコータスに守られて45%減るくらい。噴火を許さない。

大体はレヒレ側に草Z、コータス守るなので、レヒレ死亡後にグロスと並べてグロス守る+地震の流れでコータス落として、みたいな形をとった。
吠えるはイーブイ入り、トリル読みで返すのに使った。
トリル読みで返したところで後半にトリルされてどのみち負ける結果は多かった。
レヒレと並べるため、違和感なくドラゴン技を切れたのはいい点か。
毒づきはブルルを重く見るために採用したが、打つ機会はそれほど多くなかったように思う。
雪崩でよくねと思わなくもない。
Sをほとんど振ってないが、大体は、さあ立ち上がれ おいかぜに乗って しゃかりき なりきり はりきり、みたいな状況なので気になることはほとんどなかった。
オドリドリと組ませるときにも地震しか打たないため、ドラクロを切ってもこちらとしても違和感はなかった。オドリドリも追い風を使えるため、Sも気に入らなかった。



メタグロス@オボンのみ



意地っ張りH252 A92 B36 D4 S124
     187-183-155-*-111-106



コメチ、思念、地震、守る



この構築の意味不明要素その2
グロスの謎のS振り
『相手のレヒレ抜きたかった。』などと供述しており―
実際はほぼ無意味だった。


コメットパンチの命中が6割しかないと思ったのでアイアンヘッド自力習得してくださいお願いしますお願いしますお願いします


とにかくコメットパンチを当ててくれない。肝心なところですべて外す。2連続で外す。
圧倒的戦犯ポケモンでありながら構築のエースであった。
とりあえず追い風して威張っておけば相手を破壊することは容易だった。雪崩でよくねって思わなくもない。
いば神秘を昔から使っていたこともあり、ある程度動きは慣れているつもりだったがクレセリアがどれだけ偉大だったかを思い知らされる結果となった。
もちものに関して、昔のグロスはおぼん持ってた気がしたのでお盆持たせた。
持ち物も含めて調整などは少し考えどころである。



オドリドリ@飛行Z



控えめH4 C252 S252



追い風、守る、めざダン、暴風

上手く動かせると強いが、僕にはそれが出来なかったように思う。
選出して活躍してくれる機会より、自分の未熟さを思い知らされる結果のほうが多かった。
選出してうまく動かせた試合は勝利できてるが、少しでもかみ合わない動きをされると一方的にぼこぼこにされた。もう少し丁寧に扱ってあげるべきだと反省した。
ちょうまいでのモーションが可愛い。癒し枠

チアリーディングっていいですよね。



フェローチェ@きあいのタスキ



臆病H4 C252 S252
とりあえず早い


蝶の舞、気合玉、さざめき、冷凍ビーム


きあいだまの命中は3割だった。もう知らん。

こいつ選出してもやること少なくて書くことない





まとめ
メガ進化がなく5世代に近い環境だと思い、今回からダブルに再び踏み込んでみることにした。パッと思いついた構築と調整、ダブル復帰直後の甘いプレイングで、INCとはいえここまで勝てたのには少し安心した。

命中不安技が多く負けの半分はコメットや濁流外し負けだった。試合数が絞られているため、普段のレートの『8割、9割で勝てればいい』という考えのまま挑んだことが間違いだと気づいた。
ちなみにきあいだまは勝負所で全部外した。あのゴキブリマジで覚えとけよ。

構築単位でトリックルームに弱かった。トリルを決められた試合は9割負けたので、ここへの解答はもう少し考えたいところ。




あと、1日で40戦近く消化するのは精神がズタボロになるからもうやらないようにしたい。





以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました。
何かあればTwitter:@Elsterrier0629 までリプライなど下さい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事